完全無料!授業料0円のプログラミング教室特集はこちら

検索意図とは?調べ方とSEO活用方法を初心者向けに解説

検索意図とは?調べ方とSEO活用方法を初心者向けに解説 copy

検索意図って何ですか?

SEO対策にどうやって活用したらいいの?

 

本記事は、上記のような疑問を解決する内容になっています。

端的に言えば、検索意図 = 検索目的でして、言い換えると、読者が求めてる情報(≒ニーズ)とも言えます。

つまり、検索意図を理解すれば読者のニーズに合わせたコンテンツが作れるようになるので、SEOにも良い効果が期待できます。

ブロガーも、WEB担当者も、コンテンツ作りに携わる人なら誰でも「自分のサイトを上位に表示させたい」と考えるのは当たり前ですが、小手先のSEOテクニックばかりに注力して失敗するケースが多いので、本記事では検索意図を把握しつつSEOに活かす本質的な方法を解説します。

 

本記事を読むとわかること

  • 検索意図の基礎知識
  • 検索意図とクエリ
  • 検索意図の見分け方・調べ方
  • 検索意図のSEO活用法

 

このあたりを網羅した内容になっています。

読者の検索意図を理解して、それに答えるコンテンツを作りましょう!

 

情報の信頼性と、あらかじめ謝罪

アラサー男子 in L.A.

Twitterフォローしてね

ブログ歴:4年
SEO歴:4年
Google検索1位:20記事ほど
ブログ収益:6桁
ブログを書いて生活しています

 

当ブログでは読者の検索意図に合わせた記事作りを意識しておりまして、その結果、20記事ほどGoogle検索1位を獲得できました。

数字的にも結果は出ているので、本記事の内容も信頼してもらえると思います。

 

また、先に謝っておきますが、本記事はめちゃくちゃ長い(10,000文字以上)です、、、。スミマセン(;一_一)

その分、本記事を読めば検索意図について深く理解できるような濃い内容になっており、SEO初心者だったり、駆け出しブロガーの人でも最後まで読み切れるよう、なるべく難しい言葉は省きつつ、専門用語の予備知識なども含めて解説していくのでヨロシクお願いします。

 

スポンサードサーチ

【検索意図】SEOに重要な理由と調べ方

【検索意図】SEOに重要な理由と調べ方

では、さっそく本題に入りましょう。

 

【検索意図とは】SEOに重要な理由

繰り返しですが、「検索意図 = 検索の目的」です。

 

  • [ラーメン 渋谷 人気]の検索意図:渋谷で人気のラーメンが食べたいな
  • [ダイエット 簡単 レシピ]の検索意図:手軽なダイエットレシピが知りたいな
  • [札幌 格安 航空券]の検索意図:札幌までの格安チケットを買いたいな

 

上記の通りでして、読者がネット検索するときのキーワードの背景にあるニーズ(目的)が検索意図になります。

 

検索意図の重要性

検索意図を知ること = 読者のニーズを知ること」だから。

これが答えですが、SEO的にも割と重要なポイントなので、もう少し具体的に解説します。

 

SEO = 読者のためのコンテンツ作り

SEOを端的に言えば「読者のためのコンテンツ作り」でして、Google が掲げる 10 の事実にも明記されている通り、Googleはユーザー第一の理念を掲げています。

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

» 参照:Google が掲げる 10 の事実

 

SEOを意識すれば、Googleが掲げるユーザー第一の理念を無視することはできません。

言い換えれば、読者のニーズである検索意図も無視できません

つまり、読者に寄り添ったSEOとは、検索意図に寄り添ったSEOとも言えます。

 

「読者の未来・行動」の予測も大切

検索意図を分析するとき、キーワードから直接的に読み解くだけでは足りない場合もあります。

キーワードから読者の未来や行動を予測することで、SEO的にも良質なコンテンツを作ることができるので、ここは意識しておきましょう。

詳しくは、本記事の後半キーワードの奥にある読者ニーズも読み解こうで解説しますが、少しだけネタバレしておきます。

 

「読者の未来・行動」を予測した検索意図とは

例えば、読者が次のキーワードで検索する場合、そこにある検索意図はどんな感じになるでしょう?

 

[バリ島 7月 天気]

 

直接的に考えれば、[バリ島 7月 天気]の検索意図は「7月のバリ島の天気が知りたい」ですね。

しかし、これじゃ当たり前すぎるので、少しだけ読者の未来や行動を予測してみましょう。こんな感じ↓↓

 

7月のバリ島の天気を知って、その読者はどうするの?

 

[バリ島 7月 天気]で検索する読者は「7月にバリ島を訪れる」という未来や行動が予測できそうじゃないですか?

つまり、[バリ島 7月 天気]という検索キーワードから「読者はなぜ7月のバリ島の天気が知りたいのか?」までを考えたとき、「7月のバリ島旅行に最適な服装を知りたいから」や「7月のバリ島旅行に必要な持ち物を知りたいから」という検索意図までを予測することができます。

 

【検索意図の分類】4つのクエリ

検索意図は4つのクエリから、大まかに分類することが可能。

クエリはSEOで頻出の専門用語ですが、ここでは単純に「クエリ = キーワード」だと考えておけばOKです。

 

検索意図とクエリの関係は切っても切り離せないので、少し長くなりますが、ここからはクエリについて解説しますね。

 

検索意図を分類する4つのクエリ

  1. Knowクエリ→「知りたい
  2. Goクエリ→「行きたい
  3. Doクエリ→「したい
  4. Buyクエリ→「買いたい

 

ひとつずつ解説しますね。

 

1. Knowクエリ(知りたい)

  • [ほうれん草 栄養]
  • [アメリカ 治安]
  • [大谷翔平 成績]
  • [検索意図とは]

 

このようなキーワードはKnowクエリに分類され、読者がキーワードについて知りたいと思うときに検索されます。

実際に、[ほうれん草 栄養]の検索結果を見てみましょう。

 

検索意図の分類_Knowクエリ(知りたい)

 

上記の通り。検索上位には、ほうれん草の栄養価について知りたい人向けの情報が書かれたページが表示されていますね。

なお、Knowクエリに対してコンテンツを作る場合、検索意図に合わせてプラスαの情報も網羅しておくのがベストです。これをコンテンツの網羅性と言ったりしますが、具体的な情報網羅コンテンツの作り方は本記事の後半で解説します。

 

2. Goクエリ(行きたい)

  • [渋谷 イタリアン]
  • [品川 京都]
  • [Amazon]
  • [朝倉未来 YouTube]

 

読者が「〇〇に行きたい」と思って検索するときには、Goクエリが使われます。

なお、「〇〇に行きたい」の“〇〇”には地理的な場所以外にもWebサイトなども含むので、「Amazonのトップページを開きたい」という検索意図の[Amazon]もGoクエリに分類されます。

 

3. Doクエリ(したい)

  • [一人暮らし レシピ]
  • [浴衣 着付け 自分で]
  • [WordPress ブログ 始め方]
  • [プログラミング 独学]

 

Doクエリは、読者が「何かをしたい」とき、その方法や解決策を検索する場合に使われます。

そのため、検索結果にはハウツー系のコンテンツが反映されることが多く、最近ではYouTube動画が検索画面に直接表示されることも増えてきました。

文字よりも動画のほうが分かりやすい場合もありますからね。[浴衣 着付け 自分で]の検索結果はガッツリ動画メインです↓↓

 

検索意図の分類_Doクエリ(したい)

 

4. Buyクエリ(買いたい)

  • [プロテイン 通販]
  • [フレンチ デリバリー]
  • [ハワイ 航空券]
  • [布団 夏用]

 

商品やサービスの購入を検討してる場合は、Buyクエリで検索します。

Buyクエリで検索している読者はすでに購買意欲が高い状態のため、ここで検索意図を把握しつつ良質なコンテンツが作れるとコンバージョン(≒成果)につながりやすいのが特徴です。

 

検索意図によって、類似クエリでも結果が変わる

ごくまれに、似ているクエリでも検索意図がまったく異なる場合があります。

検索意図と類似クエリの関係性は、[旅行] [観光]という類似キーワードを比較するとわかりやすいので解説しますね。

 

  • [旅行]の検索意図 → 旅行ツアーに申し込みたい(Buyクエリ
  • [観光]の検索意図 → 観光スポット情報を知りたい(Knowクエリ

 

日本語の意味合い的に、[旅行][観光]はめちゃくちゃ似ています。

しかし、検索意図の観点では意味合いが異なっていまして、「[旅行] = Buyクエリ」、「[観光] = Knowクエリ」に分類されます。

このあたりは、実例を見つつ理解したほうが早いので下記をご覧あれ。

 

[ハワイ 旅行][ハワイ 観光]で検索結果はこんなに違う

  • [ハワイ 旅行]Buyクエリ):旅行会社のツアー情報が表示される
  • [ハワイ 観光]Knowクエリ):観光スポット情報が表示される

 

検索意図_類似クエリ_検索結果_ハワイ旅行

検索意図_類似クエリ_検索結果_ハワイ観光

 

このあたりの、類似クエリによる検索意図の違いを軽視していると、いくらコンテンツを作っても検索上位に表示されない可能性もあるので注意しましょう。

 

クエリの見分け方

4つのクエリはどうやって見分ければいいの?

 

Know、Go、Do、Buyの4つのクエリは、次の2か所に注目することで見分けることが可能です。

 

  • ユニバーサルサーチ:検索結果でWebページ以外のコンテンツも表示する機能
  • バーティカルサーチ:検索対象を特定の分野に絞り込める機能

ユニバーサルサーチとバーティカルサーチ

 

ユニバーサルサーチとバーティカルサーチの詳細は長くなるので割愛しますが、ここでは大体のイメージが掴めれば問題なしです。

 

バーティカルサーチ→ 検索窓のすぐ下に出てくる「すべて・画像・動画・ニュース」とか
ユニバーサルサーチ→ WEBページ以外の結果(ニュース一覧 / Twitterフィード)とか

 

とりあえず、こんな感じで覚えておいてください(^^)/

 

1. Knowクエリ(知りたい)の場合

検索意図があいまいだったり、具体性の低い単一キーワードの場合はKnowクエリに分類されることが多いです。

そのため、バーティカルサーチ・ユニバーサルサーチで、あまり統一性もありません。

基本的には、これから紹介するGo、Do、Buyの3クエリの検索結果に当てはまらないものが、Knowクエリに分類されると考えてもらえればOKです。

 

2. Goクエリ(行きたい)の場合

Goクエリ(行きたい)_ユニバーサルサーチ バーティカルサーチ

 

Goクエリの場合、バーティカルサーチの並びは「すべて、地図、画像、ショッピング、ニュース」になっています。

ユニバーサルサーチには、目的地候補の詳細が地図と一緒に表示され、Go(行きたい)の検索意図に対して、わかりやすい結果が反映されています。

 

3. Doクエリ(したい)の場合

Doクエリ(したい)_ユニバーサルサーチ バーティカルサーチ

 

Doクエリの場合、バーティカルサーチの並びは「すべて、画像、動画、ショッピング、地図」になっています。Goクエリと順番が変わりましたね。

これは、画像や動画を参考にしながらDoしたいという検索意図が反映されているからでして、ニュースが表示されていないのも、Doクエリにニュースの検索意図は含まれないからです。

また、先述の通り、ユニバーサルサーチには動画一覧が直接表示されており、検索意図が反映された検索結果であることが分かります。

 

4. Buyクエリ(買いたい)の場合

 

Buyクエリ(買いたい)ユニバーサルサーチ-バーティカルサーチ

 

Buyクエリの場合、バーティカルサーチの並びは「すべて、ショッピング、画像、、、」と続くことが多いです。

購買を目的としている読者に対して、ショッピングが上位に来るのは当然と言えますね。

また、ユニバーサルサーチには、商品販売ページへの直リンクがカード型広告で表示されることが多いのも特徴です。

 

クエリのおさらい

長くなりましたが、これでクエリ(Know、Go、Do、Buy)の概要解説は終了です。

いったんおさらいしつつ、検索意図の深掘り解説に戻りましょう。

 

クエリのおさらい
  • クエリは4つに分類できる
    1. Knowクエリ→「知りたい
    2. Goクエリ→「行きたい
    3. Doクエリ→「したい
    4. Buyクエリ→「買いたい
  • 類似クエリでも検索意図が異なる場合がある([旅行] [観光]が良い例)
  • クエリの見分け方:バーティカルサーチ / ユニバーサルサーチに注目

 

こんな感じですね。

 

検索意図の調べ方は4つ

検索意図を調べるには、主に4つの方法があります。

 

検索意図を調べる4つの方法

  1. 検索結果
  2. Googleサジェスト
  3. 関連キーワード
  4. 共起語分析

 

1. 検索結果

検索意図を調べる場合、もっとも効果的なのが検索結果から読み解く方法です。

 

検索結果のどこを見ればいいの?

 

具体的には下記の2か所に注目しましょう。

 

  1. 上位ページ(検索上位10サイト)
  2. 4つのクエリ(クエリとバーティカル・ユニバーサルサーチ)

 

4つのクエリについては解説済みなので、ここでは上位ページから検索意図を読み解く方法を深堀りします。

 

検索結果(上位ページ)から検索意図を読み解く

検索上位に表示されているページ = Googleが評価しているページなので、検索上位10サイトはすべて熟読しつつ、①見出し構成②文字数③キーワードの出現回数、に注目して読み解きましょう。

 

  • 見出し:検索意図を満たすキーワードの参考にする
  • 文字数:検索意図を満たすコンテンツ量の参考にする
  • KW出現数:ページ内でキーワードをどれくらい使うかの参考に

 

2. Googleサジェスト

検索意図の調べ方_Googleサジェスト

 

検索窓にキーワードを入力すると、一緒に検索されているキーワードを自動表示してくれる機能(Googleサジェスト)があります。

ここからも、読者の検索意図を読み取ることができます。

 

Googleサジェストから検索意図を読み解く
  • [渋谷 レストラン 安い]:渋谷の安いレストランを探している
  • [渋谷 レストラン おしゃれ]:渋谷のおしゃれなレストランを探している
  • [渋谷 レストラン ランキング]:渋谷のレストランをランキングで知りたい
  • [渋谷 レストラン おすすめ]:渋谷のおすすめレストランを知りたい

 

検索窓に調べたいキーワードを打ち込むだけという、手軽かつ効率的な方法なので活用してみてください。

 

3. 関連キーワード

検索意図の調べ方_関連キーワード

 

Googleサジェストと似ていますが、関連キーワードもシンプルかつ簡単な検索意図の確認方法です。

 

4. 共起語分析

共起語とは、あるキーワードと一緒に頻出する単語のこと。

 

  • [受験]の共起語:[試験] [学部] [申し込み] [偏差値] [模試] など
  • [転職]の共起語:[求人] [企業] [職種] [キャリア] [希望] など

 

共起語の調べ方(無料)

検索意図の調べ方_共起語分析

 

ラッコキーワードを使えば、共起語を無料で調べることができます。

上記スクショの通りですが、より詳しい使い方は共起語取得ツールの使い方(外部サイト)をどうぞ。

 

スポンサードサーチ

【検索意図】初心者でもできるSEO活用法

【検索意図】初心者でもできるSEO活用法

引き続き、分析した検索意図をSEOに活かす方法を解説していきます。

具体的な検索意図のSEO活用術は下記の通り。

 

  1. 検索意図から読者ニーズを読み解く
  2. 検索意図に合わせたタイトルを作る
  3. 検索意図を網羅したコンテンツを作る

 

1. 検索意図から読者ニーズを読み解く

本記事の前半で解説した内容のほとんどが、検索意図から読者ニーズを読み解くための方法になります。

繰り返しになってしまうので詳細は省きますが、押さえるべきポイントだけおさらいしておきます。

 

  • クエリ:Know(知りたい)Go(行きたい)Do(したい)Buy(買いたい)
  • 検索上位ページ:見出し構成、文字数、コンテンツ内容、キーワード出現数
  • サジェスト:どんなクエリに分類できる?検索上位ページの内容は?
  • 関連キーワード:どんなクエリに分類できる?検索上位ページの内容は?
  • 共起語:ラッコキーワードを使う(無料)

 

キーワードの奥にある読者ニーズも読み解こう

表向きのキーワードからだけでは読み解けない検索意図もあります。例えば次のような場合。

[バリ島 7月 天気]というクエリがあった場合、予測すべき検索意図が「7月のバリ島の天気が知りたいな」では不十分です。「7月のバリ島の天気を知って、読者はどうしたいの?」までを考えてあげましょう。

 

[バリ島 7月 天気] → 旅行計画中なので持ち物を決めたい、天気予報に合わせて予定を組みたい etc…

 

キーワードの奥にある読者ニーズは検索上位ページをヒントに分析できるので、競合サイトがどんな内容のコンテンツを作っているかも参考にしつつ、読者の検索意図を満たすコンテンツ作りに活かしましょう。

 

2. 検索意図に合わせたタイトル

分析した検索意図は、キーワードに変換しつつタイトルに盛り込むと効果的です。

タイトルは一番最初に読者の目につく箇所でして、「この記事はあなたのニーズを満たしていますよ」という意思を伝える必要があるのでかなり重要。検索意図を意識したタイトル付けのコツをつかみましょう。

 

検索意図をキーワードに変換 → タイトルに盛込む

  • ブログを始めたい →【ブログの始め方】初心者でも失敗しない手順解説
  • 京都観光の予定を立てたい →【京都の観光スポットおすすめ10選】目的別に紹介

 

ざっくりと上記の通り。

記事タイトルの付け方までを深掘りするとかなり長くなってしまうので、より深く理解したい人はブログ記事タイトルの付け方【4つのコツと3つの手順、裏ワザを解説】も合わせて一読あれ。

 

3. 検索意図を網羅したコンテンツ

タイトルだけではなく、メインコンテンツでも読者の検索意図を満たす内容を意識しましょう。

特に見出しは重要。見出しには適度にキーワードを盛り込みつつ、流れを意識してコンテンツ本文を書いていきます。

 

検索意図を満たすライティングのコツを学ぶ

ライティングのコツは本で体系的に学ぶのが最も効率的です。

検索意図を網羅したコンテンツでサイトを上位表示させたい人は、一冊でも良いのでWebライティングの本を読むことをおすすめします。

 

初心者向けWebライティングのおすすめ本を5冊厳選(+α) 初心者向けWebライティングのおすすめ本を5冊厳選(+α)

» 関連記事:初心者向けWebライティングのおすすめ本を5冊厳選(+α)

 

正しいライティングの知識があると検索上位を獲得できます。

これは昨今のコンテンツSEOの優位性において割と不変の真実だったりするので、1~2冊分の出費は安い勉強代だと思いますよ。

 

ポチらせる文章術

Amazon(Kindle版) Amazon(単行本) 楽天市場 Yahoo!
価格(最安値) ¥1,563 ¥1,540 ¥1,540(新品) ¥1,540(新品)

上記の記事まで読むのが面倒だったら、こちらの一冊をおすすめしておきます。

 

1記事あたり検索意図はどれくらい網羅すべき?

ひとつのページで検索意図はどれくらい網羅すべきですか?

 

 

僕の見解は上記の通り。

1記事あたりにどれくらいの検索意図を網羅すべきかに明確な答えはありませんが、僕は大見出しが4つ以上必要なら記事を分けるべきだと考えています。

検索意図の根幹はできる限り網羅しつつ、分割可能な検索意図は別記事にまとめて内部リンクを張るみたいなイメージが最適だと思います。

 

スポンサードサーチ

まとめ:検索意図を読み解きSEOに活かそう

まとめ

長くなりましたが、本記事は以上です。

もう一度、大切なポイントを下記するのでおさらいしておきましょう。

 

  • 検索意図とは「検索の目的」
  • 検索意図を把握する = 読者ニーズを知る(つまりSEOに重要)
  • 4つのクエリ(Know、Go、Do、Buy)がヒント
  • キーワードの奥にある検索意図も汲み取る
  • 検索意図は ①検索結果、②サジェスト、③関連キーワード、④共起語から分析
  • 記事タイトルには検索意図からキーワードを抽出すると効果的
  • 検索意図を網羅したコンテンツ作りが重要

 

こんな感じですね。

検索意図を理解することで、読者のニーズに合わせたコンテンツが作れるようになります。

それはつまり、SEOでも良い効果が期待できるということなので、常に検索意図を意識したコンテンツ作りを心掛けるといいんじゃないかなと思います。

おわり。