ブログの目次をデザインしたいなら【Easy Table of Contentsがオススメ】

ブログの目次をデザインしたいなら【Easy Table of Contentsがオススメ】

本記事では、このブログで実際に使用している目次生成プラグイン「Easy Table of Contents」について解説していきます。

では、早速本記事の目次です。

スポンサードサーチ

そもそも目次とは?なぜ必要か。

そもそも目次とは?なぜ必要か。

この記事を見ている方の中には、ご自身が運営しているブログに目次をつけたいという方が多いのではないでしょうか。

まずは、ブログになぜ目次を設定したほうがいいのか、その理由から見ていきましょう。

目次をつけたほうがいい理由は主にこの二つです。

・読み手にとってわかりやすい
・SEO的にも評価されやすい

記事の最初に目次があると、内容がどういうものか、どんな流れで書かれているかが一目でわかるので、読み手にとって親切ですよね。

読み手にとって親切なサイト構成というのは、離脱も防げますし、セッション数も伸びやすくなります。

SEOの視点で見ても、この“ユーザーにとって使いやすいサイト構成”は評価項目とされており、目次をデザインすることはGoogleのアルゴリズムにも評価される要因の一つです。

 

目次デザインにはhタグを使いこなそう

さて、そんないいことばかりの目次なのですが、ただつけるだけではあまり意味がないと思います。

目次は見出しの集まりであり、見出しのリストなので、WordPressで目次を使いこなすには、見出し(hタグ)を理解し適切に設置することも求められます。

<h1>から<h6>までの見出しをどのように使えば良いかをしっかり把握して起きましょう。

 

目次は自作派?プラグイン派?

目次は自作派?プラグイン派?

SEO対策に、PV数を増やすために、目次を作ろうと決めた。

そんな時に必ずと言っていいほど議論になり、多くの人が調べるであろう議題。

それが、自作するか、プラグインを使うか、です。

人によって意見は分かれるのですが、個人的にはプラグインをオススメします。

理由はカンタンで「早いし、ラクだから 笑」

よく自作支持派からは「プラグインを使うと動作が重くなる」という意見を耳にしますが、僕はプラグインでも自作でもサイトスピードはそれほど変わらないと思っています。

仮にほんの少しだけ影響があったとしても、毎回記事を書くたびに目次を自分で挿入するよりも、“何もしなくていい”という作業の手軽さと、“読み手に受け入れられやすい”という理由でプラグインを取りました。

 

2つの人気目次生成プラグイン

2つの人気目次生成プラグイン

目次を作るためのプラグインとして人気なのは、Table of Contents PlusEasy Table of Contentsのふたつ。

このブログでは後者のEasy Table of Contentsを使っています。

Table of Contents Plusはダウンロード数も多く、今でも多くの人が使っているプラグインですが、最終更新が3年前で動作確認が取れたWordPressのバージョンが4.4.18となっています。

幸い、最新のWordPressバージョンでも使えてはいるのですが、今後アップデートに対応できなくなる日が来ることも考えられます。

実は、僕も最初に目次をつけようとしてインストールしたのが、このTable of Contents Plusでした。

ですが実際に使ってみると目次のデザイン性という部分であまり満足できなかったので、Easy Table of Contentsに変更した経緯があります。

 

Easy Table of Contentsで目次をデザイン

ということで、Easy Table of Contentsに乗り換えたのですが、このプラグインはデザインの自由度も高く、とても満足しています。

ちなみに、こちらは頻繁にアップデートされていて、最新のWordPressのバージョンとも相互性が確認されています。

このブログの目次デザイン設定はスクショを貼り付けておいたので、こちらをご覧ください。

Easy Table of Contentsスクショ

 

このプラグインでは目次のテキスト色からフレーム色などデザイン性も設定でき、h1〜h6見出しタグのどれを目次に読み込むかの設定もできます。

一度デザインしてしまえば、あとは記事を書いていくだけで自動的に目次を生成してくれるので本当にラクです。

効率的に記事を書きたいという方は入れておいて損はないプラグインだと思いますよ。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top