2020年8月のブログ収益が過去最高(6桁)を記録しました。ありがとうございます。

【Googleアナリティクスの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

【Googleアナリティクスの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

男性イラスト
Googleアナリティクスってどう使うの?インストールの仕方は?使い方は?WordPressに設定したいけどどうすればいいの?

本記事では、このようなお悩みをお持ちの方に、Googleアナリティクスの基本情報から導入手順、基本的な使い方をしっかり解説します。

 

【そもそものハナシ】Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスは無料でありながら高度なサイト分析機能を備えたツールで、ブログ運営には必須です。アナリティクス無しではサイト分析は不可能でして、SEOに強いブログに育てていくためにも必ず導入しておくべきツールのひとつになります。

本記事では以下の点について順番に詳しく解説していきますので、アナリティクスを初めて使う方や、導入方法が分からず止まってしまっている方、導入はしたが使い方がいまいち分からない方は、ぜひ最後まで読み進めていただければ幸いです。

 

この記事を読むとわかること

1. 【基本情報】Googleアナリティクスで出来ること
2. 【とても簡単】アナリティクス導入から基本設定まで
3. 【便利機能満載】アナリティクスの基本的な使い方

スポンサードサーチ

【基本情報】Googleアナリティクスで出来ること

【基本情報】Googleアナリティクスで出来ること

GoogleアナリティクスとはGoogleが提供するアクセス解析ツールでして、基本利用だけなら無料で可能。一部有料機能もありますがめちゃくちゃデカいサイトを運営している場合を除いて、無料版で十分すぎる機能を備えています。

アナリティクスでは「どの記事がどのくらい読まれているか」「どこからユーザーがアクセスしているか」「一回のアクセスで何ページくらい見られているか」などを見ることができます。

 

Googleアナリティクスで分析できること

・サイトを訪れたユーザー数
・サイトのページビュー数
・ユーザーがどこから訪れているか(SNS・他のブログ・Google検索など)
・ユーザーが使っているデバイス(PC・スマホ・タブレット)
・ユーザーがサイトを訪れる時間帯
・サイト内の回遊率 / 直帰率(一回のアクセスで何ページ読まれているか)

上記データなどを分析できます。

 

Googleアナリティクスで得たデータの活用法

アナリティクスは、ブログ改善のための重要なデータを提供してくれます。

SEOで最も重要なことは「記事作成〜データ分析〜改善」の繰り返しなので、改善につながるデータがなければサイトは育っていきません。

サイトを大きくするためにも、アナリティクスは必須ということが分かりますね。

 

データを分析する〜改善する

例えば、アナリティクスで「ユーザーの使用デバイスはスマホが8割」ということがわかったとすれば、サイトのデザインや見栄えをモバイルファースト(スマホに最適化されたデザイン)にすべきですし、「6割のユーザーが夜訪れる」ということであれば、記事の更新をその時間に合わせてあげると読者のことを考えたサイトを作ることができますね。

 

改善箇所をチェックする

このようにして、サイトの問題点を見つけ出し改善を行ったのちに、改めてアナリティクスでデータを見てみると、改善策が成功だったか、あるいは少し的外れだったかを再度分析することができます。

このように、改善〜データ分析を繰り返していくことでサイトが大きく育っていきます。

 

【とても簡単】Googleアナリティクスの導入方法〜基本設定

【とても簡単】Googleアナリティクスの導入方法〜基本設定

さて、サイト分析に大変役立つアナリティクスですが、導入方法はとても簡単。

 

アナリティクスの導入手順

1. Googleアカウントを作成
2. アナリティクスに登録
3. サイトにトラッキングコードを貼る

手順は上記3ステップ。順番に解説していきます。

 

1. Googleアカウントを作成する

アナリティクスはGoogleが提供する無料ツールなので、利用にはGoogleアカウントの作成がマストになります。

ここには特別なステップは必要ないので、とりあえず普通にアカウントを作りましょう。すでにアカウントを持っている方はそのアカウントを利用することも可能です。

 

2. Googleアナリティクスに登録する

Googleアカウントを作ったら、アナリティクスのアカウント作成に移ります。アナリティクスのサインインページにアクセスし、以下の手順で進めていきましょう。

① 測定を開始をクリック

2. Googleアナリティクスに登録する-1

② アナリティクスアカウントを作成する

2. Googleアナリティクスに登録する-2

③ 設定の対象を選択する

2. Googleアナリティクスに登録する-3

④ プロパティ情報を設定する

2. Googleアナリティクスに登録する-4

上記のステップを完了すると、サイトアクセスを管理する用のトラッキングコードが発行されます。

 

⑤ トラッキングコードが発行される

2. Googleアナリティクスに登録する-5

 

3. サイトにトラッキングコードを貼る

最後にトラッキングコードをサイトに貼れば完了。本記事ではWordPressへの設置方法を解説します。

 

1. 【管理画面】外観 > テーマエディター > テーマヘッダー

下記の画像の通りですので、ご参照あれ。

1. 【管理画面】外観 > テーマの編集 > テーマヘッダー

1. 【管理画面】外観 > テーマエディター > テーマヘッダー-2

 

2. </head>タグのすぐ上に設置

コードが書かれたエリアから</head>タグを探しましょう。ほとんどの場合、上の方にあるのですぐに見つかると思います。

</head>タグを見つけたら、そのすぐ上に、先ほどのトラッキングコードをそのままコピペすればOK。

簡単ですね。

headタグのすぐ上に設置

WordPressのテーマによっては<head>タグ内にコードが書かれているケースもありますので、それらを消してしまわないように注意しながらコピペしましょう。

 

※自分のアクセスは除外しておこう

Googleアナリティクスを初期設定のまま使っていると、自分のアクセスまでカウントされてしまいます。正しいアクセス解析をするためにも、自分のアクセスはカウントされないようにしておきましょう。

 

自分のアクセスを除外するためには

ブラウザ拡張機能「Googleアナリティクスオプトアウト」を使えば解決。インストールするだけ、設定いらずでOKなので、とりあえずアドオンに追加しておきましょう。

≫ アナリティクスオプトアウトのインストールはこちら

 

【SEOに活用】Googleアナリティクス基本的な使い方

【SEOに活用】Googleアナリティクス基本的な使い方

Googleアナリティクスを導入したら、基本的に使える機能を覚えておきましょう。本記事では最低限覚えておきたい4つの重要データ確認方法を紹介します。

 

まず覚えたい4つのデータ

1. リアルタイムデータ
2. ユーザー
3. 集客
4. 行動

 

リアルタイムデータ

リアルタイムデータはその名の通り。今この瞬間にサイトを訪れている読者のデータを収集可能。このリアルタイムデータは、SNSで記事を拡散した時にどれくらい反応があるのかを確認する時などに便利です。

 

ユーザー

ユーザーデータは「サイト訪問数」「読者の年齢・性別」「ページビュー数」などを確認できるので、ブログのデザインテイスト考察や記事のアイデア考案材料に役立てることができます。

例えば、女性の読者が多いのであれば、デザインも少し女性ウケの良いものにしてみたり、モバイル端末からのアクセスが多いのであれば、モバイルファーストのレイアウトにしてみたりなど。サイト全体の方向性を決めるためにかなり役立つデータが満載です。

 

集客

集客データでは読者がどのサイトから訪れているのかを確認できます。ブログを訪れる前のユーザーデータを確認したい時は、この集客セクションでチェックしましょう。

読者がどこからアクセスしてくるのかを、専門用語で「流入チャネル」と呼びます。アナリティクスで確認できるチャネルは主に下記の通り。

 

流入チャネルの見方

・Organic Search:検索エンジンからのアクセス
・Direct:URL入力や、ブックマークなどからの直接的なアクセス
・Social:ソーシャルメディアからのアクセル
・Referral:他サイトに貼られたリンクからのアクセス
・(Other):その他
・Email:Eメールからのアクセス

 

行動

行動ではサイト読者がブログ内でどのような行動をとっているのかを確認可能でして、サイト内の全てのページのPV数やセッション数をチェックすることができます。

どのページで読者が離脱してしまったか、滞在時間の長いページはどこかを調べたり、など、サイト内で読者の行動を知ることはサイト改善ポイントを見つけるためにとても重要。

行動データを正しく読み取り、SEO内部対策に役立てましょう。

スポンサードサーチ

【まとめ】Googleアナリティクスは入れておこう

まとめ

ということで本記事のまとめです。

Googleアナリティクスは設置も難しくありませんし、ブログやサイトを大きくしていきたいなら必須のツール(しかも無料)なので、サイト立ち上げと同時にすぐに設定しておきましょう。

アドセンスと違い審査もありませんので、誰でもすぐに設定できます。

データを集めてしっかり分析し、SEO対策に役立てたいですね。

 

サーチコンソールも一緒に覚えておくともっと便利です

アナリティクスを100%活用するためには、サーチコンソールとの連携がマストです。

サチコの詳しい解説、アナリティクスとの連携方法などはこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

【Googleサーチコンソールの使い方】導入から基本的な使い方まで解説 【Googleサーチコンソールの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

 

それでは。