【30個もいらないよ】SEOとWEBマーケティングの必須ツール6選【全部無料】

【30個もいらないよ】SEOとWEBマーケティングの必須ツール6選【全部無料】
ブログ分析に使える無料ツールが欲しいな。ググってみよう。「SEOの必須ツール30選!」
「WEBマーケに使えるツール50個をまとめて紹介!!」

多すぎ…

ブログを大きくしたいのならSEOツールは必須ですが、Googleで検索すると「30選」「50選」など、不必要に多くのツールを紹介しているサイトを多く目にしますが…

「ぜったいそんなに必要ない!」

SEOツールを探している人にとって、その中から本当に自分に必要なツールを選択することだけでも大変ですし、多すぎるツール紹介はあまり親切な書き方じゃないなと感じていたので、本記事では本当に使えるSEOやWEBマーケティングツールのみを厳選して紹介します。

僕も日常的に利用するツールのみを3カテゴリーで厳選しました。

3つのカテゴリー

・アクセス解析ツール
・キーワード解析ツール
・サイト解析ツール

合計で6個だけ。これだけ使いこなせれば十分です。ちなみに全て無料。

スポンサードサーチ

SEOとWEBマーケティングの必須ツール6選

SEOとWEBマーケティングの必須ツール6選

アクセス解析ツール

Googleアナリティクス

もはや説明の必要すらないくらいの有名無料ツール。サイトの全体的なアクセス解析ができるので、僕もサイト分析をする時にまず最初に開くツールです。

期間別の比較ができ、グラフで見やすく表示されるので、今週と先週でどれくらい数値が変わったのか、昨日急激にPV数が増えた要因は何なのか、数値を伸ばすためにどんな仮説を立てたら良さそうか、などを考えるために利用しましょう。

アナリティクスの使い方解説記事

 

Googleサーチコンソール

こちらもGoogleが無料で提供しているアクセス解析用ツール。アナリティクスがサイト内解析ツールなのに対して、サーチコンソールはサイト外解析ツールに相当します。

ユーザーがどんなキーワードで自分のサイトを訪れているのか、検索画面での表示順位は、その際のクリック率は、などを調べることができるので、検索上位に表示されているにもかかわらずクリック率が低いページは、タイトルかディスクリプションを修正するなどして対策をしましょう。

 

キーワード解析ツール

 

キーワードプランナー

ブログ記事執筆の際、SEOキーワードを設計するために使うのが、このキーワードプランナーです。

「キーワード設計をしていない」ということは「ブログのゴールを決めていない」と言っても過言ではなく、キーワード設計なしではブログを大きくしていくこともできません。

キーワードはSEO対策でも最重要項目なので、必ず利用するようにしましょう。SEOキーワード設計方法は【SEO中級編】4つのスキルを深堀りしよう【キーワード】にまとめていますのでご参照ください。

 

Ubersuggest

キーワードプランナーでは拾いきれないロングテールキーワードを網羅できるのが、このUbersuggest。ロングテールキーワードの重要性とSEO効果は【SEO上級編】ロングテールSEO【キーワードの探し方・効果を解説】にまとめていますのでご覧ください。

 

サイト解析ツール

SimilarWeb – トラフィックランク & ウェブサイト分析

ブログを成長させる最も効果的な手法は、競合サイトからパクれる要素をマネること。

ですので、競合サイトや気になるサイトがあったら、そのサイトのデータをチェックする癖をつけておくといいと思います。

Chrom拡張機能のひとつ、SimilarWebなら、ツールバーに表示されたマークをクリックするだけで、簡易的なサイトデータを取ることができます。無料ツールなので多少誤差もありますが、参考程度のデータ収集なら全く問題ありません。

 

MozBar

Mozbarはサイトのページやドメインの強さを調べることができます。

アドオンをインストールして有効化すると、検索画面でPA(Page Authority)とDA(Domain Authority)を調べることができるようになります。こちらも無料アドオンのなので、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

スポンサードサーチ

【まとめ】ツール6つで全て解決

まとめ

ということで、本記事ではSEOとWEBマーケティングに使える必須ツール(無料)を6つ紹介しました。

世の中にはたくさんのウェブ解析ツールが存在していますが、正直この6つを使いこなせればほぼ全てのウェブ解析は網羅できるので、これらだけ使ってればOKですよ。

ブログやサイトは記事を書いて終わり、作って終わりじゃないので、ツールを使って分析、改善を繰り返していきましょう。

それでは。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top