ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

WordPressタグの作り方と使い方(初心者向けに解説します)

WordPressタグの作り方と使い方(初心者向けに解説します)

記事にタグ付けして、わかりやすいブログにしたいな。

WordPressの管理画面からタグを作るにはどうしたらいいんだろう?

 

こんな疑問を解決する記事です。

本記事では、WordPressの管理画面からタグを作って、記事に付けるまでのやり方を解説します。

 

本記事を読むとわかること

その①:管理画面からタグを作る方法

その②:投稿画面でタグ付けする方法

おまけ:タグの正しい使い方(SEOに繋がる)

 

おまけとして、正しいタグの使い方も解説するので、初心者からでもSEOを意識したタグの使用方法がわかります。

 

スポンサードサーチ

WordPressでタグを作る、使う方法(簡単です)

WordPressでタグを作る、使う方法(簡単です)

それでは、さっそく本題です。

①WordPressでタグを作る方法と、②投稿画面での使い方について解説します。

 

タグとは?(軽めに基本情報を解説)

タグとは「ブログを読みやすくする為の便利機能」でして、タグを活用することで、記事を自由にカテゴリー分けすることができるようになります。

カテゴリー分けが上手なブログは、読者が求めている情報を与えられるので、記事がしっかり読まれる傾向があります。

ブロガーは記事を読んでもらえる、読者は情報を探しやすくなる、といった具合にWin-WInの関係を構築するのがタグの目的と言えます。

 

WordPress管理画面からタグを作る方法

WordPressでタグを作る方法はひとつだけです。

簡単なので、本記事を読んだ直後からタグ作りが可能になるはずです。

 

タグの作り方

  1. [投稿] > [タグ] を開く
  2. [名前] , [スラッグ] を決める

 

これだけ。

下記にスクショを用意しました。

タグの作り方

 

[名前]は、その通り、タグの名前です。

例えば、プログラミング系の記事を書いて、[CSSプロパティ]というタグを作ったら、ブログ上には「CSSプロパティ」とそのまま表示されます。

[スラッグ]とは、URLのことです。

CSSプロパティタグが付いた記事を一覧表示するときなどに、このURLが使われるので英語で付けましょう。https://ksonoda.com/tag/css-property/みたいな感じですね。

 

投稿画面でタグを使う方法

タグは記事に対して付けるものなので、投稿画面で使用します。

 

投稿画面でタグを使う方法

 

こんな感じで、投稿画面の右側にはタグ付けようのパネルがあるので、そこから挿入しましょう。

 

正しいタグの使い方(SEO対策)

タグを正しく使うことでSEO対策になります。

最後に、SEOに効果的なタグの使い方を解説するので、参考にどうぞ。

 

タグは細かいカテゴリー分けに使う

結論から言うと、タグは“細かいカテゴリー分けに使う”のが正しい利用方法です。

つまり、カテゴリーと同じ使い方です。

カテゴリーは大きな分類、タグは小さな分類に使うと覚えておくと、タグを効果的に使えるはずです。

 

記事にタグ付けする

 

たとえば、「東京の旨い店」というブログを書いている場合、[レストラン][カフェ]という大きな分類はカテゴリーで行ないつつ、[和食][フレンチ][イタリアン]などの小さい分類をタグで行うイメージです。

詳細は「WordPressカテゴリーとタグの違い【使い分けでブログの利便性が向上します】」で解説しているので、そちらを参考にしてもらえれば理解が深まると思います。

 

スポンサードサーチ

まとめ:WordPressではタグを活用しよう

まとめ

本記事は以上です。

WordPressでタグを使う方法は簡単です。

①タグを作る
②投稿でタグ付けする

たったこれだけです。

正しく使えば、SEO対策に直結するので、記事の細かいカテゴリー分けを意識しつつ、タグを有効活用しましょう。

おわり。