2020年8月のブログ収益が過去最高(6桁)を記録しました。ありがとうございます。

【行動しよう】1ヶ月のアメリカ短期留学が僕の人生を変えた話

【行動しよう】1ヶ月の短期アメリカ留学が僕の人生を変えた話

あれは2009年の春のことでした。

僕が単身ロサンゼルスの地を踏んだ時の話です。

このときのたった1ヶ月の短期留学が、その後の僕の人生を変えました。

もし、今、代わり映えのしない受動的な毎日から抜け出したいと思っている人がいたら、ぜひ読んでもらいたいと思います。

スポンサードサーチ

【大学生時代の経験が人生を変えた】1カ月のアメリカ短期留学

在学中に経験したアメリカ短期留学

ぶっちゃけ、かなりテキトーだった大学生活

短期留学前までの僕は、ごくごく普通の日本の大学生でした。

(あまり自慢できる話ではないのですが…)とりあえず、講義は適当に受けて、休み時間は学食か体育館で友達とダラダラする、みたいな大学生活を送っていて、将来のことも大して考えていませんでした。

もちろん自分から何かを学ぼうと思ったこともほとんどなく、ただただ受動的な人生を送っていました。

というか、人生なんてそんなもんだろうと考えていましたし、周りの大人とか、就活中の先輩とかを見ても、会社員になって社会の歯車のひとつとして生活するのが当たり前、と思っていました。

そんな僕なので、行動を起こせば世界が変わるなんて全く思ってもいませんでした。

でも、大学3年生の春休み、それが大きな間違いだったと気づく時がきます。

 

【春休みに1カ月だけのつもりだった】とりあえずアメリカへ行く

将来のことなんて全く考えていなかった大学生の僕ですが、ぼんやりと「アメリカに留学したいなー」とは思っていて、大学3年が始まる直前の春休みを利用して1ヶ月間のアメリカ短期留学をします。

留学したいと考えていたくせに、まじめに英語の勉強をしていたわけではなかった当時の僕の英語力は、「言いたいことは、単語をつなげてなんとか伝えられる」くらいでした。

今の僕と比べたら、決して英語が話せるとは言えないレベルです。

それでもなんとなく、「今行かないと後悔するかなー」くらいの考えで特に深く考えず飛び込んでみました。

英語圏ならどこでも良かったのですが、周りの人に「せっかく行くなら世界イチの国に行った方がいい」と言われ、留学先はロサンゼルスに決めました。

 

【ロサンゼルスでの出会い】毎日広がる新しい世界

1ヶ月はあっという間です。でも、あの1ヶ月は僕の人生で最も長く濃い時間でした。

 

「初めての海外生活」
「世界中から集まったクラスメイト」
「異なる文化で育った友達との会話」

 

毎日生活する中で自分の世界が日に日に広がっていくのを肌で感じました。

この留学を通じて英語力も上達しましたが、それよりも自分の中で価値観や見える景色が広がっていくことの方に驚きも感じましたし、楽しさとワクワクが止まりませんでした。

なぜなら、クラスメイトには当時19歳だった僕よりもいくつも年上の人(中には50歳くらいの人も)がたくさんいて、みんなそれぞれの目的を持ってアメリカで勉強する姿を目の当たりにしたからです。

それまで家族旅行で海外は訪れていましたが、実際に現地で生活することで、その土地の文化を知り、「こういう世界もあるんだと」感じました。

ぶっちゃけ、あの時の経験は、これまでの人生で一番衝撃的な出来事です。

 

日本にいた時の僕の思考

「社会に出たら一つの会社でずっと働き続けるものだ」
「大人になったら自分の意志を押し殺して生きていかないといけない」
「一度でも社会のレールから外れたら復帰は厳しい」

日本では、そう教えられていたし、自分自身でもそう思っていた僕にとって、こうして1ヶ月のアメリカ短期留学中に出会った人々や毎日の生活が、自分で考え、決断し、進むということの大切さを教えてくれた気がします。

 

留学後の僕の思考

「もし、日本が受動的な生き方こそ正義だったとしても、自分で人生を作っていけばいいじゃん」
「自分が生活したいと思える環境で住めばいいじゃん」

1カ月の留学から帰ってきた僕は、そう思うようになりました。

 

【帰国後の僕】自分で考え・決断するようになった

1カ月の留学はあっという間に終わり、日本に帰国した僕は、自分で決断し、行動するということの大事さを知っていました。

それから1年が経ち、大学4年生になり周りが就活を始めたころ、僕は卒業後にもう一度留学することを決意し、就職活動はしませんでした。

友だち全員が髪を黒く染め直し、リクルートスーツを着て就活をする中、僕はチリチリパーマ(天然)の茶髪ロン毛だったので自分でも正直浮いているなと感じていました。

もしあの時留学をしていなかったら、自分も周りに流されて就活していたと思います。

で、今ごろ後悔していたと思います。

 

自分で決断するということは、自分に責任を持つということ。

 

あの1ヶ月の短期留学があったから、僕は今もこうしてアメリカで生活することができていますし、フリーランスで少しずつ前進できています。

今の僕の毎日は、あの時に留学しなければ実現しなかった世界です。

 

【実話】行動することで見える世界が激変する

行動することで見える世界が激変する

人生、行動を起こせば世界が変わります。

これ、マジです。実際に僕が経験しているのでウソじゃありません。

もし今チャレンジしたい何かがあるなら迷わず行動を起こすべきです。

でも、行動を起こそうとすると、

 

「どうせ無理だよ」

「失敗した時に戻ってこれる保証はあるの?」

 

とか言う人が必ずいます。

そう思うのは彼らの自由なので、それはそれでいいと思います。

 

でも、それで自分の意思を躊躇しそうになったら、そんな言葉は気にしなくてOKです。

 

なぜなら、行動を起こしている人はゼッタイそんなこと言わないから。

行動し、挑戦を繰り返している人は、自分が少しずつ成長していくことを知っているから。

 

【僕が思うこと】行動に失敗はない

行動し挑戦することに失敗はありません。

思い描いた通りにいかないことはあるかもしれませんが、それでも確実に自分の視野と価値観は広がります

そして、それは経験値になり、次の行動に役立てることができます。

 

だから、挑戦したことがうまくいかなくても、それは失敗じゃありません。

経験値は自分で行動することでしか貯められません。

 

“行動する → 経験値を貯める → 次の行動をする → うまくいかない → 経験値から考える → 新しい行動をする”

 

人はこのループで成長していくと思います。なので、成長したいのなら少しずつでも行動すべきです。

 

もし今の代わり映えのない受動的な生活から抜け出したいのなら、どんな小さなことでもいいので毎日少しずつの行動を積み上げてみてください。

・毎日30分、英語の勉強をする
・転職先を探す(市場リサーチをする)
・スキルを身につける
・Twitterで今日の目標を1日1ツイートして実行する
・ブログを書きはじめる

など、何でもOKです。

 

行動に大小は関係ありません。自分ができる範囲のことでOKです。

 

そもそも、いきなり大きな成長を遂げるなんて無理な話でして、人生を変えるのは毎日の小さな積み上げのみ。

もし、今日から小さな行動を起こし継続していけば、3ヶ月後にはきっと自分の中で何かが変わっていることに気づくはず。

人生は3カ月で変えられますよ。

 

Twitterもやってますのでよろしければフォローしてください

KsonodaL@twitter prof アラサー男子 in L.A.🇯🇵🇺🇸 @KsonodaL
ロサンゼルス在住アラサー男子|留学▶︎就活失敗▶︎ニート▶︎就職▶︎再渡米▶︎MBA取得▶︎今に至る|詳しいプロフィールはこちら|妻とは国際結婚|猫と音楽、デザインが好き|メッセージは下記ツイッターアイコンよりどうぞ👇

twitter