【Other】と【Another】の違いって?【使い方解説】※例文あり

【Other】と【Another】の違いって?【使い方解説】※例文あり
Can I have ANOTHER one?
Can I have THE OTHER one?
ん?どこが違うの?

本記事では、似てるようで違う「Another」と「Other」の2つの単語の使い方を例文と合わせて解説します。日本人がよく間違えがちな単語なので、違いと使い方をしっかり理解してネイティブに一歩近づきましょう。

「Another」「Ohter」の直訳は同じ
Another = 他の・別の
Other = 他の・別の

「Another」と「Other」は英語では使い分けがされているにもかかわらず、日本語に直訳するとどちらも「他の・別の」になり、使い分けがされません。

これが、僕たち日本人にとって2つの単語をややこしくしてしまっている原因でして、「Another」と「Other」の理解には、この使い分けのルールを覚えることが重要。

逆に言えば、その「使い分け」さえ理解すればOKなので、一度マスターすればシチュエーションに応じて2つの単語を使いこなせるようになるはずです。

スポンサードサーチ

【Anotherの使い方】意味と例文

【Anotherの使い方】意味と例文

Anotherはもともと、【An】と【Other】を組み合わせた単語でして、後に続く単数形の名詞と合わせて使われます。

意味は「もう一つの・もう一人の」になりますが、日本語訳では伝わりにくいニュアンスで、「今あるものに加えて」という意味が含まれています。

 

【Another】 = 【(追加で)もう一つの】

このニュアンスを例文で解説。

例文あなたはすでに一台車を持っていて、それに加えて車をもう一台買ったとします。
「私は(今ある車とは別に)もう一つの車を買いました」 = 「I bought another car.」

こんな感じで使われます。

日本語的には、「More(= もっと)」に近いイメージで意味をとらえると分かりやすいと思います。

「More」も、「(今あるものに加えて)さらに、もっと」という意味で、後ろに複数形の名刺が続く場合は「Another」の代わりに「More」を使う感じです。

Anotherの例

A君)I bought another car.(もう一台車買ったわ)
B君)Really? What car did you get?(ま?車種は何買ったん?)

Moreの例

A君)I bought more cars.(またクソほど車買ったったわ)
B君)Really? How many cars did you get?(ま?何台買ったん?)

こんな感じで、「Another」のときは買った車は一台であることが言わずもがな理解でき、「More」を使うときは何台であるかが分からないですが、とりあえず「もっとたくさん」というニュアンスになります。

 

Another example(もう一つの例)

さらに理解を深めるために、もう一つ例文を紹介。(←これがAnotherの使い方)

David and Catharine are having another bay.(デイビッドとキャサリン夫婦に、また赤ちゃんができた。)

この場合、デイビッドとキャサリンにはすでに子供がいて、(今いる子供とは別に)新しく赤ちゃんができた状況です。

 

More examples(さらに、さらに例を紹介)

さらに例文をあげてみます。

I’m almost full, but can have more ramen.(結構腹一杯だけど、もっとラーメン食える。)
He can hit more homeruns in this season.(彼は今シーズン、もっとホームラン打てるはず。)

こんな感じです。何となくイメージは掴んでいただけたんじゃないかと。

 

【Otherの使い方】意味と例文

【Otherの使い方】意味と例文

後ろに単数名詞が続いた「Another」と異なり、「Other」に続く名詞は複数形になります。

「Another」と比べて「Other」の方が、日本語訳にした時に「(何か)別の」という意味合いが強いイメージ。

ポイントは「何か」の部分で、その何かが明確ではない時に使うということをイメージしておくと理解しやすいと思います。

 

【Other】 = 【別の】

こちらもニュアンスでの理解を深めるために例文を紹介。

例文バリバリ仕事をしている個人事業主に、他の仕事もしているか聞いてみたいとき。
「何か別の仕事もしてるんですか?」 = 「Do you have other jobs?」

他の仕事をしているか聞きたい場合、その仕事が何なのかは特定できないので、ここでは「”何か”別の仕事」という意味を含みます。

 

The otherの使い方

「Other」の前に「The」を加えることで、後に続く名詞が単数形の場合は「2つのうち、もうひとつ」という意味になり、名詞が複数形の場合は「残り全て」を表すことができます。

例えばキッチンにコーラのボトルが2本あり、ひとつが満タンで、もうひとつが空の場合は次のようになります。

This coke bottle is full but the other bottle is empty.(このコーラのボトルは満タンだけど、もう一方は空です。)

 
もし、コーラのボトルが10本あって、そのうち一本だけが満タン、残り全てが空の場合は次のようになります。

This coke bottle is full but the other bottles are empty.(このコーラのボトルは満タンだけど、残り全ては空です。)

 

名詞は省略 or 置き換え可

「The + Other」の場合、その後に続く名詞は特定されている場面がほとんどなので、下記のように、名詞を「One(=の方)」や省略してしまうことも可能です。

This coke bottle is full but the other one is empty.
This coke bottle is full but the others are empty.

 

Another or Other 理解度確認クイズ

Another or Other 理解度確認クイズ

最後に、「Another」と「Other」の違いをちゃんと理解できたか、簡単なクイズを用意しましたのでトライしてみてください。(More と The other も回答の選択肢に含みますよ)回答は本記事の一番下です。

理解度クイズ

Q1. Would you like some (_____) drinks?(飲み物のおかわりはいかがですか?)
Q2. Man, this beer is so good. Give me (_____) one.(このビールヤベェぜ。もう一杯くれよ。)
Q3. Do you have any (_____) products on sale?(他のセール品はありますか?)
Q4. You should choose (_____) option.(もうひとつのオプションにした方がいいよ。)
Q5. Do you have any (_____) questions?(他に質問はありますか?)
Q6. Our schedule is behind. It’ll take (_____) three weeks.(スケジュールが遅れていて、もう3週間かかります。)
Q7. This is good but I like (_____) one better.(これもいいけど、オレはもう一つの方がいいな。)
Q8. You should eat (_____) vegetables to maintain your health.(健康のためにもっと野菜食べた方がいいよ。)

スポンサードサーチ

【まとめ】ニュアンスで覚えるのが吉

まとめ

ということで、「Another」「Ohter」の使い方はニュアンスで覚えるのが吉です。

英会話を学ぶのであれば、これに限ったことではありませんが、言語は意思疎通のためのツールなので、実際に使う時には、辞書で訳しただけの意味以外に何かしらの背景や文脈があります。

個人的には、そこをしっかりと感覚で理解できるかどうかが言語上達の分かれ道だと思うので、英会話を学ぶのであれば勉学としての英語ではなく、会話ツールとしての英語を身に付けるような心持ちで勉強することが大切ですね。

 

クイズの答え

A1. more
A2. another
A3. other
A4. another
A5. other
A6. another
A7. the other
A8. more

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top