【SEO】被リンク アクセスアップ術【nofollow / dofollowとは】

【SEO】被リンク アクセスアップ術【nofollow dofollowとは】

ブログをやっている人なら誰でも喉から手が出るほど欲しい被リンク。

この記事ではSEO効果のある被リンクを解説。
被リンクの種類とSEO効果、対策についてまとめています。

せっかくブログを書いても、誰も見に来てくれなければやる気も半減してしまいます。
上手に被リンクを獲得してアクセスアップを目指しましょう。

スポンサードサーチ

【ブログアクセスアップ】なんでSEO被リンクが必要なの?

【ブログアクセスアップ】なんでSEO被リンクが必要なの?

ブログのアクセスアップにはどうしてSEO被リンクが必要なの?

まずはこの疑問に対してお答えします。まずはGoogleが掲げる10の真実をご覧ください。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

参照:Google が掲げる 10 の事実

 

冒頭ではっきりと明記されていますね。

SEO対策=Google評価対策

Googleが被リンクを評価しているなら、それはSEOを考えるうえで大切な要素ということです。

 

【被リンクの注意点】適当に貼るのは逆効果

なお、いくらSEO効果があるからといって、適当にリンクを貼るのは逆効果です。

・ブログにある程度のアクセスがある
・リンク元、リンク先が関連したトピックである

この条件だけは必ず満たしていないと、不自然なリンクとしてペナルティ対象になり逆効果です。

 

【被リンクの種類】nofollow / dofollowってなに?

【被リンクの種類】nofollow dofollowってなに?

リンクには「nofollow」と「dofollow」の 2種類があります。違いは以下の通り。

「nofollow」 = 検索エンジンが「評価しない」リンク【SEO効果なし】
「dofollow」 = 検索エンジンが「評価する」リンク【SEO効果あり】

 

どうして「nofollow」リンクなんてあるの?

どうして「nofollow」リンクなんてあるの?
どうせなら、全部のリンクを評価してくれればいいのに…

そう思いますよね。なぜ世の中にはnofollowリンクなどという煩わしいものがあるのでしょうか。

その理由のひとつが、個人レベルでリンクの設置が可能になったからです。

個人が簡単に記事をシェアできる時代になり、自分のサイトをそこら中に貼り付けるインチキSEO行為が横行したことで、「個人が適当に貼ったリンクじゃ評価はできないよー(これがnofollow)」という措置がとられました。

まあ当然といえば当然ですね。SEOでインチキは通用しません。

 

【全部無料】dofollowの被リンクが獲得できるサイト

nofollowのリンクはSEO効果がないので、被リンクはdofollowのものを獲得できるようにしましょう。
ここからは、dofollow形式で被リンクが獲得できるサービスを紹介します。

 

ブログサービス

無料ブログサービスは、サテライトブログとして活用することができます。
nofollowにならないうえ既存ユーザーも多いので、ここから被リンクを獲得できれば大きな効果が見込めます。

Tumblr

Tumblr(タンブラー)はSNSとブログ、ソーシャルブックマークなどを統合した無料サービスです。
ポートフォリオサイトとして多くのデザイナーが使っていることでも知られていますね。

基本的にFacebookやTwitterなどSNSからの被リンクはnofollowになるのですが、Tumblrだけはdofollowです。
まだアカウントを作っていないというブロガーは今すぐ開設しましょう。
https://www.tumblr.com

アメーバブログ

ユーザー数も多く、ジャンルも様々な巨大ブログサービス。アメブロ。
https://www.ameba.jp/

FC2ブログ

ソースコードがいじれるFC2ブログ。ディープなブロガーがいる点が特徴です。
https://blog.fc2.com/

はてなブログ

アドセンスも使えるはてなブログ。WordPressの代わりに、はてなでブログ運営している方も多いです。
https://hatenablog.com/

livedoorブログ

ライブドアブログもアドセンスが使えることで有名。
http://blog.livedoor.com/

 

ブックマークサービス

アカウントを作るだけで使えるブックマーク系サービスもdofollow被リンクを獲得するのに役立てたいサービスです。
アカウントを作るのは一瞬なので、チェックしておいて損はないはず。

はてなブックマーク

日本で最も有名なソーシャルブックマークサービスのひとつ。
ここに来れば世の中のトレンドがわかるので、被リンク目的以外でも、ブログアイデアのヒントなど何かと役立つはずです。
https://b.hatena.ne.jp

楽天Social News

こちらは楽天が運営するキュレーションサービス。
ユーザーは気に入った記事をシェアすることができます。
https://socialnews.rakuten.co.jp/

NAVERまとめ

ご存知「まとめ界のキング NAVER」。
ここで紹介されれば拡散力はかなりのものです。
https://matome.naver.jp/

 

Q&Aサービス

誰でも一度は使ったことがあるQ&Aサービスもdofollowの対象です。
質問に対する回答内でリンクがシェアされることがあります。

Yahoo!知恵袋

説明するまでもなく、日本人なら誰でも知ってるQ&Aサービス。
仕事合間の暇つぶしに見ている人も多いはず。
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

教えて!goo

Yahoo!知恵袋までではないですが、こちらも国内大手のQ&Aサービスです。
https://oshiete.goo.ne.jp/

OKWAVE

こちらも大手。年間7,000万人が利用する日本発、最大級のQ&Aサイトです。
https://okwave.jp/

 

【ブラックハット】自分で貼ってもOK ※ただし自己責任

以上のサイトで被リンクを獲得できれば、アクセスアップはもとより検索エンジンからの評価も見込めます。

NAVERまとめで誰かがあなたのブログをまとめ記事にしてくれれば最高ですが、そもそも誰の目にもつかないのであればシェアされるのは至難の業。

そんな時は自分で自分のブログリンクを貼ることもできます。2019年9月現在では効果ありです。
(ただし自己責任。理由は後述)

 

ぼくがブラックハットをおすすめしない理由

このような自作自演をSEO業界ではブラックハットと言いますが、ぼくはこのやり方はおすすめしません。

たしかに被リンクはSEOにおいて大きな力を持つ要素なのは事実だし効果はあるけど、SEOを被リンクに頼りすぎるのは危険です。Googleのアルゴリズムはアップデートを繰り返していますし、nofollowという概念ができたように、今はdofollowの被リンクもそのうち効果が薄れるときが来るはずです。

数あるSEO対策のひとつとしてブラックハットを検討するのはいいですが、そこに全力を注ぐのはやめましょう。

SEOはあくまでホワイトに進めていくほうが長期的な効果を見込めます。

スポンサードサーチ

結論:ホワイトハットで被リンクを増やそう

まとめ

ということで結論です。

dofollowの被リンク獲得はSEO対策では有効です。自分でリンクを貼ることもできます。ただし、そこに頼りすぎるのはやめましょう。

SEOで戦うためには、あくまでもホワイトに。いいコンテンツ(読者がシェアしたくなる記事)を書いて、内部リンクでサイト内回遊率をあげることが一番なので、内部対策とSEOライティングに全力を注ぐことをおすすめします。

 

内部対策・ライティングの理解に役立つ記事

 

記事のまとめSEOにおいて被リンクは重要かつ有効
nofollow / dofollowの違いを理解する
獲得すべきはdofollow
無料ブログ/ ブックマーク / Q&Aサイト を知る
ブラックハットもOK(けど自己責任)
ホワイトハットで被リンク獲得を目指すべき

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top