2020年8月のブログ収益が過去最高(6桁)を記録しました。ありがとうございます。

検索エンジンの仕組みを知って最適化【SEO初級編】

【SEO初級編】1. 検索エンジンの仕組みを知ろう

この記事は検索エンジン(サーチエンジン)について最初からひとつずつ知りたいと思っている方向けです。

具体的にはこんな疑問やお悩みをお持ちの方。

・そもそも検索エンジンってなに?
・種類はいくつ?
・どうやったら検索上位を取れるの?

この記事では、これらの疑問をお持ちの方で今後SEO対策していきたい方に向けてゼロから解説します。
WEBマーケティングはSEOがすべてと言っても過言ではありません。
この機会にしっかり基礎を身につけていきましょう。

スポンサードサーチ

検索エンジンの種類

検索エンジンの種類

よく、SEOに関する知識の話をするとこんな意見を耳にします。

「勉強なんてしなくていい」
「良質な記事を書くことに集中すれば良い」
「余計なSEOテクニックは通用しない」

これは半分当たっていて半分ハズレです。理由は次の通り。

 

SEOは勉強しなくてもいいという根拠

すでにSEOの基本部分を理解していて、ある程度キーワード対策とウェブライティングのスキルがあるなら、SEOテクニックを追求するよりも「良質なコンテンツ」を書くことに注力したほうがいいから。

 

ポイントは「ある程度キーワードとウェブライティングのスキルがあること」でして、これさえ知っていれば現代のSEOはほとんど問題ありません。

しかし、SEOの基礎を知らずしてキーワードもライティングもスキルの上達は不可能なので、やっぱり基礎は大事です。

今後、自分のブログを爆発的に伸ばしていきたい方は基礎知識からしっかり身につけていきましょう。

 

検索エンジン(サーチエンジン)とは

「基礎は大事」ということを理解したところで、最初は基礎中の基礎であり、SEOと切り離せすことができない検索エンジンを解説します。

検索エンジン(サーチエンジン)とはインターネットユーザーが情報を調べるときに使うツールのこと。グーグルやBingなどが有名ですね。

 

検索エンジンの種類

検索エンジンには色々なものがあります。世界的にシェアを獲得している代表的な検索エンジンは下記の通り。

 

Google 【世界シェア1位|最強&定番】

Google

Googleは世界で最も使われている検索エンジンでそのシェアは圧倒的です。皆さんもご存知のはず。Googleのシェアをグラフで見ると下記の通り。

 

Googleの世界的シェアグラフ

StatCounter-search_engine-ww-monthly-201805-201905

Source: StatCounter Global Stats – Search Engine Market Share

 

90%くらいを維持する赤い線がGoogleです。

見えづらいですが、下の方にある線がその他検索エンジンです。圧倒的ですよね。

 

Yahoo!【日本ではシェア率高し|エンジン内部はGoogle】

Yahoo! Japan

Yahoo!もみなさんお馴染みの検索エンジンですね。

世界シェアではGoogleに圧倒的差がつけられていたYahoo!ですが、日本国内のシェア率はまだまだ健在。

 

Yahoo!の日本国内シェアグラフ

StatCounter-search_engine-JP-monthly-201805-201905

Source: StatCounter Global Stats – Search Engine Market Share

 

確かにブラウザを開くとYahoo! Japanが立ち上がる方をよく目にします。

Yahoo! JAPANのトップニュースとかってついつい見ちゃいますよね。

ですが、実はYahoo!の検索システムはGoogleのものを使っているので、実質検索エンジン自体はGoogleと言えます。

“ヤフる” = “ググる” です。

 

Bing【Microsoftが運用|Windows PCには初期搭載】

Bing

続いてはBingです。

Microsoft社製の検索エンジンなので、Windowsのパソコンを買うと検索窓が初期搭載されているので使ったことのある人もいるはず。

ちなみに、なぜかiPhoneのSiriに搭載されている検索エンジンもこのBingでして、WindowsとAppleで同じシステムを共有していることになります。

 

その他【韓国のNaver|中国の百度|ロシアのYANDEX RU】

NAVER Baidu YANDEX RU

これらはそれぞれの国内でGoogleやBingを抑えてシェア1位を誇る検索エンジンたちです。

韓国で検索上位を取るにはNAVERのSEO対策が、中国で検索上位を取るには百度のSEO対策が必要になります。

 

SEO対策はGoogle対策

いくつか検索エンジンを紹介しましたが、とりあえず日本では世界国内シェア共に1位のGoogle対策をすればOK。

SEO対策=Google対策

こう覚えておけば問題ありません。

 

検索エンジンとブラウザは違います

検索エンジンとブラウザの違い

SEO初心者の中には、検索エンジンとブラウザの違いが理解できていない方が多くいますが、検索エンジンとブラウザは全くの別物なので、ここでしっかりと区別しておきましょう。

簡単にいうと、検索エンジンとブラウザの違いは下記の通りです。

【検索エンジン】情報を探し出すために必要。検索キーワードをもとにサイトを検索する。
【ブラウザ】WEB上の情報を表示させるソフト。これがないとネットにアクセスできない。

詳しい話は割愛しますが、こんな感じで理解していただければOKです。

僕たちはブラウザを使って、検索エンジンにアクセスし、情報を表示させているわけです。ブラウザにはGoogle ChromeやFirefox、Microsoft Edge(旧 Internet Explorer)などがあります。

スポンサードサーチ

 

検索エンジンの仕組みを知ろう

検索エンジンの仕組みを知ろう

ここからは検索エンジンの仕組みを解説します。そもそも、どうやったら検索エンジンにサイトが掲載されるのでしょうか。

 

サイトが検索エンジンに掲載される流れ

サイトが検索エンジンに掲載されるには次の手順を踏みます。

手順①クローリング:あなたのサイトを発見する
②インデックス:あなたのサイトを検索エンジンに登録する
③ランキング:あなたのサイトの順位を決定する

検索エンジンのロボットが上記3つの手順を踏むことでサイトはインターネット上に表示されるようになります。

下記にて各手順を解説しますが、ここではGoogleロボットを想定しています。

 

クローリング

この段階でサイト主がすることはありません。

Googleロボットが世界中のウェブを巡回し、あなたのサイトを見つけてくれます。

その際、Googleロボットにサイトを見つけやすくしてもらうために、サーチコンソールを使ってサイトマップ送信をすることができます。

サーチコンソールの使い方は少し難易度が高いので本記事では解説を割愛しますが、気になる方はこちらからご確認ください。

[nlink url=”https://ksonoda.com/google-search-console-fundamental/”]

 

インデックス

クローリング時に問題が検出されなかったページはインデックス(登録)されます。

あなたサイトがGoogleにインデックスされたかは、「site:(サイトドメイン)」で検索すると調べることが可能です。

例)僕のブログのインデックスを確認したいときは「site:ksonoda.com」で検索。

サイトページ数とインデックス数が合わない場合は、いくつかのページがインデックスされなかった可能性があります。

コンテンツが重複していないか、情報の質が低いものはないかなどを見直してみましょう。

 

ランキング

インデックスの順位を決めるフェーズです。

SEO対策とは言い換えれば、このランキング決定対策です。

Googleはこの検索順位を決めるためにサイトの様々な条件を見ているので、SEO対策ではこの条件に沿うようにサイトを改善していくことが求められます。

 

検索エンジン最適化(SEO)とは

検索エンジン最適化(SEO)とは

先ほど少し述べましたが、SEOとは検索エンジンの検索結果で上位表示させるためのスキルです。

Googleで上位を取れば、他の検索エンジンでも上位表示されるので、SEO対策はGoogle対策と覚えておきましょう。

 

検索順位はどのようにして決まるのか

SEO対策の依頼を受けるとよく聞かれる質問がコレ。

サイトの掲載順位ってどうやって決まっているんですか?

 

Googleは数百以上の評価基準をもとに、独自アルゴリズムによって検索順位を決定しています。ここでは全てを解説することはできないので、その中でも特に重要な3つの指標を解説。

 

検索キーワードと記事内容の関連度

Googleは読者が検索したキーワードとあなたの記事内容を照合し、関連性の高いものを評価します。

そのため、上位表示させたいのであれば、ユーザーが検索するキーワードを理解する必要があります。これを「SEOキーワード対策」と呼びまして、SEO対策の中でも最も重要な対策の一つです。

キーワード対策の詳しい解説記事

[nlink url=”https://ksonoda.com/seo-keyword/”]

 

外部リンク数

外部リンクとは、自分のブログなどが別のサイトで紹介されるときに貼られるリンクで、「質の高いリンク」を獲得していればいるほど評価は上がります。

外部リンク獲得は「SEO外部対策」と呼ばれる対策の一部でして、質も高いリンクを獲得するにもテクニックがあるので、こちらの記事でまとめて解説しています。

SEO外部対策の詳しい解説記事

[nlink url=”https://ksonoda.com/seo-off-page/”]

 

サイト読者の評価

読者から評価され、拡散されるサイトにする為には「有益なコンテンツ」を発信し続けることも重要です。

ここにはSEOのテクニックは無く、人が評価したものをGoogleが評価するので、まずは人(読者)に評価してもらうことが必要になります。

冒頭に述べた「良質な記事を書くことに集中すれば良い」と言う人がいるのはこの為ですね。でもそう言う人たちは、それ以外の対策もきっちりやっています。

読者が読んで満足する有益な情報を発信することを心がけ、丁寧にコツコツと記事を書いていくのがサイト読者評価を上げる為のコツです。

 

補足:アルゴリズムはアップデートされるよ

検索順位を決定するGoogleアルゴリズムは、小さなアップデートを繰り返しながら、2〜3年に一度大きく改正されます。

アップデート時には評価基準が大きく変わることがありまして、それまでの順位が一気に変わることもあるので、アルゴリズムアップデートをしっかり追いつつ、定期的にサイトもアップデートする必要がありますよ。

スポンサードサーチ

【SEO対策の本質】検索上位を取るために

では、検索上位を取るためにはどうする?

おさらいになりますが、検索順位を上げる為には検索エンジンの基本を理解しましょう。そのうえで、Googleアルゴリズムに沿いながら良質なコンテンツを作ることが重要。

 

まとめ

ということで、今回のSEO初級講座【検索エンジンの仕組みを知る】編は終わりです。

SEOをマスターするためには検索エンジンを知るところからはじまりますので、しっかりと基礎を理解してから次に進みましょう。

検索エンジンの仕組みを理解したらは、いよいろSEO対策の具体的な基本知識を学んでいく段階です。

SEO対策に興味がある方は、ぜひ下記の記事より順に読み進めてみてください。

[nlink url=”https://ksonoda.com/search-engine-beginner-2/”]

それでは。