ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

My name is〜って言ってませんか?【英語で自然な自己紹介フレーズとは】

My name is〜って言ってませんか?【英語で自然な自己紹介フレーズとは】

Hello, My name is Taro.

ハロー、マイネーム イズ 太郎。

 

英語で自己紹介するとき、丁寧な言いまわしをしようと思ってこう言っていませんか?

アメリカ在住歴9年の僕からすると、「My name is〜」は不自然に聞こえます。

 

さらに言うと、「My name is〜」が丁寧だと思って使う人が多いですが、「My name is〜」と言われても、ニュアンス的に丁寧な感じはしません。

 

本記事では「My name is〜」の正しい使い方と、自然な自己紹介の方法を解説します。

 

スポンサードサーチ

自己紹介の定番|My name is〜ってどういう意味?

自己紹介の定番|My name is〜ってどういう意味?

まずは「My name is〜」の意味を考えてみましょう。

日本語に直訳でOKです。

「My name is〜」を日本語にすると「私の名前は〜です」ですよね。

 

そこでですが、、、そのまま日本語で考えてみてください。

 

日本で生活していて「こんにちは。僕の名前は太郎です」と自己紹介する場面ってありますか?

 

たぶんですが、自己紹介でわざわざ「僕の名前は〜です」と言う人はいないと思います。

ほとんどの人が「私は、〜です」と言うだろうし、聞き手からしても、そのほうが自然なニュアンスに聞こえるはずです。

 

My name is〜は丁寧に聞こえないの?

はい。聞こえません。

 

日本語で「私の名前は〜です」と言われたら丁寧に聞こえますか?

それと同じで、英語で「My name is〜」と言われても丁寧に聞こえるわけじゃありません。

 

「My name is〜」=「私は〜と申します」

と覚えてしまっている人は、間違っているので気をつけましょう。

 

「My name is〜」=「私の名前は〜です」

意味としては、これだけです。

他の意味は持たないフレーズなので覚えておきましょう。

 

というわけで、「My name is〜」そのものの文法が間違っているわけではないのですが、それを使うシチュエーションが日常生活に存在しないので、ほとんどのアメリカ人は「My name is〜」を使いません。

 

スポンサードサーチ

英語で自然な自己紹介はこう言う

英語で自然な自己紹介はこう言う

では、英語で自己紹介をするときに自然に聞こえるフレーズは何なのか。

 

英語で自己紹介:自然なフレーズ

  • I’m Taro.
  • Taro.

 

上記の通り。

 

「I’m Taro.」または、名前だけ「Taro.」のどちらかです。

基本的には「I’m〜.」を使っていれば問題なしです。

 

I’m Taro. / Taro:どっちが丁寧?

答えは「Taro.」です。

名前だけを言う場面では、握手しながらが多いです。

 

仕事の会議で初顔合わせのときに、相手の目を見つつ、堅い握手をしながら「Hi. Taro. Nice to meet you.」と言えば完璧です。

 

このときに、「Hi」と「Taro」をつなげて言ってしまうと、「こんにちは、太郎さん」に聞こえてしまうので、「Hi……Taro.」と、間を開けて使いましょう。

 

「I am〜.」は?使っちゃだめですか?

「I’m〜.(アイム)」と略さずに「I am〜.(アイ アム)」と言うのはどうですか?

 

こんな疑問にお答えしておきます。

結論から言って、「I am Taro.」だと「オレが、“太郎”だ。」に聞こえます。

 

ちょっとイメージしづらいと思うので、図解にしてみました。

 

John

Hi, I’m Mike.
Hi, Mike. Nice to meet you.

Emma

Mike

What? I am Mike.

 

この場面では、Johnが「僕はMikeだよ。」と言っていて、初対面のEmmaは、彼がMikeだと思ってしまっています。

が、しかし、彼はMikeじゃありません。彼はJohnです。

そこで、後から登場した本物のMikeが「何だって?僕がMikeだよ。」と言っています。

 

こんな場面に遭遇したら、「I “am” Taro.」と言っても不自然には聞こえないのでOKです。

 

スポンサードサーチ

まとめ:英語の自己紹介は「I’m〜(アイム)」一択

まとめ

ということでまとめです。

英語で自己紹介するときは「I’m〜.」だけ使っていればOKです。

どんな相手にも、どんな場面でも「I’m Taro.」と言っておけば間違いないので、自己紹介に迷ったら、とりあえず「I’m〜.」を使っておきましょう。

おわり。