ブログ収益でAppleWatch6とスピーカー付き調光眼鏡を購入できました。ありがとうございます。

グーグルアドセンス申請後に合格メールが届かない?【審査が遅い時の対処法】

グーグルアドセンス申請後に合格メールが届かない?【審査が遅い時の対処法】

Googleアドセンスに申請したけど、合否連絡が来ない…

審査状況を確認したいな…

 

こんなお悩みを解決するための記事です。

いきなりですが、結論から言って、効果的な解決方法は以下の2つです。

 

アドセンス審査の合否連絡が来ない時の対処法

  1. アドセンス管理画面からフィードバックを送る
  2. アドセンス審査状況確認フォームから報告する

 

ちなみに、僕もアドセンスに申請してから1週間以上経っても合否メールが届かなかったので、上記2つを試しました。

僕の場合は、「2. アドセンス審査状況確認フォームで報告」を試した翌日に合格メールが届いた経緯があるので、わりと効果的な方法なんじゃないかなと思います。

本記事では、アドセンス合否連絡が来ない時の対処法を、それぞれ解説するので、「審査通知メールが来なくて不安だな…」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサードサーチ

アドセンス審査結果メールが届かない時の対処法

アドセンス審査結果メールが届かない時の対処法

通常、アドセンスに申請すると、1週間ほどで合格・不合格のメールが届くのですが、僕のように1週間以上経過してもメールが届かない場合があります。

合格メールが届けば嬉しいですし、たとえ不合格だったとしても、その後適切な対処をすれば再申請で合格することも可能です。

しかし、そんななか合否がわからない状況でずっと待ち続けるのは精神的にきついし、不安ですよね。

 

そんな人に向けては「AdSense審査状況確認フォーム」なるものが用意されていて、そこにはこう書いてあります。

 

AdSense の審査の返答が 1 週間以上来ない場合や、非承認の理由が現状と異なる場合は、大変お手数ですが以下のフォームよりご報告ください。

参照:AdSense 審査状況確認フォーム

 

グーグル自身がこう言ってくれているので、申請から1週間以上経過しても合否連絡が来ない場合は、直接連絡してみましょう。

 

冒頭の繰り返しになりますが、アドセンス審査の合否通知が来ない場合の対処方法は下記の2つになります。

 

アドセンス審査の合否連絡が来ない時の対処法

  1. アドセンス管理画面からフィードバックを送る
  2. アドセンス審査状況確認フォームから報告する

 

上記2つの対処方法をそれぞれ解説します。

 

1. アドセンス管理画面からフィードバックを送る

1. アドセンス管理画面からフィードバックを送る

 

ひとつ目は、アドセンスの管理画面からフィードバックを送る方法です。

アドセンス申請中の管理画面から、左下にある「フィードバック」をクリックすると、フィードバック用のウィンドウが立ち上がるので、ここから連絡しましょう。

 

〇月〇日にGoogleAdSenseにサイト申請を送りましたが、〇〇日経過した現在も合否の連絡が届いておりません。

 

改めてブログを確認しましたが、申請用コードは<head>タグ内に貼り付けており、貴社のプログラムポリシーにも準拠していると思いますので、進捗状況をご確認いただければ幸いです。

 

こんな感じの文章でフィードバックを送信します。

僕の場合は、このフィードバックを送信した翌日に合格通知メールが届きました

 

この方法にはひとつだけ注意点がありまして、フィードバック送信を試すときは、下記の注意点を必ず心得ておいてください。

 

注意
フィードバックは本来、問い合わせフォームではありません。何度連絡してもGoogleからの返信はありませんし、本来の使い方ではないので注意を払って活用する必要があります。

 

2. アドセンス審査状況確認フォームから報告する

2. アドセンス審査状況確認フォームから報告する

 

ふたつ目は、AdSense審査状況確認フォームからの連絡です。

このフォームにはサイト運営者IDを入力する画面があるので、アドセンスの管理画面から運営者IDを調べて記入する必要があります。

IDがどこにあるかわからないという方は下記をご参照ください。

 

サイト運営者IDの調べ方

アドセンス管理画面から [設定] > [アカウント情報] > [サイト運営者ID]

 

サイト運営者IDの調べ方

 

「どっちの方法がいいの?」僕が試した方法

上記2つの方法を紹介しましたが、結局どちらの方法が効果的かは、Googleから明言されていないのでわかりません。

 

「アドセンス 連絡来ない」とかでググっても、審査状況確認フォームは機能していないという情報があったり、フィードバックから連絡するのは本来の用途では無いので審査が遅くなるという情報が出回っていたりして、結局のところ、どちらが効果的かをはっきり知ることはできません…。

 

ということで、結論としては、対処の仕方は個人の判断でしかなく、2つの方法を試しても、すぐに通知が来るか、より時間がかかるかはケースバイケースと言えそうです。

 

参考として、僕が試した方法を紹介しておくので、どうしたらいいか迷う人はこちらの方法を試してみてください。

 

  1. アドセンスの申請から10日経過しても、合否通知が来なかったのでAdSense審査状況確認フォームから連絡
  2. 翌日も音沙汰なしだったので、管理画面でフィードバックを送信
  3. その翌日に合格通知が来た

 

こんな感じです。

 

合格通知が来たのが、審査状況確認フォームのおかげか、フィードバックのおかげかは分かりませんが、上記の方法を試したところ、僕はフィードバック送信の翌日に合格通知が届きました

 

スポンサードサーチ

 

まとめ:プログラムポリシーも確認しておこう

まとめ

本記事では、アドセンスの審査結果メールが届かない時の対処方法をまとめました。

基本的には、「審査結果は気長に待つ」という姿勢を忘れちゃいけませんが、申請して1週間経っても音沙汰無い場合は、今回紹介した2つの方法を試してみる価値はあると思います。

 

また、審査に時間がかかっている要因としては、ブログにGoogleアドセンスのプログラムポリシーに反する内容が含まれている可能性も考えられるので、審査結果を待つ間に改めてポリシーを確認しておきましょう。

 

AdSense プログラム ポリシー

AdSense 公式ブログでも、プログラム ポリシーに関する最新情報や事例、よくある質問をご確認いただけます。
以下のポリシーは、すべてのサイト運営者様に遵守していただく必要がありますので、慎重にご確認ください。Google が許可しないポリシー違反があった場合、Google はサイトへの広告配信を停止したり、AdSense アカウントを無効にしたりする権利をいつでも行使できます。アカウントが無効になると、AdSense プログラムにはご参加いただけなくなります。

ポリシーは必要に応じて変更される可能性がありますので、更新情報は随時ご確認ください。オンラインの利用規約に記載のとおり、ここに記載される最新のポリシーを常に確認し、遵守していただく責任はサイト運営者様にあります。ポリシーの遵守に関して例外が認められるのは、Google から承認を得ている場合に限られます。

 

無効なクリックとインプレッション

サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

 

クリックや表示を促す(リワード広告枠以外)

リワード広告枠を除き、サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり表示したりするようユーザーに促すこと、およびクリック数や表示数を増やすために不正な方法を使うことは禁止されています。これには、広告の閲覧や検索に対してユーザーに報酬を提供すること、そうした行為に対して第三者に支払いを約束すること、または個々の広告の横に画像を配置することなどが含まれますが、これらに限定されません。

 

コンテンツ ポリシー

サイト運営者様は、Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーに違反するコンテンツが含まれるページに AdSense コードを配置することはできません。配置すると、アカウントが一時的または恒久的に停止される可能性があります。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項に該当するコンテンツが含まれるページには、AdSense コードを配置してもかまいませんが、そうしたコンテンツでは、制限対象でない他のコンテンツよりも広告配信が少なくなる可能性があります。

 

不正なコンテンツ

不正なコンテンツを掲載しているサイトへの Google 広告の掲載は許可されていません。詳しくは、不正なコンテンツに関するページをご確認ください。

 

認定された広告枠(ads.txt)

AdSense サイト運営者様がご自身のドメインで ads.txt を使用する場合は、広告枠の認定販売者としてご自身を含める必要があります。詳しくは、ads.txt で広告枠の認定販売者を宣言する方法をご覧ください。

 

トラフィック ソース

特定のソースからのトラフィックが発生しているページには、Google 広告を表示できません。たとえば、AdSense サイト運営者様が有償クリック プログラムに参加したり、不特定多数のユーザーに迷惑メールを送信したり、アプリケーションで行われる操作に応じて広告を表示したりすることはできません。また、サイト運営者様がオンライン広告を掲載している場合、すべてのページで Google のランディング ページの品質に関するガイドラインに準拠する必要があります。

 

広告の動作

サイト運営者様は、広告の掲載結果を作為的に高めたり、広告主様に損害を与えたりすることがない場合に限り、AdSense 広告コードに変更を加えることができます。詳しくは、AdSense 広告コードの修正に関する説明をご確認ください。

 

広告の配置

Google では、サイト運営者様に広告のさまざまな配置や形式を検証するようおすすめしています。ただし、AdSense コードをポップアップ上、メール内、ソフトウェアの内部など、不適切な場所で使用することはできません。また、使用するサービスのそれぞれのポリシーに従っていただく必要があります。詳しくは、広告のプレースメントに関するポリシーをご覧ください。

 

サイトの動作

Google 広告を表示するサイトは、ユーザーが簡単に閲覧できるものでなければなりません。ユーザーの設定の変更、求められていないウェブサイトへのユーザーのリダイレクト、ダウンロードの開始、不正なソフトウェアの組み込み、ユーザーの操作を妨げるポップアップやポップアンダーの表示は禁止されています。

 

技術要件

Google 広告が表示されるサイトは、ユーザーが快適に閲覧できるよう、サイトの技術仕様が定められています。Google 広告は、これらの技術仕様に準拠しているサイトでのみ表示できます。詳しくは以下をご確認ください。

  • サポートされている言語の使用
    • Google のサイト運営者様向けサービスは、すべての言語には対応していません。各プログラムへの参加要件として、サイトのコンテンツが主にこちらの言語で作成されている必要があります。
  • フォーマットに関する要件
    • WebView
      • コンテンツ向け AdSense(AFC)と Ad Exchange(AdX)ディスプレイ広告は、一部の WebView テクノロジーでサポートされていません。アプリ デベロッパーが WebView を使って AFC および AdX ディスプレイ広告を配信して収益化することを考えている場合は、サポートされている以下の表示フレームのいずれかを使用する必要があります。
        • Android: Chrome カスタムタブ
        • iOS: SFSafariViewController(iOS9 と iOS10 のみ)
      • Google AdMob および AdX アプリ内広告は、Google Mobile Ads SDK が使用されていて、サイト運営者様が他のすべての AdSense プログラム ポリシーを遵守している場合に限り、WebView の横に表示されるアプリで表示できます。

参照:AdSense プログラム ポリシー