【要注意】ロサンゼルス周辺の危険地域【ダウンタウン編】

【超危険!】ロサンゼルス周辺の危険地域【ダウンタウン編】

この記事では、ロサンゼルス周辺で足を踏み入れてはいけない危険地域を紹介していこうと思います。
今日はロサンゼルスの中心地である、ダウンタウン周辺の危険地域情報です。

ロサンゼルスは普通の生活をしていれば、普通に安全です。(少なくとも僕はそう思います。)
ただ、日本と比べたらもちろん危険な場所はたくさんあるので、

ロサンゼルスに旅行に来る方
ロサンゼルスに留学予定の方

ともに、知っておいてゼッタイに損はない情報です。

日本では酔っ払ったまま外で朝を迎えても、最悪財布をスラれる程度で済みますが、こちらではお金がなくなるどころでは済みません。
最悪の場合、死にます。(※マジです)

なので、ロサンゼルスに来られる方は、いっちゃダメな場所はしっかり把握しておくことを強くお勧めしますよ。

スポンサードサーチ

地図で危険地域を知ろう

地図

参照:Crime Data in Los Angeles

 

まずは上の地図をご覧ください。
緑の線で囲われたエリアが、ロサンゼルス市になります。

そして赤い丸で囲んだところが、ダウンタウン周辺です。
拡大するとこんな感じ。

地図_DTLA_Zoom

 

青い部分が犯罪が報告されている箇所で、濃い青から順に危険度が高いのですが、こう見ると、ほとんどが青ですね…笑

このダウンタウン周辺には下記の観光スポットがあります。

・ドジャー スタジアム
・アート ディストリクト
・ウォルト・ディズニー・コンサートホール
・ステープルス センター
・ファッション ディストリクト
・リトル トーキョー

これらの観光スポットは、先ほどの地図で青くなっているエリアに存在しているのですが、日中、周辺を歩くくらいなら危険を感じることはまずありません。
ただし、これらのスポットに向かう道中や一本でも道を外れると昼間でも危険な場所はあるので要注意です。

 

ダウンタウン周辺の危険地域

ダウンタウン周辺の危険地域

では、実際にどんな場所が危険なのか、昼間でも立ち寄ってはいけないのかというと、基本的には路上にゴミが大量に落ちていたり、周辺の建物の窓に鉄格子や有刺鉄線がつけられていたり、ボロボロ音車が路駐されていたりする場所です。

ダウンタウン周辺ではサウスロサンゼルスとスキッドロウは昼間でも近づかないほうが安全です。

 

サウス ロサンゼルス(サウス セントラル)


サウスロサンゼルス(サウスセントラル)は、その名の通り、ロサンゼルスの南に位置するエリアのことです。
ストリートギャング系の活動が盛んで、かなりヤバめです。
このエリアには、ワッツタワーという観光スポットがあり、日本のガイドブックなどにも載っているそうですが、できれば行かないほうがいいでしょう。

 

スキッド ロウ

スキッドロウはリトルトーキョーや、ウォルトディズニーコンサートホールがあるエリアです。
ただ、それら観光地の周りでは身の危険を感じることはありません。

危険なのは、4th Streetから南。
特に5th Street、6th Street 沿いは、タウンアベニュー(Towne Ave.)からウォールストリート(Wall Street)までの一帯はかなりヤバめです。

普通の観光であれば、こんなところに足を延ばすことはないので大丈夫だとは思いますが、迷い込んだりしたら大変なので気をつけましょう。

Skid Row 危ない場所

遠目で見ても、路上に建てられたテントの多さで、その危険度がわかります。

ここには薬物中毒者や、ナイフ・銃を持った路上生活者がいるので、ゼッタイに近づいてはいけません。
彼ら中には、仕方なくここに行き着いた人たちもいるので、センシティブで難しい社会問題です。

ロサンゼルスは2028年のオリンピックに向けて再開発中で、市は彼らをダウンタウンから追い出そうとしていますが、僕は彼らを排除することで問題が解決するとは思えません。

 

スキッドロウはこんな場所

スキッドロウを取材したドキュメントです。
ロサンゼルスの社会問題になっていますが、ここに暮らす人々もそれぞれ人生があるのだと感じさせてくれます。
(※ショッキングな映像も映し出されます。閲覧は自己責任で行ってください。)

スキッドロウの路上生活者たちが集まる場所となっている、サン・ジュリアン・パークの場所をピンしておきました。
マップのストリートビューで見れば、周辺の雰囲気が確認できます。

 

サウス ロサンゼルスを抜けると

サウス ロサンゼルスを抜けると

観光目的では、サウスロサンゼルスから南に下ることはないと思いますが、サウスロサンゼルスを抜けると、しばらくは治安の悪いエリアが続きます。
日本でも有名なコンプトン(Compton)という地域はその辺りです。

ダウンタウンから日本人が多く住むトーランス(Torrance)や、LAギャラクシーの本拠地があるカーソン(Carson)まで足を運ぶ際は、サウスロサンゼルス〜コンプトンを通過する必要があるのですが、その場合はUberやLyftあるいはレンタカーなどを利用して、くれぐれもバスや電車は使わないようにしましょう。

レンタカーで行く場合も、110というフリーウェイを使うことで、一般道を避けてトーランス方面まで行くことができるので、フリーウェイを使うようにしてください。

コンプトンなどはダウンタウンに含まれませんので、下記記事で別途ご紹介しています。

スポンサードサーチ

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ダウンタウンロサンゼルス周辺の危険な場所をご紹介しました。
普通に観光していれば、サウスロサンゼルスやスキッドロウに足を踏み入れることは、まずありません。
過度な心配はいりませんが、今日ご紹介した場所には興味本位でも立ち寄っちゃダメですよ。

それでは。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top