【SEO上級編】ロングテールSEO【キーワードの探し方・効果を解説】

【SEO上級編】ロングテールSEO【キーワードの探し方・効果を解説】

ブログに限らず、ウェブサイトを運営するなら、長期的視点で順位を上げていく努力が大切です。

この記事では、ロングテールSEOによる検索上位表示を狙うための攻略法と考え方をまとめています。

ロングテールSEO?はてさて?さっぱりワケがわかりません?

そんな方でも、この記事を読めば、これからはロングテールを意識したサイト運営ができるようになる(と思います)。

SEOは細かな改善作業の繰り返しなので、ロングテールSEOの考え方をマスターして、キーワードの改善や効果検証をコツコツと長期的に頑張りましょう。

スポンサードサーチ

ロングテールSEOとは

ロングテール図

ロングテールSEOを理解するためには、キーワードを理解する必要があるので、まずはそこから説明していきます。

 

ビッグキーワードとロングテールキーワード

上の図をご覧ください。

[ 英語 ]というキーワードを例に出して説明します。

ここでは、[ 英語 ] がビッグキーワードになり、それと一緒に検索される [ 論文 ] や [ 書き方 ] の組み合わせが、ロングテールキーワードになります。

 

検索ボリュームのビッグキーワード VS コンバージョンのロングテールキーワード

[ 英語 ] だけで検索される回数(検索ボリューム)は非常に多いのですが、その分競合サイトも多いので、コンバージョン(サイト訪問数)は下がります。

しかし、[ 英語 論文 ] という2つの単語の組み合わせになると、検索ボリュームは下がるものの、その分競合サイトも減るので、コンバージョンは上がります。

さらに、[ 英語 論文 書き方 ] という3つの単語組み合わせまでいくと、検索ボリュームもさらに下がり、コンバージョンはさらに上がります。

 

80%はロングテールキーワードと一緒に検索される

一般的に、ネットで何かの単語が検索される際の約80%はロングテールキーワードとの組み合わせです。

例えば、大手ECサイトのアマゾンでは、売り上げの約8割はミリオンヒット商品からではなく、年に一つ売れるかどうかのニッチな商品からと言われています。

アマゾンは膨大な商品登録数を誇りますが、それら商品の多くはニッチ市場に向けたものであり、ユーザーは自分が欲しいものを検索するときに、いくつかの単語の組み合わせで検索します。

これにより、ページ一つ一つを見れば、検索ボリューム、集客数は少ないですが、アマゾン全体として見れば膨大な集客数に繋がっています。

 

注意点:コンバージョン率だけを追い求めるのは無理ゲー

ここまで読んだ方で、「よし。じゃあコンバージョン獲得を追求しまくるぞ!」と思った方、ちょっとお待ちください。

実は、個人ブログ規模で、高コンバージョン率だけを目指すのは危険です。

そもそも、個人ブログで、膨大なページ数を誇るアマゾンと同じ戦略を取るのは勝ち目なしの無理ゲーです。

スポンサードサーチ

 

小規模サイトのロングテールSEOテクニック

小規模サイトのロングテールSEOテクニック

繰り返しですが、巨大サイトに個人の力で立ち向かうのは無理ゲーです。

じゃあ、諦めろとでも言うのか。
自分一人の力では、巨大サイトに太刀打ちできないのか。

いいえ。

個人でロングテールSEOを実施するのであれば、適切な検索ボリュームのキーワードを狙っていくことで成果は見込めます。

 

ロングテールSEOで狙うべきキーワードの検索ボリューム

まず最初に狙うべきは、Googleのキーワードプランナーで競合性が(低)〜(中)になっているものです。

特に、競合性は低いのに、検索ボリュームが10万〜100万となっているキーワードがあれば、そこから攻略していくことをオススメします。

 

Googleの関連キーワードも参考にしよう

キーワードプランナーの使い方がわからない場合は、Googleの関連キーワード表示を参考にすると良いです。

関連キーワードは検索結果1 ページ目の一番下に出てきます。

Googleの関連キーワードも参考にしよう

 

【注意】SEOの基本は守ること

SEOの大前提として、 

1キーワードに対し1記事

があります。

ロングテールキーワードを調べたものの、めちゃくちゃに記事を大量生産すると、1キーワードに対して2つの記事を書いてしまったなんてことになりかねません。

その場合、Googleのアルゴリズムにより、どちらかの記事順位が上がりにくくなってしまったり、下手すると両方に影響が出る可能性もあるので注意が必要です。

 

ロングテールキーワードの探し方〜記事の書き方

キーワードの探し方から記事の書き方に関しては、過去にまとめていますのでこちらの記事をご覧ください。

【SEO中級編】4つのスキルを深堀りしよう【キーワード】

スポンサードサーチ

まとめ

まとめ

以上でロングテールSEOに関する解説は終わりです。

長期的に訪問数を確保するブログを運営するためには、ロングテールSEO攻略が必須とも言えます。

この記事以外にも、今日ご紹介した別記事も読むことでキーワードへの理解が深まるので、ぜひ合わせてご覧ください。

それでは。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top