2020年8月のブログ収益が過去最高(6桁)を記録しました。ありがとうございます。

TOEIC400点だった僕が実践した英語勉強法【今では英語で仕事ができるようになりました】

【実話】僕が実践した英語勉強法【モチベ系】

英語の勉強ってどうしたら良いんだろう?
やっぱり留学に行かないとダメなのかな?
日本で、自分でできる勉強法ってなんだろう?

 

「英語学習」と聞くとどのような方法を思い浮かべますか?

「留学」「英会話教室」「独学」など、都合に合わせて選択肢はたくさんあると思いますが、本記事では僕が実際に学習した方法と、その経験からおすすめの勉強方法をお伝えします。

ちなみに現在の僕の英語力はというと下記の通りでして、アメリカ生活で英語に不自由することはなく、テレビ番組や映画も字幕なしで見れるので、この記事の通りやれば必ず上達します。

 

僕の英語力

・アメリカ在住歴7年
・現地大学院でMBA取得(2019年12月卒業)
・周り全員アメリカ人、日本人は僕一人で仕事経験あり
・映画は字幕なしで問題なし
・部屋の契約、カーディーラーと交渉など、もちろん英語。相手はアメリカ人
・生活で英語に困ることは無し

 

こんな感じで英語には苦労しなくなった僕ですが、初めから喋れたわけではありません。

高校時代の英語の成績はダメダメでしたし、大学時代に受けたTOEICも400点くらいでした。

それでもアメリカで問題なく仕事できるレベルまで来れたので、本記事が今英語を勉強している方のお役に立てれば幸いです。

 

まずはじめに、僕が考える効果的な英語学習のステップは下記の通りです。

1. 自分の英語レベルを知る
2. 英語学習の目的を明確にする
3. 自分に合った学習方法を見つける
4. アウトプットを繰り返す
5. 失敗を恐れず上のレベルを目指す
6. 留学を考えてみる

ひとつずつ詳細を解説していきます。

スポンサードサーチ

【英語勉強の第一歩】まずは自分の英語レベルを知ろう

まずは自分の英語レベルを知ろう

最適な学習レベルの維持がとても大切

小学校1年生から学校教育が始まり段階的に学習レベルが上がっていくように、英語の勉強も今のレベルから少しずつステップアップしていくことが大切です。

ですので、まずは今の自分の英語力がどのレベルにあるかを知るところから始めましょう。

英会話レベル初級の方がいきなりビジネスレベルの英語を学ぼうとしても難しすぎますし、逆に簡単すぎるレベルの教材や勉強方法を選んでしまうと上達スピードが遅くなってしまいます。

自分の英語の理解度を知り、適正な勉強法で徐々にステップアップしていくことが英語上達への第一歩です。

 

自分の英語レベルを知るために

どのようにして自分の英語理解度レベルを知れば良いのか。

僕がおすすめする「自分の英語レベルの見極め方」は内容の60%くらいを理解できる教材を選ぶことです。

テキストで勉強するなら、いろいろな英語教材を見比べながら「ふーん、なんとなく分からなくもないけど、ちょっと難しいな」と感じるくらいのものを選ぶ。

英会話クラスに通うなら、授業内容について英語で質問でき、答えを聞けば内容を理解できるレベルのものを選ぶ。

などといった感じです。

内容の60%を理解できれば、単語一つ一つの意味がわからなくても全体像をイメージできるので、今自分が何を勉強しているのか、分からない部分はどこかを理解することが可能です。

理解できる箇所とできない箇所が明確になるので、復讐も簡単ですし学習内容の吸収も早くなります。

 

【英語学習の心得】勉強の目的を明確にしよう

勉強の目的を明確にしよう

自分の英語レベルを知ったら、英語学習の目的を明確にします。

・海外のニュースを理解できるようになって自分の世界を広げたい
・海外旅行をもっと楽しみたい
・仕事で英語が必要になった
・好きになった人が英語圏の人だった
・なんとなくカッケーし

こんな感じで理由はぞれぞれですし、その理由はなんだってOKです。

ここで大切なのは「英語学習の目的を明確にしておくこと」でして、そうじゃないと学習を続けていくうちに、どんな勉強をしたらいいのか迷ってしまいます。

「英語が喋れるようになったら、個人旅行でアメリカ横断をしたい」という人が、ビジネス英語を勉強してもあまり意味がありません。

逆に「仕事で英語が必要」なビジネスマンが、若者言葉やスラングばかりの英会話を知らずに身につけてしまって商談で使ってしまったら…ヤバイすね(笑)

英語学習の目的を明確にしておくことは、その後の方向性を決める重要なステップです。

 

【例えば】英語を喋れるようになりたいなら

TOEIC・TOEFLや英検で高得点を出したからと言って、英語が喋れるとは限りません。

このような試験で高得点を出したいなら、解答のテクニックを学べば本当に理解していなくても答えられる問題はあると思います。

ただ、英語は言語であって学問ではないので、この方法では英語が喋れるようにはなりません。

英語学習の目的が「英語を喋れるようになること」なら、これらの試験対策はする必要なしなので「リスニングとスピーキングに特化して学習する」みたいな感じです。

 

自分にあった勉強方法を見つけよう

何事にも人それぞれ好みがあるのように、英語の勉強法にも好き嫌いがあると思います。

学習書で一人でコツコツ勉強するのが好きな人。
映画やテレビ番組を見て勉強したい人。
一人じゃ勉強できないから英会話教室に通いたい人。
語学留学でいきなり現地に飛び込みたい人。

などなど…

 

ネットで [英会話 勉強法] と検索すると「英会話でNGな勉強方法」とか「絶対に喋れるようになる英語学習法」とか「英語が上達しない理由」とか、様々な英語学習情報が出てきますが、正しい勉強法は人ぞれぞれです。

自分にあった学習方法が必ずあるので、それが見つかるまでいろんな方法を試してみると良いと思います。

 

僕が実践した英語勉強法(日本編)

僕も日本にいたときに様々な勉強法を試しました。

この記事を読んでいる方の役に立つかもしれないので、ここからは僕が実践して一番効果を感じた勉強法をご紹介します。

 

僕が最も効果を感じた英語勉強法

テキストブック、雑誌、英会話教室など、様々な方法の中で僕が一番効果を感じた英語学習方は下記の通り。

1. YouTubeで好きな俳優のインタビューや出演バラエティを見まくる・聞きまくる
2. 聞き取れた部分をリピートしまくる
3. 自分がアメリカで使う場面をイメージしながらアレンジして言葉にしてみる

 

僕は机に向かってテキストブックを開いて文法やら関係代名詞やら、どうたらこうたら…というのが嫌いだったので、一人でYouTubeを見まくってリピートしまくっていました。

当時は、動画を1回見ただけでは全体の10%くらいしか理解できませんでしたが、繰り返し同じ内容を聞くことでなんとなく意味がわかるようになり、そのうちざっくりとフレーズが聞き取れるようになり、最後には単語1つ1つを聞き取れるようになりました。

それを繰り返していくことで、初回から動画の内容を理解できる割合も増えていきました。

 

インタビューとかトークショーがおすすめな理由

英語学習においては、映画よりもインタビューやトークショーの方がおすすめです。

理由は「より自然に近い英語が学べるから」でして、決められたセリフを喋る映画よりもこちらの方が現地の人が喋るような感じで英語を勉強することができます。

とはいえ、映画がまったくダメなわけではなく、普段使いができる単語やフレーズが出てくる映画ならOKです。

たとえば、日常会話で使うフレーズが出てくる頻度が高いリアルドラマ系の映画などがそれでして、逆にバチバチ系のアクションは日常会話フレーズが出てくる頻度が低い映画になります。

 

映画や動画を使った英語学習方の具体的な内容はこちらの記事でしっかり解説しています。

 

僕が日本で実践した英語学習方法

【英語学習におすすめ】活きた英会話が学べる 映画&ドラマの活用術 【英語学習におすすめ】活きた英会話が学べる 映画&ドラマの活用術

スポンサードサーチ

 

とりあえず、この段階では自分の好きな勉強方法を見つけてください。

物事って好きじゃないと続かないですからね。

 

アウトプットを恐れずに実践しよう

アウトプットを恐れずに実践しよう

これは英語に限った話ではありませんが、言語学習において僕が最も重要だと感じるのは「インプットした知識をアウトプットすること」です。

特に日本人は間違いを恐れすぎるがゆえにアウトプットしない傾向が強いと言われています。

でも、上記で紹介した勉強法なら「自分一人で喋るだけ」なので、間違いを恐れずどんどんアウトプットしましょう。

まずは細かい文法とか気にせず、聞こえた文章を一人で繰り返すだけ。

それがとても重要です。

 

【補足】語学学校での出来事

これは、僕がアメリカに来てから語学学校に通っていたときの話になりますが、当時通っていた語学学校では、日本人生徒も多数在籍していましたが、彼らほとんどは授業中に発言していませんでした。

個人的には「それじゃ英語は上達しない」と感じていたので、僕はできるだけ話すように心がけていましたし、間違いを恐れることなくアウトプットしていました。

英語の間違いはネイティブの人たちがその時に直してくれます。そこで自分の間違いに気づくことができるので、次からは間違うことはありません。

ぶっちゃけ、僕の英語力が一番伸びたのはこのアウトプットしまくっていた時期だと改めて思いますし、「アウトプット」はそれくらい重要なプロセスです。

 

僕が実践した英語勉強法(アメリカ編)

アメリカに来てからは、街中に出て現地アメリカ人の会話を盗み聞きして、別の機会に盗み聞きしたフレーズを自分も使ってみることでアウトプットの機会を作っていました。

例えば下記のような感じです。

・スーパーのレジにて:前の人とレジの店員の会話を聞く → 自分も同じ会話をしてみる
・スタバにて:隣の席の会話を盗み聞きする → 友人との会話で盗み聞きした言い回しを使ってみる

 

ちなみに、アメリカ人はおしゃべり好きが多いので、こちらから話しかければフランクに会話を始めてくれたりします。

バスや電車で隣に座った知らない人と話し始めるなんてこともよくあるので、そういう機会をモノにしながら現地の人と積極的にコミュニケーションをとることで、生きた英語を学ぶことができました。

 

日本にいても英語で会話の機会は作れる

「私は日本にいるから話す機会なんてないし」という理由でアウトプットの機会を逃しているなら、日本にいてもアウトプットできる環境を探しましょう。

今の時代、会話の機会を作ることくらいならオンラインで実現できます。

無料体験レッスンを実施している英会話サービスに申し込んでみたり、言語学習コミュニティに所属してみたり。

まずは自分ができるところから行動してみることが何よりも重要です。

 

【無料体験あり】おすすめオンライン英会話教室

> 家族で分けあえるオンライン英会話【クラウティ】

「クラウティ」ならレッスンを家族で分けあえるから無駄なく使えて経済的です。

また、家族という一番身近な勉強仲間ができるので、学習も継続しやすく「英語を好きになる」「英語が上達する」ことができます。

スポンサードサーチ

 

【英語はコミュニケーションツール】間違いなんかありません

英語はコミュニケーション。間違いなんかない。

最後に僕が最も重要だと感じるポイントについて、少しだけ言及します。

英語(に限らず全ての言語)はコミュニケーションツールのひとつです。それなのに文法や単語の間違いを気にして話さないのでは本末転倒です。

そもそも日本人が日本語を話す時に100パーセント正しい文法で話しているでしょうか?

主語が抜けたり、文法的には過去進行形で話すべきなのに過去形になってしまっていたり…。

それでも会話は成立していますよね?というか、そんなこと誰も気にしていないと思います。

 

それは英語でも同じでして、アメリカ人でも日常会話では文法を間違えることはありますし、だからと言って誰も気に留めません。

それなのに英語ネイティブじゃない僕たちがそれを気にしすぎて話せないなんて、上達のチャンスを自分から捨ててしまっているようなものです。

ですので、間違いを恐れず、どんどんインプットして、それ以上にアウトプットを繰り返しましょう。

スポンサードサーチ

【まとめ】英語をマスターするならできることから行動すべし

まとめ

考えるよりも行動派な僕はゴリゴリに進んできました。

とはいえ、記事中でも書いたように人それぞれ合う合わないがあります。

どんな行動をするかは人それぞれですが、まずは自分の英語レベルと自分にあった学習法を知り、半歩ずつでも良いので可能な範囲で行動してみましょう。

少しずつ行動範囲を広げていくことで、英語も上達していくはずです。

それでは。

 

【おまけ】留学を考えているなら

アメリカ留学相談ができるサイト

アメリカ留学相談ができるサイトアメリカ留学相談ができるサイトなら スマ留 が断然おすすめ。

なんと、費用が他の留学サポート会社と比べて最大半額です。

相談無料なので「まずは話だけでも聞いてみたい」という方でも安心して申し込みできます。

> スマ留なら、従来の費用の最大半額!