ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

WordPressの子テーマを後から追加する方法と注意点を解説【今からでも遅くない!】

WordPressの子テーマを後から追加する方法と注意点を解説【今からでも遅くない!】

WordPressに子テーマがあるなんて知らなかった…

もう、親テーマのカスタマイズを進めちゃってるけど、もう手遅れなのかな?

後からでも子テーマってインストールできますか?

 

こんなお悩みに答えます。

結論から言いますと、WordPressの子テーマは後からでもインストール可能です。

ただし、子テーマを後から導入する場合、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

本記事で子テーマを後からインストールする方法と、その際の注意点を解説しますね。

子テーマのインストールは今からでも遅くありません!!

 

【自己紹介】僕のワードプレス歴は8年です

アラサー男子 in L.A.

Twitterフォローしてね

ブログ歴:3年
 WordPress歴:8年
 これまでに使ったテーマの数:30個以上
 WordPressで作ったウェブサイトの数:50サイト以上
 現在はブログを書いて生活しています

 

WordPressを始めたばかりの頃の僕は、子テーマがあるなんてまったく知りませんでした。

そのため、最初に使っていたテーマでは、サイトを開設してから半年後くらいに子テーマを導入した経験があります。

今、あのときの僕と同じ状況にいる人も安心してください。

後から子テーマをインストールした経験がある僕が、あのときに知っておきたかった知識を解説します。

 

スポンサードサーチ

WordPressの子テーマを後から追加する方法と注意点

WordPressの子テーマを後から追加する方法と注意点

さっそく本題に入りましょう。

 

子テーマを後から追加する場合の注意点【事前準備】

まずは、子テーマをインストールする前に注意したいポイントです。

注意したいポイントといっても、ひとつだけしかありません。

 

これだけ気をつけよう

親テーマに追加したカスタマイズをメモっておく

 

たった、これだけです。

WordPressの管理画面から、[外観] > [カスタマイズ] > [追加CSS] に追記したカスタムCSSや、[外観] > [テーマエディター]で変更したファイルなどは、子テーマのインストール前にメモを残しておきましょう。

メモを取るツールは、ノートパッド、Word、メモ帳など、なんでもOKです。

FTPクライアントが使える人は、変更したファイルをダウンロードしておくのもありですね。

FTPクライアントについては「【FileZilla完全攻略】初心者でも出来るFTPクライアントの使い方」を読んでいただくと、詳しい内容が理解できると思います。

 

メモを取る理由

親テーマのカスタマイズ内容のメモを取る理由は単純です。

 

理由:後ほど子テーマにコピーするから

 

子テーマをインストールしたら、これまでのカスタマイズ内容はそっちにコピペしつつ、親テーマのカスタマイズ内容を削除します。

なので、どこをどのようにカスタマイズしてあるかを理解できるよう、メモに残しておく必要があるというわけです。

 

後から子テーマを追加する方法

親テーマのカスタマイズをメモに残したら、子テーマをインストールしていきましょう。

手順を追って解説します。

 

子テーマインストールは簡単2ステップ

  1. 子テーマをインストールする
  2. メモした内容を子テーマにコピペする

 

1. 子テーマをインストールする

まずは、子テーマをインストールしましょう。

子テーマを後からインストールする場合も、やり方は通常と変わりません。

WordPressのテーマをインストールする方法【2つの方法を解説】」で、テーマのインストール方法を詳しく解説しているので、そちらを参考にしつつ子テーマを有効化してください。

ちなみに、子テーマはWordPressのレポジトリに登録されていません。

外部ファイルをインストールする方法を実行しましょう。

 

まだ、子テーマを準備していませんけど…

 

まだ子テーマのファイルを準備していない人は、下記の記事からどうぞ。

子テーマは誰でも簡単に作れます。

»【WordPressの子テーマとは】メリットと作り方を初心者向けに解説します

 

2. メモに残したカスタマイズを子テーマにコピペする

先述の通り、子テーマをインストールして有効化しただけでは、それまで親テーマに追記していたカスタマイズは反映されません。

ごく稀に親テーマのカスタマイズが効いていることもありますが、、、そんな場合もカスタマイズコードは子テーマにコピーしておいたほうが無難です。

親テーマはアップデートのたびに追記内容が消えてしまうので。

 

子テーマは2つのファイルしか用意されていない

基本的に子テーマには「functions.php」と「style.css」の2ファイルしか用意されていないことが多いです。

そのため、すでに親テーマの「functions.php」と「style.css」以外のファイルをカスタマイズしている場合、子テーマ用のファイルを新たに作らなければなりません。

子テーマ用ファイルの作り方は、こちらの記事で解説しているので、カスタマイズ済みのファイルは子テーマ用に作り直す必要があります。

»【子テーマ用ファイルの作り方】functions.php、style.css以外はどうやって用意するの?

 

スポンサードサーチ

まとめ:子テーマは後からでもインストールできる!

まとめ

本記事は以上です。

子テーマを後からインストールする方法をまとめました。

最初から子テーマでカスタマイズするのに比べて少しだけ作業が増えますが、親テーマの追記コードをコピペするだけなので、今かでも遅くありません。

WordPressでは子テーマを使ったほうが圧倒的にブログを管理しやすいので、ときすでに遅しと諦めるよりは、子テーマの存在に気付いた段階で対応しておくほうがおすすめですよ。

おわり。