ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

【子テーマ用ファイルの作り方】functions.php、style.css以外はどうやって用意するの?

【子テーマ用ファイルの作り方】functions.php、style.css以外はどうやって用意するの?

WrodPressで子テーマを使いたいけど、functions.phpとstyle.css以外のファイルはどうやって作るの?

 

こんな疑問に答える記事です。

 

子テーマを作った場合にありがちな悩み

functions.phpとstyle.cssしか用意されていないことが多い

 

一般的に子テーマには「functions.php」と「style.css」しか用意されていないことが多いです。

その理由は、容量を抑えつつ絶対に必要なファイルだけに留めておくため。

とはいえ、カスタマイズの中には、他ファイルを編集しないと不可能なケースもありますよね。

そんなとき、必要なファイルを子テーマ用として複製することができれば、もう親テーマを直接編集する必要はなくなります。

というわけで、ブログをカスタマイズしたい場合、自由に子テーマ用ファイルを追加できるスキルがあるととても便利です。

本記事で初心者にもわかりやすく解説するので参考にどうぞ。

 

【自己紹介】昔の僕は子テーマを理解していなかった

アラサー男子 in L.A.

Twitterフォローしてね

ブログ歴:3年
 WordPress歴:8年
 これまでに使ったテーマの数:30個以上
 WordPressで作ったウェブサイトの数:50サイト以上
 現在はブログを書いて生活しています

 

昔の僕は子テーマ用ファイルの作り方を知らず、「functions.php」と「style.css」以外は親テーマを直接編集していました。

そのため、テーマアップデートの際にカスタマイズ内容が消えてしまい、アプデがあるたびに編集しなおしていたので、時間を無駄に消費していた時期もあります。

そんな経験から、同じ悩みを抱えている人が子テーマを自由に操れるようになってほしいと願いつつ、本記事を書いています。

 

スポンサードサーチ

【子テーマ用ファイル】「functions.php」「style.css」以外も作れます

【子テーマ用ファイル】「functions.php」「style.css」以外も作れます

さっそく本題に入りますね。

「functions.php」「style.css」以外のファイルを子テーマ用に準備する方法です。

なお、子テーマ用ファイルを作るためにはFTPクライアントというソフトウェアが必要なので、そのあたりも少しだけ解説します。

 

必須ツールを紹介する:FTPクライアント

FTPクライアントは、子テーマ用ファイルの準備に必須のツールです。

 

FTPクライアントとは

TCP/IPネットワークを経由して、自分のPCをFTPサーバーに接続し、ファイルを送受信するためのソフトウェアのこと。

PCにあるファイルをサーバーにアップロードしたり、サーバーにあるファイルをPCにダウンロードしたりするために使用します。

 

FTPクライアントはどうやって使うの?

FTPクライアントは無料で使えるものがほとんどです。

なかでも、初心者におすすめなのがFileZillaというソフトなので、この機会にインストールしましょう。

詳細は「【FileZilla完全攻略】初心者でも出来るFTPクライアントの使い方」で解説しているので、まだFTPクライアントを用意していないよという人は、この機会に合わせてどうぞ。

 

子テーマ用ファイルの作り方

FTPクライアントの準備ができたら、子テーマ用ファイルを作っていきましょう。

手順を追って解説するので、下記をご覧ください。

 

子テーマ用ファイルを作る手順:3つだけ

  1. FTPクライアントでサーバーにアクセス
  2. 子テーマ用に複製したいファイルをダウンロード
  3. 子テーマフォルダにアップロード

 

たったこれだけです。

手順ごとにスクショをつけて解説しますね。

 

1. FTPクライアントでサーバーにアクセス

まずはFileZillaでサーバー内の親テーマディレクトリににアクセスします。

 

1. FTPクライアントでサーバーにアクセス

 

アクセス先

親テーマは、[wp-content] > [themes]に格納されています。

人によって途中のディレクトリ名は多少異なりますが、僕の場合は、[pub] > [ksonoda.com] > [wp-content] > [themes]の順でたどり着きます。参考にしてください。

 

2. 子テーマ用に複製したいファイルをダウンロード

[themes]の中には、親テーマで使用しているファイルがすべて保存されているので、子テーマに複製したいファイルを一度PCにダウンロードします。

 

2. 子テーマ用に複製したいファイルをダウンロード

 

3. 子テーマフォルダにアップロード

ダウンロードしたファイルを子テーマ用のフォルダにアップしましょう。

すでに子テーマを作っている人は、親テーマと同じく[themes]に子テーマのディレクトリがあるはずなので、先ほどダウンロードしたファイルをそこにアップすれば完了です。

 

3. 子テーマフォルダにアップロード

 

まだ、子テーマを作っていない人は「【WordPressの子テーマとは】メリットと作り方を初心者向けに解説します」をどうぞ。子テーマ作りの所要時間は10分ほどです。

 

子テーマに追加したファイルを編集する

子テーマに追加したファイルは、WordPressの管理画面で編集することができます。

僕は「functions.php」「style.css」の他に、「footer.php」と「content-not-found.php」の2ファイルを子テーマフォルダにコピーしているので、[外観] > [テーマエディター]の順に進めば、ここにファイルが追加されています。

あとは好きなようにファイルをカスタマイズするだけです。

 

子テーマに追加したファイルを編集する

 

スポンサードサーチ

まとめ:子テーマファイル作成前にはバックアップを取ろう

まとめ

本記事は以上です。

子テーマ用のファイルは、FTPクライアントさえ用意すれば誰でも簡単に作ることができます。

とはいえ、サーバーに直接アクセスする必要があるので、作業前にはバックアップを取りましょう。

バックアップをとっておけば、万が一の場合も元に戻すことができるので安心です。

» 参考記事:【WordPressでバックアップを取る方法】初心者でもプラグインで対応可能

 

子テーマ用ファイルを用意して、自由なカスタマイズを楽しみましょう。

おわり。