気になる記事があればどんどんシェアしてください。連絡不要です♪( ´▽`)

【在宅ワークハック】家で・一人で稼げる仕事まとめ【厳選7つ】

【在宅ワークハック】家で・一人で稼げる仕事まとめ【厳選7つ】

会社勤めは嫌だな…
フリーランスで食べていけないかな…
毎日パジャマで仕事したい…

本記事ではこんな感じで、一人で稼いで行きたい方向けに、自分一人で稼げる在宅ワークをまとめています。

仕事内容をざっくり解説しながら、どんな勉強をしていけばスキルが身につき、それくらいで成果が出るのか、各仕事の難易度、その後のキャリアなどをまとめています。

学習にオススメなサイトや勉強法も紹介しているので、「家で一人で稼ぎたい」という方以外にも、「会社勤めだけど、副業で何か始めたい」「新しいキャリアを積んで行きたい」という方も参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサードサーチ

さっそくですが、在宅で完結できる仕事をざっくりまとめるとこんな感じ。

1. 動画編集(YouTube動画制作)
2. WEBプログラムミング
3. WEBデザイン・ビジュアルデザイン
4. WEBマーケティング・オンラインマーケティング
5. WEBライティング
6. 翻訳業務
7. ブログ・アフィリエイト

これらの仕事は、全て在宅で受注することができたり、自分一人で完結することができる仕事です。

 

【在宅ワークハック】家で・一人で稼げる仕事まとめ

家で・一人で稼げる仕事まとめ【厳選7つ】

7つの仕事をそれぞれ深堀りしていく前に、まずはこれらの仕事を分類してみます。すると下記の2つのカテゴリーに分けられます。

1. クライアントワーク
2. 自己完結型ジョブ

この2つの違いは、「誰か(クライアント)からお金をもらう仕事」OR「自分で情報を発信してお金を稼ぐ仕事」で、上記7つを大まかに分けると、「1. 動画編集 〜 6. 翻訳業務」はクライアントワークで、「7. ブログ・アフィリエイト」は自己完結型の仕事になります。

クライアントワークでは、依頼者が抱える問題を解決することでお金をもらいますが、自己完結型ジョブにはクライアントが存在しません。自分が得意なジャンルの情報を発信するなどしてお金をもらう仕組みです。

どちらにしても、本記事でご紹介する仕事なら在宅で完結することができるので、一人で稼いでいきたい人は参考にしていただけると幸いです。

 

1. 動画編集(YouTube動画制作)

1. 動画編集(YouTube動画制作)

今や世界で一番大きなメディアになったYouTube。

「マスメディア=テレビ」の時代は終わり、世界の主流はYouTubeを中心としたオンラインメディアです。

誰でも動画をアップすることができるので、様々なジャンルの人たちが自分の得意とする領域で情報を発信していますが、その動画編集って結構時間がかかったりするので、外注している人も多いです。

動画編集の仕事は、そんな個人メディアを運営する人をクライアントとして、動画を切ったり、テロップを入れたり、効果音を入れたりする仕事になります。

動画編集と言っても、映像クリエイターがするような高品質で高スキルが求められる仕事ばかりではないので、パソコンが使える人ならある程度勉強すれば、YouTubeに上がっている個人メディア動画くらいのクオリティのものなら作れるようになりますよ。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

動画編集業務の詳細を簡単にまとめるとこんな感じ。

難易度:★★☆☆☆
学習期間:1ヶ月
始め方:自分のチャンネルを作る
成果が出るまで:1ヶ月
キャリア:メディアエディター・ディレクター

難易度は低めなので、思い立って行動すれば成果に結びつきやすいのが特徴です。

先述の通り、YouTuberの多くは動画編集を外注しているので、まずは自分のチャンネルを作って、動画編集ソフトとYouTubeの使い方を簡単に覚えたら、早速はじめちゃえばOKです。

 

身に付けるべきスキル

動画編集ソフトの使い方(Adobe Premire Pro、Final Cut Proなど)

動画編集には専用ソフトの使い方をマスターする必要があります。

AdobeプレミアプロやAppleのファイナルカットプロなどを使えば高度の編集も可能ですが、映像素材の切り貼りやテロップ・効果音の挿入だけなら、高度な編集スキルは必要ないので、まずは簡単なところからはじめてみましょう。

簡単かつ格安で始められるソフトのリンクを貼っておきます。

マウスで簡単動画編集! GOM Mix Pro

 

2. WEBプログラミング

2. WEBプログラミング

在宅ワークの鉄板。

WEBプログラミングと聞くと、難しいスキルが求められると考える方も多いと思いますが、実は自分一人の生活費を稼ぐくらいなら、思っているほど難しいスキルは必要ありません。

3ヶ月から半年も勉強すれば、一人でも十分に案件を受注できるくらいのスキルは身につきますし、そのレベルまでいけば、クライアントワークをこなしながらスキルアップをしていくこともできるので、さらに大きな案件を受注して報酬単価を上げていくこともできるようになります。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

WEBプログラミングの仕事詳細はざっくりと下記の通りです。

難易度:★★★☆☆
学習期間:3ヶ月〜半年
始め方:無料オンライン学習(ドットインストール・プロゲートなど)
成果が出るまで:半年〜1年
キャリア:ウェブエンジニア・プログラミング講師

WEBプログラマーはシステム開発エンジニアではないので難易度は低め。

ですが、現代も人手不足の会社は多く、そのような会社からの案件受注だけでも、フリーランスとしては十分に生活していくことができます。

半年勉強すれば脱初心者になれるうえ、人手不足で仕事が溢れている業界に飛び込めるので、結構安定した生活ができるんじゃないかと思います。

さらに技術系の知識を持っていてば、エンジニアを束ねる管理職や営業職でも役立てることができるので、そのようなキャリアも積んでいくことができるはずです。

 

身に付けるべきスキル

プログラミングの知識

当たり前ですが、プログラミングの知識なくしてこの仕事はできません。

昔はプログラミングスクールなどに通ったりする人が多かったのですが、今はオンライン(しかも無料)で独学できる時代です。

ドットインストールやプロゲートなどのサイトは無料にもかかわらず、独学でマスターするには十分なボリュームなので、まずはそこから始めてみるといいでしょう。

 

3. WEBデザイン・ビジュアルデザイン

3. WEBデザイン・ビジュアルデザイン

こちらもプログラミング同様に高度なスキルが求められると誤解されている仕事のひとつ。

「芸術センスがないとデザイナーにはなれない」と思っている方にお伝えしておきますが、その考えは間違いです。

「デザイナー=芸術家・アーティスト」ではありません。

芸術家やアーティストには自分の世界観や感性、センスも求められますが、デザイナーの場合は、クライアントの要求に答えられるスキルやデザインの実現力さえあれば問題ありません。

さらに、デザインで重要視されるのは「目的をはっきりさせる能力」「ユーザーが使いやすい(見やすい)レイアウトや機能」だったりするので、かっこいいデザイン・凝ったデザインが必ずしも正解とは言えません。

クライアントの要求を理解し、ユーザーフレンドリーなデザインを実現できる力が何より重要です。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

下記がデザイナーの仕事詳細です。

難易度:★★★☆☆
学習期間:3ヶ月〜半年
始め方:デザインソフトの勉強(Photoshop・Illustrator)
成果が出るまで:半年〜1年
キャリア:フリーランスデザイナー

とりあえず、フォトショップとイラストレーターの使い方をマスターしましょう。

ある程度使い方を覚えたら、あとは実践あるのみ。

最初は一つのデザインを起こすのに時間がかかりますが、実践を繰り返すことでスキルも上がり作業も効率化していくことができるはずです。(ま、これは何の仕事でも同じですけどね)

デザイナーになりたい方は、日頃からいろんなサイトや広告を見て「使いやすいな」「キレイだな」「かっこいいな」と思うデザインにブックマークしたりして研究してみるといいと思います。

デザインセンスは良いモノに触れることで磨かれていきます。

 

身に付けるべきスキル

ユーザー(デザインを見る人)を意識できる力

プログラミングには明確なゴールがあります。

ですが、デザインにはゴールがありません。「かっこいい」イメージは人によって様々ですし、デザインは視覚で判断できてしまうモノなので、自分が「最高にクールだぜ」と思った納品物でも、クライアントからは逆の評価をされることがあります。

なので、WEBでもビジュアルでも、デザイナーに最も必要な力は「ユーザーストーリーをデザインの中に落とし込める力」だと思います。

 

4. WEBマーケティング・オンラインマーケティング

4. WEBマーケティング・オンラインマーケティング

マーケティングの仕事も自分一人で受注できる仕事です。しかし、マーケティングの仕事は答えがありません。

時代の変化や世の中のニーズ、市場動向など様々な知識や過去のデータ、経験から最善の解決策を見つけ提案・実践していく力が求められます。

そのため、まずは自分のブログを持つ、SNS・YouTubeチャンネルを作るなどして運用方法を学び、どうやったら伸びるのかを実戦を通じながら体験、ノウハウとして蓄積していかなければなりません。

野球を全くやったことがない人が、友達に野球を教えることはできないのと同じです。ということで少し難易度は高めですが、プロのマーケターは稼げる額も大きいです。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

WEBマーケの仕事詳細は下記の通り。

難易度:★★★★★
学習期間:1年〜2年
始め方:自分のプラットフォームを持って試行錯誤してみる(ブログ・YouTube・SNS)
成果が出るまで:2年〜
キャリア:プロマーケター・コンサルタント

まずは自分のプラットフォームを作ってその分野に精通できるくらいまでひたすら自己成長しましょう。

この仕事は、ある意味自分の経験値を武器にする商売なので、時間はかかりますが続けていくことで自分の市場価値も上昇していきます。

 

身に付けるべきスキル

市場動向を分析する力・要件定義し解決案を導き出す力

繰り返しになりますが、この仕事は知識と経験、的確な分析能力が求められます。

 

5. WEBライティング

5. WEBライティング

世の中にはたくさんのオンラインメディアが存在していて、そのほとんどで一部の記事を外部ライターに発注しています。

自分のメディアを持つ方が稼げる金額は多くなりますが、そもそも誰も見てくれなければ稼げないので、すでにある大手メディアからライティング業務を受注するのも一つの手段です。

さらに、ここで経験を積むことで、オンラインマーケティングの知識やブログ運営のスキルなども身に付けることができるので、「将来ブログをやりたい」「オンラインマーケティングをやりたい」と考えている方は、一度経験しておくべきジョブかなとも思ったりします。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

下記がWEBライティングの仕事詳細になります。

難易度:★★☆☆☆
学習期間:1ヶ月〜3ヶ月
始め方:クラウドサービスで仕事を受注する(ココナラ ・クラウドワークス・ランサーズなど)
成果が出るまで:3ヶ月
キャリア:ブロガー・ライター

他の仕事に比べて難易度は低め。クラウドサービスを検索すれば「初心者歓迎」の案件もたくさん出てきます。

そのような案件では書き方のマニュアルが用意されていることが多いので、仕事を受けながら技術を学んでいくことができます。

 

身に付けるべきスキル

国語力・作文力

身に付ける力としては国語力や作文力。普段から本をよく読む人は、初めからこのスキルが高いはずなので、興味があったら即はじめられる仕事じゃないかなと思います。

 

WEBライティングの具体的なテクニックは、ストーリー性と読み手を意識した構成などの点でランディングページと考え方が似ています。

こちらの記事を参考にしていただければ、ライティングスキルを感覚的にわかると思います。

[nlink url=”https://ksonoda.com/howtobuildlp/”]

 

 

6. 翻訳業務

6. 翻訳業務

もし、あなたが日本語以外の言語を喋れたり、読み書きができるなら、翻訳業務はオススメです。

今の時代、Google翻訳やたくさんのアプリで翻訳ができるようにはなっていますが、まだまだ自然なニュアンスの変換やちょっとした意訳の必要性があった際には、言語能力がある人が求められます。

他の仕事と違って、翻訳業務は納品物がはっきりしているので「クライアントと自分のイメージが共有できない」「意思の疎通が取れない」「完成品のイメージが違った」などのコミュニケーショントラブルがありません。

クライアントワークで最も頭を悩ますのが、そういったコミュニケーションの部分だったりするので、それらの必要性が低い翻訳業務は「思っていることの言語化能力」や「相手のイメージを汲み取る力」に不安がある人でも始められるし、おすすめの仕事です。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

下記がWEBライティングの仕事詳細になります。

難易度:★★☆☆☆
学習期間:半年〜
始め方:リーディング力
成果が出るまで:半年
キャリア:翻訳家

もし、現時点で2カ国後以上を喋れるのであれば、それだけでも十分お金を稼ぐことができます。

僕はアメリカでビジネススクールを出ているのである程度英語は喋れるし書くこともできますが、作業時間短縮のため翻訳作業を外注しようとすると「こいつマジかよ…」っていうレベルの人も結構います…。

それでも稼げているんだから、大半の人はもっと自分の語学力に自信を持って良いんじゃないかなと思います。

 

身に付けるべきスキル

リーディング

翻訳作業に最も重要なのはリーディング力です。

通訳であれば、その言語を「喋る」能力も必要とされますが、翻訳では言葉に発する必要がないので読み書きさえできればOK。特に読む力は重要です。

 

 

7. ブログ・アフィリエイト

7. ブログ・アフィリエイト

「手っ取り早く個人で稼ぐにはブロガーやアフィリエイターになればいいんじゃね?」

未だにそう考えている方も少なくありませんが、そんな方に言っておきたい。

「実はこれが一番険しい道ですよ…」

確かにブロガーやアフィリエイターになれば、完全自己完結で報酬を受け取れる可能性はありますが、これらは「成果報酬型」なので仕事をこなしてもお金をもらえるかが確約されていません。

8時間かけて「渾身の記事が書けた!!」と思っても、誰も読んでくれなければその記事の価値はゼロです…

生きていく分の報酬を受け取るためには、自分のブログをそれだけ大きなメディアに育てないといけませんし、それには一定のWEBマーケティング、ライティング、デザイン、プログラミングのスキルが必要です。

自分でブログを運営すると、自由にサイトをカスタマイズしたり、試行錯誤しながら分析しつつスキルアップができるのでおすすめですが、すぐに稼げるようにはならないので、ブログ・アフィリエイトをしながら別のクライアントワークで稼いでいくステップが求められます。

勉強時間は短めですが、成果が出るまでに時間と試行錯誤が必要なのがこの仕事の難しさでもあります。

 

難易度・学習期間・始め方・成果が出るまで・その後のキャリア

ブログ・アフィリエイトの仕事詳細は下記です。

難易度:★★★★★
学習期間:1ヶ月〜3ヶ月
始め方:基礎をざっくり学ぶ。その後、自分のブログを作る
成果が出るまで:1年
キャリア:ブロガー・得意分野のマーケター・SEOコンサルタント

 

身に付けるべきスキル

WordPress基礎、SEO基礎

とりあえず、今からブログを始めるのであればWordPressで間違いないです。WordPressの基礎とSEO知識の基礎を学んだら、あとは実践を通じて追加の知識を蓄えていけばOKです。

ブログやSEOの基礎知識はこのブログでも初心者〜上級者向けに解説しているので、レベルに合わせてご覧ください。

SEOテクニックはこちら
ブログの始め方はこちら

スポンサードサーチ

【まとめ】在宅で稼いで、自由に生きよう

まとめ

本記事で紹介した7つの仕事以外にも、「株や仮想通貨のトレーダー」や「投資家」など、一人でできる仕事はありますが、元となる資本力やより高いリスクを伴います。

でも、上記7つの仕事であれば自己スキルをちょっと上げるだけで、お小遣い稼ぎにつながり、その先には独立、仕事の完全在宅化もできるようになりますよ。

人生は苦手なことや嫌いなことを克服して過ごすには短すぎますが、自分のスキルを磨けば得意なことや好きなことをしながら、自分が行きたいところへ進んでいくのことができます。

今の働き方に悩んでいる人や将来が見えない人は、今日ご紹介した7つの仕事から「自分にもできそう」「興味あるかも」と思う仕事を選んではじめてみると新しい道が開けるはずです。

今日動けば明日が変わるので、まずは動きながら考えてみるのが大切ですね。

それでは。