ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

WordPressでテーマ更新に失敗する原因と対処法【試してほしい解決策】

WordPressでテーマ更新に失敗する原因と対処法【試してほしい解決策】

WordPressのテーマを更新しようっと!

あれ…?ん…?おかしいな…

えっ、“テーマの更新に失敗しました”…!?どうしよう…!!?

 

こんなお悩みやトラブルを解決します。

WordPressのテーマを更新しようとしたら、“テーマの更新に失敗しました”と表示されてしまった人は参考にしてみてください。

本記事では、WordPressのテーマ更新に失敗する理由と、そんな時の対処法を解説します。

 

僕もテーマ更新失敗の経験者です

アラサー男子 in L.A.

Twitterフォローしてね

ブログ歴:3年
 WordPress歴:8年
 これまでに使ったテーマの数:30個以上
 WordPressで作ったウェブサイトの数:50サイト以上
 現在はブログを書いて生活しています

 

僕も過去にテーマ更新ができなくて困った経験があります。

そんな経験を元に、解決法をまとめたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサードサーチ

WordPressでテーマ更新に失敗する理由と対処法

WordPressでテーマ更新に失敗する理由と対処法

いきなりですが、残念なお知らせです。

 

テーマ更新に失敗する理由は様々な要因が考えられる。
なので、厳密に言えば、個別に状況を見て判断するしかない。

 

結論から言えば、その人が使っているテーマやプラグイン、サーバーやPHPの状況など、さまざまな要因が重なってテーマの更新を妨げているので、個別に状況を確認しエラーを解決するしかありません。

ですが、ほとんどの場合、これから紹介する4つの方法を使えば、テーマ更新エラーを解消することができるはずです。

慌てず、落ち着いて対処しましょう。

 

テーマ更新に失敗する原因は?

対処法を解説する前に、なぜテーマ更新に失敗するのか、考えられる理由をまとめました。

テーマ更新に失敗する理由が判明すれば、対処法も見つけやすくなるので、しっかり理解しましょう。

 

テーマ更新に失敗する理由:ありがちなもの4つ

  1. テーマファイルがすでに存在している
  2. サーバーのPHPバージョンが5.4以下
  3. WordPress側の不具合
  4. テーマファイルが壊れている

 

1. テーマファイルがすでに存在している

WordPressではすでにインストール済みのテーマを2つ以上インストールすることができません。

テーマのアップデートファイルであっても、すでにインストール済みのテーマとして誤認されてしまうエラーがごく稀に発生するので、その場合はテーマ更新の際にエラーになってしまいます。

こんなときは、インストール済みのテーマを一度削除して、アップデートファイルを再インストールしましょう。

やり方は後ほど解説します。

 

2. サーバーのPHPバージョンが5.4以下

PHPのエラー
Fatal error: Can’t use function return value in write context in

 

PHPのバージョンが5.4以下になっている場合、こんなエラーが表示されます。

古いバージョンのPHPだと、テーマが対応していないことがあるので、そんなときはPHPを更新しましょう。

» 参考記事:【PHPとは】初心者向けに”仕組み”と“できること”を解説(おすすめ学習法あり)

 

3. WordPress側の不具合

稀にWordPressそのものに不具合が発生する場合があります。

こんなときは、一旦ブラウザを閉じてから、後ほど解説する4つの対処法を順番に試してみてください。

 

4. テーマファイルが壊れている

テーマファイルが壊れている場合も更新不可です。

 

テーマファイルエラー
このテーマは壊れています

 

テーマ更新時にこんなメッセージが表示されたときは、テーマの開発元に問い合わせして解決してもらいましょう。

 

テーマ更新に失敗したときの対処法

それでは、テーマ更新に失敗してしまった場合の対処法を解説しますね。

 

1. キャッシュとクッキーの削除

まず最初に試してもらいたいのが、キャッシュとクッキーの削除です。

 

キャッシュ・クッキーとは

キャッシュ(Cache)とは、表示したサイト情報を一時的に保存しておくこと

クッキー(Cookie)とは、サイトに保存されるブラウザ情報のこと

 

例えば、Facebookなどに一度ログインすると、2回目以降は自動的にログインされた状態になりますよね。

または、Amazonで買い物カゴに商品を残した状態で一度離れてから戻っても、その商品が買い物カゴに残ったままですね。

これは、キャッシュとクッキーが効いているからです。

 

しかし、WordPressのテーマ更新をするときに、キャッシュとクッキーが効いたままの状態では、エラーになってしまうことがあります。

下記にブラウザ別のキャッシュ・クッキーの削除方法をまとめたので、お使いのブラウザに合わせて削除しましょう。

 

ブラウザ別:キャッシュ・クッキーの削除方法

 

2. プラグインを無効化する

テーマを更新するということは、それまでに記述されていたコードのどこかが書き換えられるということです。

WordPressのプラグインは、テーマの記述コードと親密な関係で成り立っているので、テーマの一部が書き換えられるとエラーを引きこ越す可能性があります。

キャッシュ・クッキーを削除しても、引き続きテーマ更新でエラーになってしまう場合は、一度すべてのプラグインを無効化して再トライしてみてください。

» 参考記事:【WordPressのプラグインを無効化する方法】管理画面が真っ白になったときの裏技アリ

 

3. PHPを最新バージョンに更新する

PHPを更新するには、サーバーの管理画面から行う必要があります。

サーバーによって管理画面の見方が異なるので、下記にリンクをまとめました。

 

サーバー別:PHPバージョン変更の方法

 

4. テーマを削除・再インストールする

すべての方法を試したけど、それでもテーマが更新できないという場合は、いったんインストール済みの既存テーマを削除し、最新版のテーマをインストールし直しましょう。

少しばかり粗治療っぽいですが、これが一番確実です。

テーマ削除の方法は下記を参考にどうぞ。

»【WordPress】インストール済みのテーマを削除する方法

 

スポンサードサーチ

まとめ:テーマ更新に失敗しても落ち着いて対処しよう

まとめ

本記事では、WordPressのテーマ更新に失敗する理由と対処法を4つ紹介しました。

落ち着いて対応すれば、原因が見つかり、テーマは必ず更新できます。

まずは、キャッシュとクッキー、それでもダメならプラグインをチェックして、PHPのバージョンも最新に保っておきましょう。

どうしてもテーマが更新できなければ、いったん削除して再インストールすれば問題なしです。

おわり。