コロナの一件で、改めて”自分で稼ぐスキル”の大切さを実感しました。

【ロサンゼルス在住】アラサー男子の自己紹介 |ブログっておもしろいよ

EyeCatch Vector

 

「ブログっておもしろいよ」

僕がブログを始めたきっかけは、妻のその一言でした。

生粋の日本人であるアラサー男子がアメリカからつづります。

 

はじめまして。ロサンゼルス在住のアラサー男子です。本ブログは、生まれも育ちも日本という、生粋バリバリむちゃくちゃ日本人の僕がアメリカで生き抜くために立ち上げました。かんたんに本ブログの紹介と僕の自己紹介をさせていただきます。何卒よろしくお願いします。

アラサー男子 in L.A.

 

 

このブログのご紹介

「アラサー男子がアメリカで生き抜けるか。を検証するブログ」では、以下のトピックをメインに、僕なりに考えていることや知っている情報などをまとめています。

・SEO、WEBマーケティング
・ウェブデザイン、ウェブプログラミング
・ビジュアルデザイン(Photoshopなど)
・ブログ理論
・アメリカ情報(留学、生活、観光)
・英語学習

 

また、このブログを通じて、下記の点にコミットできたらいいなと考えています。

1. 自分の持っている知識を誰かのために役立てる
2. 5年前の自分と同じ悩み、疑問、問題を抱えている人を後押しする
3. 何かをやり遂げようとしている人を応援する

 

アラサー男子 in L.A. のプロフィール

アラサー男子 in LA

誕生
1989年静岡県で生まれる
ベルリンの壁崩壊と同時期に産声を上げました。小・中・高校、大学、社会人と、環境が変わるたびに「平成生まれが来たか」と言われ続けてきたのは宿命だと思っています。
幼少期
家族旅行で海外にいく
幼少期の夏休みは毎年決まって家族で海外旅行でした。今思えば、そのときの思い出が僕を海外志向に育て上げたのではないかと感じています。
大学3年の春休み
初の海外留学
はじめてアメリカ本土を訪れたのは大学3年の春休みのこと。ロサンゼルスで過ごした1ヶ月は僕の人生を大きく変えました。
大学卒業
長期留学を決意
そんなわけで、僕は大学卒業とともに再びアメリカを訪れます。1年間の留学を通じ、アメリカで生活したいという思いはさらに強まりました。
帰国
就活失敗でニート生活
アメリカ留学を終え帰国した僕に待っていたのは厳しい現実でした。就活をするも、書類審査で落とされる毎日。「留学なんて、どうせ遊びだろ?」そんな日本の社会風土を感じた次第です。
東京で就職
広告業界で2年働く
約半年間のニート生活を過ごし、やっと決まった就職先は渋谷にある広告制作プロダクションでした。展示会、イベント、キャンペーンプロモーション、ウェブ制作など、激務で会社に寝泊りする日々が続きました。
再渡米
アメリカで就職
「アメリカの学生生活は経験した。次は働きたい」と考えていた僕は、2014年に3度目のアメリカ上陸を果たします。ロサンゼルス郊外にあるウェブ制作会社で働きました。
転機
フリーランスに転身
「このまま会社勤めをしていても将来はない」という思いから独立を決意します。
転機その2
現地大学院でMBA取得
フリーランスとして一人で仕事をしていく中で、アメリカ国内で学位を取得することの重要さを痛感し、経営修士学(MBA)を取得するため大学院に通いながら仕事を続けました。(※2019年12月、大学院を卒業し晴れてMBAホルダーの仲間入りをしました)
転機その3
ブログを始める
2018年、FC2ブログでアメリカ生活の発信を始めました。ブログの楽しさを知り、勉強していくうちに自分のブログを立ち上げたいという思いが強まっていた2019年3月、本ブログ「アラサー男子がアメリカで生き抜けるか。を検証するブログ」を立ち上げます。

 

座右の銘・好きな言葉

なんでも経験してみなければ失敗か成功なんてわからない。
何度つまずいても成功につながれば、それは失敗じゃない。

こんな感じで日々サバイバルです。

 

好きな言葉は、パブロピカソのこの一言。

No, It Has Taken Me Forty Years To Do That.

 

これはピカソがファンの女性に絵を描いて欲しいと頼まれたときに言った一言とされています。

「いくらか支払うから何か描いてくれませんか?」

そう言われたピカソは、数秒で絵を描き上げ、女性に1万ドル(100万円)を請求しました。

女性は驚いて「たった数十秒で描いた絵が1万ドル⁉︎」と尋ねたところ、ピカソは「これまで40年の月日も掛かっているんだよ。」と答えたというお話です。

 

プロとして自分を貫く重みが込められているこの言葉は、仕事に行き詰ったときや自分を振り返る時に必ず思い出すフレーズです。

 

得意なこと・好きなこと

得意なこと
■ 展示会ブースのデザイン・運営(展示会案件のおかげで、これまでたくさん海外に行けました)
■ エンタメステージの運営・進行(失敗できないライブステージ進行業務は中毒性あり)
■ ウェブマーケティング(独学で身に付けました)
■ グラフィックデザイン(こちらも独学です)
■ 英語(アメリカで生活・仕事は問題ないレベル)

ポートフォリオサイトあります

お仕事関係専門のウェブサイトもありますので、ご興味があれば覗いてみてください。

参考 アラサー男子 in L.A.のポートフォリオKazuma Sonodaロサンゼルス在住 | フリーランス | イベント | ステージ進行 | セールスプロモーション | ディレクター

 

好きなコト・モノ・ヒト
● 椎名林檎(林檎さんは神)
● Bill Evans(Billも神)
● 山本 “KID” 徳郁(大好き…Rest in Peace Forever)
● ジョギング・ヨガ(筋トレも時々します)
● ガジェット集め(男子はだいたい好きじゃないかと…)
● 部屋のインテリア(キレイで使いやすいデスク周りの追求は永遠のテーマ)

 

人生の目標・やってみたいこと

人生の目標
■ 自分ひとりで一生食べていく(フリーランスの極みを目指したい)
■ アメリカに家を買う(カリフォルニアの太陽の下、裏庭からビーチに散歩に出れたら最高ですよね)
■ 誰かのために知識を発信し続ける(アウトプットし続けると成長し続けられます)

人生100年時代。さらには終身雇用制度の崩壊で“個の力”が求められる時代に、自分一人の力で食べていけるようスキルと経験を身につけることは必然だと感じています。

 

やってみたいこと
● サバゲー(ハマりそうで怖いので踏み出せません…)
● トレイルマラソン(1日〜数日かけ、山道を走るマラソンです)
● マーシャルアーツ(特にブラジリアン柔術はやってみたい)
● 写真・動画撮影(現在もやっていますが、もっとスキルアップしたい)

東京にいた頃は1日10キロとか走っていました。今は5キロくらいになってしまいましたが、早く走行距離を伸ばして、人生で一度はトレイルマラソンに挑戦したいと思います。

 

受賞歴・メディア掲載歴

日本にいた頃の受賞歴とかなんとかかんとかは、ほんの少しだけありますが、あくまでも会社あっての自分だったので犬に食わせてしまいました…

フリーランスになってからは、クラウドソーシングサイトのココナラさんでクリエイターとして紹介されたりしています。

 

英語力

長年アメリカに住んでいても、英語が話せない人はけっこういます。(たぶん、皆さんが想像しているより多いんじゃないかな…)

僕はと言いますと、一応アメリカで大学院も出ていまして、仕事でアメリカ人とのコミュニケーションも不自由なくこしていますし、生活でも日本人コミュニティの外で全てを済ますことの方が多いので、それなりに喋れるほうだと思います(たぶんね)。

 

アラサー男子の好きな色は黒。
アラサー男子は妻と国際結婚。
アラサー男子は海派。
アラサー男子妻の国籍は秘密。
アラサー男子は猫が好き。
アラサー男子は元野球部。
アラサー男子の実家には猫ちゃん2匹。
アラサー男子は元競技ダンス部。
アラサー男子猫は両方女子。
アラサー男子はサッカー好き。
アラサー男子の十八番は「北酒場」。
アラサー男子の十八番②は「夢芝居」
アラサー男子は天パ。
アラサー男子は視力ほぼゼロ。
アラサー男子の愛車はHONDA Fit Ex。
アラサー男子家は1LDK。
アラサー男子家はバルコニー付き。
アラサー男子家はガレージ付き。

 

 

最後に

僕の自己紹介を最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも興味を持ってくださいましたら、ぜひ他の記事にも目を通していただけると幸いです。

また、ご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ロサンゼルスに遊びに来られるときは、ぜひお声がけいただき、お茶でもご一緒できたらサイコーです。