2020年8月のブログ収益が過去最高(6桁)を記録しました。ありがとうございます。

【OPTとは】アメリカ留学から就職を目指す方法【申請条件・手続きを解説】

【OPTとは】アメリカ留学から就職を目指す方法【申請条件・手続きを解説】

アメリカで働いてみたいな。
その前に留学しなきゃ。
語学留学のあと、アメリカで就職できるのかな。

 

本記事では、アメリカで働けるOPTという制度をわかりやすく解説します。

本来、いくつかある就労ビザのうちどれかを所得しない限り、アメリカで働くことはできませんが、OPTを使えば、学生ビザで滞在していても合法的に働くことができます。

アメリカの大学に進みたい、将来アメリカで就職したい、という夢があるならOPT制度についてぜったい知っておくべき。

本記事を読めば、OPTの申請条件から手続きまで、全てがわかります。

 

僕の経歴

本題に入る前に、僕の経歴を簡単に紹介しておきます。

2014年:単身アメリカへ。現地で生活しているうちにMBA(経営学修士)取得の重要性を知る
2017年:思い立って学生に転身、ロサンゼルス郊外のビジネススクール(大学院)に入学
2019年:晴れてビジネススクール卒業。MBAの学位とともにOPT取得

 

僕もOPT取得経験者なので、本記事の内容はある程度信頼していただけるんじゃないかなと思います。

 

OPTとは?何それおいしいの?

OPTの正式名称は「Optional Practical Training(オプショナル プラクティカル トレーニング)」と言いまして、アメリカの短大、大学、大学院の学生として修学課程に在学中、または満了した後に就労することができる制度です。

アメリカで大学留学をした後に現地で働いている日本人の多くはこのOPT制度を利用していて、「留学」→「就職」のロードマップを進んでいきたい人にはおすすめのプログラムです。

スポンサードサーチ

 

【OPTとは】アメリカ留学から就職を勝ち取るための基礎知識

【OPTとは】アメリカ留学から就職を勝ち取るための基礎知識

【留学生は働けない】学生ビザによる制限

留学生として学生ビザ(F-1 VISA)でアメリカに滞在している場合、一般企業で働くことはできません。もちろんバイトもできないので、お金には本当に苦労します。

 

OPTなら合法的にどこでも働ける

就職やバイトができない留学生でも、在学中、または卒業後に働ける条件がありまして、その時に与えられるのがOPTステータスです。

専攻分野に関連した職種でおこなう企業研修という名目の制度ですが、留学からアメリカ現地採用につなげることがができるので、将来アメリカで働きたいと考えている留学生にはありがたい制度ですね。

 

OPTの種類

OPTには2つの種類があります。下記の通り。

 

2種類のOPT

・Pre-Completion OPT →在学中に働けるOPT
・Post-Completion OPT →卒業後に働けるOPT

 

違いや特徴をそれぞれ解説します。

 

在学中に働ける【Pre-Completion OPT】とは

Pre-Completion OPTを取得した場合、授業がある学期中は週20時間まで働くことが可能でして、夏休みなどの長期休暇中は週40時間まで働くことができます。

 

卒業後に働ける【Post-Completion OPT】とは

Post-Completion OPTは、学校を卒業した後にもらえるOPTでして、こちらはいきなりフルタイム(週40時間まで)働けるようになります。大学や大学院を卒業後、留学生の多くが取得する一般的なステータスです。

 

OPTは学位ごとにもらえる

OPTのステータスは学位レベルごともらうことができます。

つまり、短大から大学院まで通うケースでは、最大で3回のOPTが可能ということ。(下記参照)

 

OPTは最大3回まで取得できる

【1回目】短期大学(コミュニティカレッジ)で2年間勉強をして短大卒の資格(準学士号)を取得してから1年間のOPTで働く
【2回目】4年制大学卒業後(学士号)1年間のOPTで働く
【3回目】大学院に進学して修士号を取得してから1年間のOPTで働く

 

こんな感じで、学位ごとに毎回OPTを取得することが可能。

また専攻を変え続けてずっと学生を貫き通す場合は、その都度新しいOPTを申請できます。

ま、あまり現実的ではありませんが…。

 

【OPTの注意点】働ける期間を最大限利用するために

上記のように、合法的に1年間の就労ステータスがもらえるOPTですが、ひとつ大きな注意点があります。

 

「Pre-Completion OPT」と「Post-Completion OPT」は合計して最大1年間

 

つまり、在学中に「Pre-Completion OPT」で半年働いた場合、卒業後にもらえる「Post-Completion OPT」は1年ではなく、6ヶ月になってしまうということです。
なので、学校卒業後にしっかりと働いてアメリカ永住につなげていきたいのであれば、「Pre-Completion OPT」は使わず、卒業後まで期間を取っておいた方が得策です。

 

OPTを取得するとOPTカードがもらえる

OPTカード

【実物】OPTカード

OPTを申請し受理されるとOPTカードがもらえます。
仕事中に常時持っていなければならないわけではありませんが、このカードがOPTを取得したというステータス証明ですので管理には要注意。
パスポートやビザの書類と一緒に大切に保管しましょう。

OPTの申請条件と取得手順

OPTの申請条件と取得手順

OPTを申請する際の条件

OPTの申請条件は下記の通り。

 

OPTの申請条件

・学生(F-1)ビザで1年以上就学している
・学位(准学士号、学士号、修士号)が取得できるような学校に通っている(語学学校は申請不可)

 

この2つの条件さえクリアしていれば、OPTの申請は可能です。

 

【OPT取得条件】残念なお知らせ

質問してる人

語学学校に留学した後、OPTは取れますか?
残念ながら、語学学校は学位が取得できないのでOPTの申請はできません。

アラサー男子 in L.A.

 

【悲報】語学学校を卒業してもOPTは取れません

残念ながら、語学学校で英語を勉強しているだけではOPTの取得はできないので、アメリカが認める短大以上の学校で学位取得が必須です。

語学学校から短大に編入は可能なので、まずはそこから目指すことをおすすめします。

 

OPT取得までの手順

OPT取得までの手順は大きく分けて下記の4ステップ。

 

OPT取得の4ステップ

1. OPTの申請をする【卒業の2−3ヶ月前がベスト】
2. 雇用先を見つける【就活】
3. OPTカードが届く
4. 就労先から書類を提出する

 

上記の手順を卒業前の2~3ヶ月の間に済ませれば、卒業後にすぐOPTを開始できます。

 

1. OPTの申請をする【卒業の2−3ヶ月前がベスト】

OPTを申請してから受理されるにには最長90日間かかるので、卒業の2ヶ月から3ヶ月前に始めるのがベスト。

学校を卒業してからビザなしでアメリカ国内に滞在できる期間は60日間なので、卒業ギリギリで申請を開始した場合、それまでに間に合わない可能性があるからです。

何ごとも余裕を持って進めるほうが安心ですよね。

 

OPTの申請に必要な書類

OPT申請時に提出する書類は下記の通り。

 

・I-765 → OPT申請用の書類
・I-20 → 学校から発行される在学証明書
・I-94 → アメリカ出入国記録
・OPTカード用の証明写真
・パスポートのコピー
・学生ビザのコピー
・申請費用 $410(2020年3月現在のコスト)

 

上記をアメリカ合衆国国土安全保障省(U.S. Department of Homeland Security)あてに送れば申し込みは完了です。

 

2. 雇用先を見つける【就活】

申請書類を提出したら、卒業までの間に就活をしましょう。

アメリカにもリクナビみたいな就活用サイトがあるので利用したり、indeedで探したり、飛び込みで就労先を探したり、方法はたくさんあります。

OPTカードが発行されてから90日以内に仕事が見つからなければ、OPTステータスは無効になってしまうので、早めに見つけておいた方が安心ですよ。

 

レジュメ(履歴書)は作っておこう

就活にはレジュメが必須です。

カバーレターとともに希望の就職先に提出する必要があるので、この時期までに作っておくと就活がスムーズです。

 

【英語の履歴書】レジュメの書き方解説しています

英語で履歴書書けますか?レジュメの書き方解説【無料テンプレート配布】 英語で履歴書書けますか?レジュメの書き方解説【無料テンプレート配布】

 

3. OPTカードが届く

申請が受理されたら、OPTカードが郵送されてきます。

僕の場合は90日ギリギリくらいかかりましたが、同時期に申請した友人は30日とかで届いた人もいます。

 

4. 就労先から書類を提出する

OPTカードが届いたら、OPTの受け入れ先企業からのオファーレター(就職を証明する書類)とOPTカードのコピーを学校に提出して手続きは完了です。

OPTの受け入れ先が決まったら、オファーレターを書いてもらえるように受け入れ先企業にお願いしておくといいですよ。

 

だいたいの流れは上記の通りでして、どの学校も大きな違いはないと思いますが、細かい部分に関しては修学先の学校によって異なる場合もあるので、学生センターなどで確認することをおすすめします。

スポンサードサーチ

 

アメリカ留学→就職→永住は夢じゃない

将来アメリカに住んでみたい、留学して就職してみたいと考えている方は、さっそく行動に移してみましょう。

どれだけネットで情報を調べても、実際に行動から得られる体験に勝るものはありませんので。

日本からでもアメリカの留学先を探せるサイトや紹介サービスはたくさんあります。

無料相談に申し込んだり、経験者の意見を聞いたりするだけで、夢が現実的な目標になったり、今やるべきことが見えてくるはずです。

 

アメリカ留学相談ができるサイト

アメリカ留学相談ができるサイトなら スマ留 が断然おすすめ。

なんと、費用が他の留学サポート会社と比べて最大半額です。

相談無料なので「まずは話だけでも聞いてみたい」という方でも安心して申し込みできます。

> スマ留なら、従来の費用の最大半額!

 

「留学」→「OPT」のロードマップでアメリカ生活を楽しみましょう。

それでは。