【Photshop】フォトショでブラシ素材.abr を追加する方法

【Photshop】フォトショでブラシ素材.abr を追加する方法

Photoshopユーザーにとって、ブラシは最もよく使うツールのひとつではないでしょうか。
ウェブ上でも無料でハイクオリティなブラシ素材がたくさん配布されているので、活用しないのはもったいない。
今回は、そんなブラシ素材をフォトショに追加する方法を解説していきます。

スポンサードサーチ

Photoshopブラシ素材 .abr をダウンロードする

Photoshopブラシ素材 .abr をダウンロードする

フォトショのブラシ素材は “.abr”という拡張子がついています。

グーグルで [ フォトショ ブラシ素材 フリー ] とかで検索すれば、サイトがいろいろ出てきますが、その量の多さと配布サイトによる商標利用や著作権に関するライセンスの違いから、条件にあうブラシを探すのが結構めんどくさかったりします…(T ^ T)

僕はブラシ素材を一つずつ見ながら、「これはあそこで使えそうだな」とか「あ、このブラシいいな」みたいな感じで調べるのが好きなのですが、「そんなめんどいことしてらんねーよ」「商標利用できる素材だけまとまってねーの?」という方向けに、商標利用可のブラシ素材をまとめた記事がありますので、サクッと手軽にいい感じのブラシを追加したいという方はそちらを参考にしてみてください。

【商標利用可】無料ダウンロードできるPhotoshopブラシ素材

 

フォトショでブラシ素材.abr を追加する

フォトショでブラシ素材.abr を追加する

お気に入りのブラシ素材 .abr を見つけたら、さっそく自分のフォトショに追加していきましょう。
素材をダウンロードしただけでは、ブラシを使うことはできないので、必ず以下の手順を踏んでください。

なお、今日はサンプルとして、こちらの雲ブラシを追加してみようと思います。

 

1. ダウンロード素材から [〇〇.abr] というファイルを見つける

1. ダウンロード素材から [〇〇.abr] というファイルを見つける

まずは、このリンクからブラシ素材をダウンロードします。

ブラシのダウンロードファイルは、素材そのものの他にサンプル画像やライセンス表記のファイルが圧縮された形になっていることが多いです。
ブラシ素材は[〇〇.abr]というファイル名なので、素材をダウンロードしたら解凍し、[〇〇.abr]というファイルを見つけましょう。

 

2. フォトショップでブラシファイルの読み込みを行う

2. フォトショップでブラシファイルの読み込みを行う

次にPhotoshopを開き、ブラシファイルの読み込みを行います。

手順① [ブラシの直径・種類の設定]をクリック
② [歯車アイコン]をクリック
③ [ブラシファイルの読み込み]をクリック
④ [.abr]ファイルを選択し、[開く]をクリック

これでブラシがフォトショに追加されます。

 

3. ブラシ素材を追加したら、さっそく使えるかチェック

ここまでできたら、あとは使ってみるだけなので、新たに追加したブラシが実際どのように見えるのか、さっそく使ってみましょう。

3. ブラシ素材を追加したら、さっそく使えるかチェック

はい、かっちょいい。

これであなたも今日から葛飾北斎になれます。

スポンサードサーチ

 

まとめ

まとめ

今回はこれで以上となります。

どうですか?さっそくブラシ素材を探したくなったのではないでしょうか。
フォトショのブラシ追加方法は簡単なので、お気に入りの素材を見つけたらバンバン追加しちゃってみたりなんかしてみてください。

素材を探すときは、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

【商標利用可】無料ダウンロードできるPhotoshopブラシ素材

それでは。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top