ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

【Easy Table of Contentsの使い方】目次を自動生成してくれるお手軽プラグイン

ブログの目次をデザインしたいなら【Easy Table of Contentsがオススメ】

ブログの記事に、目次をつけたいな。

でも、自分で書くのは面倒…。

かんたんに使えて、綺麗な目次を作ってくれる便利なプラグインはないかな。

 

ありますよ。

本記事では、目次を自動で生成してくれるプラグイン「Easy Table of Contents」を紹介します。

基本、インストールするだけですが、細かな設定で自分好みのデザインにカスタマイズできるので、参考にどうぞ。

スポンサードサーチ

 

そもそも目次とは?なぜ必要か

そもそも目次とは?なぜ必要か。

ブログ記事に目次をつけた方がいい理由は2つあります。

 

ブログに目次をつけた方がいい理由

  • 読みやすい記事になる
  • 読者の離脱率が下がる

 

記事の最初に目次があると、その記事の内容がわかります。

どんな情報が、どういう流れで書いてあるかが分かったほうが、読者にとって親切です。

 

読者は忙しいので、貴重な時間を割いてブログを読んでいます。

目次がないだけでページから離れていってしまうこともあるので、記事に目次を挿入するのは結構大事です。

 

スポンサードサーチ

【Easy Table of Contentsの使い方】目次自動生成プラグイン

目次は自作派?プラグイン派?

 

WordPressを使っているなら、目次を自動で作ってくれる便利なプラグインがあります。

 

目次自動生成プラグイン

Easy Table of Contents

 

結論から言って、目次系プラグインなら「Easy Table of Contents」がベストだと思います。

もうひとつ人気なプラグインで「Table of Contents Plus」がありますが、日本語テーマだとエラーが起こることも多いです。

 

 

Easy Table of Contentsで目次をデザイン

僕はEasy Table of Contentsを使って、h2〜h4を見出しとして表示するようにしています。

詳しい設定方法はスクショを貼っておきましたので、下記をご参照あれ。
(クリックで拡大表示します)

 

Easy Table of Contentsスクショ

 

Easy Table of Contentsでは、目次のテキスト色からフレーム色も設定可能です。

<h1>〜<h6>タグのどれを目次に組み込むかも設定できるので、カスタマイズ性も高いです。

ちなみに、初期設定さえ終えてしまえば、あとは記事を書くだけで自動的に目次を生成してくれます。

めちゃくちゃ簡単なので、参考にどうぞ。

おわり。