ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

WordPressのテーマをダウングレードする方法【アップデートで不具合が出たときの対処法】

WordPressのテーマをダウングレードする方法【アップデートで不具合が出たときの対処法】

テーマをアップデートしたら、プラグインが動かなくなっちゃった…困ったなぁ…。

このまま、プラグインが更新されるのを待つしかないのかな…。

プラグインがアプデされなかったらどうしよう?もしかして、ずっと解決できないの?

 

こんなお悩みに応える記事です。

WordPressのアップデートによって、プラグインに不具合があった場合、そのプラグインは更新される可能性が高いです。

しかし、テーマは星の数ほどあります。それぞれのテーマ更新に合わせて、その都度プラグインがアプデしてくれることはありません。

そんなときに役立つのが、テーマのダウングレードという手法になります。

 

本記事では、テーマをダウングレードする方法を2つ紹介します。

「テーマをダウングレードしたいけど、やり方がわからない」とお困りの人はぜひ参考にしてください。

 

スポンサードサーチ

WordPressのテーマをダウングレードする【2つの方法】

WordPressのテーマをダウングレードする【2つの方法】

さっそく本題に入りますね。

テーマをダウングレードする方法は下記の2通りです。

 

テーマをダウングレードする方法

  • プラグインを使う
  • 過去バージョンを再インストールする

 

ひとつずつ解説します。

WordPressのレポジトリに登録されているテーマを使用している場合は、プラグインで対応可能ですよ。

 

方法その①:プラグインでテーマをダウングレードする

使用するプラグインは「WP Rollback」になります。

 

WP Rollback

 

「WP Rollback」を使えば、レポジトリに登録されている公式テーマやプラグインを、お好きなバージョンにダウングレードすることが可能です。

 

レポジトリとは

レポジトリとは、WordPressのデータベースみたいなものです。

[外観] > [テーマ] > [新規追加]で検索可能なテーマや、[プラグイン] > [新規追加]でインストールできるプラグインは、レポジトリ登録されているものになります。

いっぽうで、テーマの配布元サイトから購入したりして、手動アップロードが必要な場合は、レポジトリ登録されていない非公式のものになります。

 

「WP Rollback」の使い方(ほぼ、有効化するだけ)

まずは「WP Rollback」をインストールして有効化しましょう。

プラグイン有効化の方法がわからない場合は、「プラグインをインストールする方法【WordPress初心者向けに解説します】」をどうぞ。

 

使い方と言っても、ほぼこれだけです。

あとは、[外観] > [テーマ] からダウングレードしたいテーマを選び、バージョンを指定してロールバックするだけでOKです。

参考までにスクショを貼っておきます。

「WP Rollback」の使い方(ほぼ、有効化するだけ)

「WP Rollback」の使い方(ほぼ、有効化するだけ)_2

 

方法その②:過去バージョンのテーマを再インストールする

2つ目の方法は“過去バージョンのテーマを再インストールする”です。

こちらも慣れれば簡単ですし、確実な方法なのでこの機会に知識を身につけておくといいと思います。

手順は、①過去バージョンのテーマをダウンロードする②ダウンロードした過去バージョンテーマをアップロードする。たったこれだけです。

 

テーマ(過去バージョン)のダウンロード方法

  1. テーマの配布元ページで使用中テーマを探す
  2. [開発ログ]をクリックし、ダウングレードしたいバージョンを探す
  3. [ダウンロード]を右クリックし、URLをコピー
  4. URLを新規ウィンドウに貼り付けて、バージョン名を変更し保存

 

スクショ付きで解説します。

 

手順1. テーマの配布元ページで使用中テーマを探す

手順1. テーマの配布元ページで使用中テーマを探す

まずは、テーマの配布元ページに行きましょう。

レポジトリ登録されているテーマであれば、WordPress.org:テーマ一覧から探すことが可能です。

外部テーマを使用している場合は、テーマの配布元をご参照あれ。

 

手順2. [開発ログ]をクリックし、ダウングレードしたいバージョンを探す

手順2. [開発ログ]をクリックし、ダウングレードしたいバージョンを探す

 

テーマ配布ページの下のほうに、[開発ログ]というリンクがあるので、それをクリックします。

 

ダウングレードしたいバージョンを探す

 

上記の通り、過去バージョンの履歴が表示されるので、ダウングレードしたいバージョン履歴の数字を覚えておきましょう。

エラー対処のために、一時的にテーマをダウングレーとしたいなら、最新Ver.のひとつ前の数字でOKです。

上図の場合だと、最新バージョンは1.4なので、そのひとつ前の1.3ということになります。

 

手順3. [ダウンロード]を右クリックし、URLをコピー

手順3. [ダウンロード]を右クリックし、URLをコピー

 

もう一度、テーマ画面に戻って、ダウンロードボタンを右クリック、「URLをコピー」を選びます。

 

手順4. URLを新規ウィンドウに貼り付け、バージョンを書き換えて保存

手順4. URLを新規ウィンドウに貼り付け、バージョンを書き換えて保存

 

コピーしたURLを新規ウィンドウで開き、バージョン名の数字だけを書き換えて、Enterをクリックすると、ダウンロードが始まります。

 

変更前:https://downloads.wordpress.org/theme/twentytwentyone.1.4.zip
変更後:https://downloads.wordpress.org/theme/twentytwentyone.1.3.zip

 

こんな感じですね。

 

テーマ(過去バージョン)のアップロード方法

ダウンロードした過去バージョンのテーマは、WordPressの管理画面からアップしましょう。テーマファイルのアップロード方法は下記記事をどうぞ。

» WordPressのテーマをインストールする方法【2つの方法を解説】

 

スポンサードサーチ

まとめ:落ち着いて対処しよう

まとめ

本記事は以上です。

ぶっちゃけ、WordPressを使用していて、テーマをダウングレードする場面はほとんどありません。

ダウングレードが必要な場面に遭遇したということは、何かしらトラブルがあった場合が99%だと思います。

トラブルは焦って解決しようとすると、どんどん深みにハマっていくので、まずは落ち着いて対処することを心がけましょう。

おわり。