あけましておめでとうございます。2021年もよろしくお願いします。

【SEO対策を学ぶなら本を読め】おすすめ書籍5冊

【SEO対策を学ぶなら本を読め】おすすめ書籍5冊

SEOの勉強なんてググればOKっしょ。

本買うカネもったいないし、タダで勉強しよっと。

そもそもSEO帆勉強本って、おカネ払う価値あんの?

 

こんな感じで、SEOの勉強本を買うことに抵抗がある人向けに、SEOを本で勉強した僕がおすすめする書籍5冊を紹介します。

いきなりですが、結論から言って、初心者がSEOを勉強するなら本しかありません。

ネットで情報集めでも、ある程度の知識は得られますが、本質を理解して突き抜けるには本一択です。

本記事で紹介する書籍は、どれも僕が実際に手にしたものなので自信を持っておすすめできます。

全部買っても1万円ちょっとなので、本で得た知識でSEO対策していけば、ブログなら1ヶ月で支出を回収可能です。

 

スポンサードサーチ

 

本でSEOを勉強する【初心者こそ本で学ぶメリット】

初心者こそSEOを本で勉強するメリット

まずは、本で勉強するメリットを軽く解説しておきます。

僕は、本でSEOを勉強するメリットは下記の3つだと思っています。

 

  • 勉強時間が短縮できる、効率化できる
  • 繰り返し復讐できるので、知識が定着する
  • 新しい知識を発見できる

 

おおきく分けてこれら3つのメリットがあるので、初心者であればあるほど、まずはSEO教材を読みまくって効率的に知識を蓄えましょう。

もう少し言っておくと、ネットで学習できるのは初心者を卒業してからだと思います。

 

初心者がネットに頼りすぎてはいけない理由

「ネットで検索できる」 = 検索できるだけの知識がある / 疑問点が明確である

 

たしかにインターネット上には有益な情報がたくさん溢れていますし、それらを読んでいくことで知識もスキルも溜まっていきますが、そもそも全く知らないことは検索できません。

知識が乏しければ乏しいほど、ウェブ上で求めている情報に行き着くには時間がかかりますし、どうやって検索すればいいかもわからないケースすらあります。なので、自分で検索できる状態、検索した情報を知識として分析し自分のものにできる状態になるまでは断然本がおすすめです。

 

これって本当?SEO見識者の意見

  • 読者視点の記事を書けば、SEOのスキルなんて関係ない
  • ブログ立ち上げ直後は、記事を書きまくればOKだ
  • これまでのSEO対策は時代遅れだ
  • SEOの本なんておカネを搾取されるだけだ

 

ある程度SEOの知識がある人の中には、こんなことを言う人もいるかもしれません。

たしかに、SEO対策は時代によって変化するものだし、時代遅れのSEO対策もあります。

だからと言って、すぐにSEOの勉強なんて無意味だと判断するには早すぎるし、そう思うか思わないかはある程度の知識を身につけてからわかることです。

僕は、書籍パワーはいまだに健在だと思っています。

スポンサードサーチ

 

SEO対策:4つのスキルを学べるオススメ書籍たち【5選】

SEO4つのスキルを学べるオススメ書籍たち【5選】

SEOには大きく分けて4つのスキルが必要です。

 

SEO対策:4つのスキル

  1. 内部対策
  2. 外部対策
  3. SEOライティング
  4. SEOキーワード

 

ここからは、上記の4スキルを身に付けるための5つの書籍を紹介します。

 

【SEO内部対策を学べる本】これからのSEO内部対策本格講座

これからのSEO内部対策本格講座|瀧内賢 著

基本的なSEO内部対策が全て学べる本。

ブログの中身がごちゃごちゃしていると、読者は読みにくさを感じてしまい、離脱率が高くなってしまいます。

すると、検索エンジンからの評価(つまりSEO評価)も下がってしまうので、内部対策はとても重要です。

ちなみに、読者が満足するブログはしっかりと内部対策がされています。

これからのSEO内部対策本格講座」を読めば、内部対策の重要性が高まった現在のSEO対策に論点を置きつつ、良質なサイトの作成方法を学ぶことができます。

これからはじめるSEO内部対策の教科書」という一冊もありますが、内容の8割くらいは同じなので、価格も安くて発行日も新しい「これからのSEO内部対策本格講座」の方がいいんじゃないかなと思います。

ただし、このへんの感想は個人差があるので、両方試し読みしつつ、読みやすいと感じる方を選べばOKです。

 

【SEO外部対策を学べる本】は、ないのでSEO全体図を理解しよう

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル|西山悠太朗、小林睦 著

SEOの基礎から、サイト構造の考え方、リンクの意味、などSEOの全てがわかる一冊と言っても過言ではありません。

Googleが公開する情報を元にSEO対策を技術的に解説しているので、情報の信ぴょう性は間違いないですし、確実性の高い実践知識を習得することができます。

プロのエンジニアが読んでも満足できるレベルの内容にも関わらず、難しさや読みにくさを感じることなく読み進められるので、SEOの全体像を知るには最適な一冊だと思います。

 

【SEOライティングを学べる本】おすすめの2冊

SEO対策のためのWebライティング実践講座|鈴木良治 著

SEO対策の基礎知識から、SEOライティングの注意点までを学べる実践向けの内容が詰まった本です。

この一冊で効果的なキャッチコピーやコンテンツの作り方、アクセス解析をもとにしたコンテンツ改善方法などを網羅しているので、タイトルの付け方や記事の質を高める方法がバッチリ理解できるはずです。

さらに、ブログのみならず、ウェブライティング全般に活かせる知識が詰め込まれているので、将来的にウェブマーケティングに携わりたい人にもおすすめできる一冊です。

 

沈黙のWebライティング|松尾茂起 著

ライティング関連の本で、もう一冊紹介したいのがこちら。

ウェブライティングで成果を上げるためにどのように文章を書いたらよいか、狙ったSEOキーワードで検索順位を上げるためにはどのようにコンテンツを作成したらよいか、を理解するには最適な一冊です。

SEOのコンテンツ対策に重点を置いて書かれた本なので、初心者は手にとって後悔しないはずです。

マンガストーリー仕立てなので、初心者でもわかりやすくスラスラ読み進めることができます。

 

【SEOキーワードを学べる本】いちばんやさしいリスティング広告の教本新版

いちばんやさしいリスティング広告の教本新版| 杓谷匠 著

リスティング広告はSEOキーワードを最大限に活用したウェブ広告です。

つまり、リスティング広告の仕組みを理解すれば、SEOキーワードの理解にもつながるということ。

いちばんやさしいリスティング広告の教本 新版」なら、たくさんの図解とともに、SEOキーワードに関する理解を深めることができます。

アフィリエイトブログを運営して収益化を目指したいなら、絶対に買うべき一冊です。

 

スポンサードサーチ

 

【まとめ】SEOの勉強は①書籍、②ネットがオススメ

まとめ

本記事は以上です。

SEOの勉強は本で基礎知識を全体的に網羅したうえで、足りない部分やもっと知りたい箇所をネットで検索しながら自習していくのがベストです。

本記事で紹介した5冊は「これからSEOの勉強を始めたいよー。」という方におすすめなので、ぜひ手に取ってみてください。

1冊数千円の書籍購入が、毎月数万円のブログ収入になると考えたらとてもお買い得な話だと思います。

ということでイチオシ本のまとめでした。

おわり。