【wwwあり・なし?】サイトのURLは統一しよう【SEO】

先日こんな質問を受けました。

サイトのURLってwwwのあり・なしどっちがいいの?
てか、あり・なしでどう違うの?

 

結論、どちらでも良いですが、統一することが大事です。

ということで、今日はwwwのあり・なしを統一させる方法をご紹介します。

スポンサードサーチ

wwwのあり・なしを統一したほうが良い理由

wwwのあり・なしを統一したほうが良い理由

まずは、なぜ統一したほうが良いのかを軽くご説明します。

https://ksonoda.com
https://www.ksonoda.com

この2つは実際に開くと同じ見た目をしていますが、サーチエンジンは別サイトとして認識してしまいます。

なので、両方のサイトにPV数が分かれてしまうと、SEO的によろしくないので、統一したほうが良いということになります。

 

wwwをつけたからといって得られるメリットはないので、URLを簡潔に覚えてもらいやすくするには、wwwなしの方が良いとも言えます。

 

自分のサイトが統一されているか調べる方法

自分のサイトがwwwあり・なしのどちらかに統一されているかを調べる方法があるのでご紹介しておきます。

Googleのサーチボックスで「site:wwwなしドメイン」を検索するだけです。

すると、検索結果にwwwあり or なしが表示されますされるので、自分のサイトがサーチエンジンでどのようにインデックスされているかわかります。

どちらか1つで統一されていれば問題ありませんが、もし両方でインデックスされていたらSEO的には要注意です。

 

wwwのあり・なしを統一する方法

wwwのあり・なしを統一する方法

 

WordPressで統一するのは簡単

もし、あなたが、WordPressでサイト運営をしているのであれば、設定は簡単です。

ダッシュボードから、「設定」>「一般」をクリックし、「WordPressアドレス・サイトアドレス」のボックス内を統一するだけ。

以上です。

 

.htaccessファイルで統一する方法

.htaccessファイルに専用コードを記述することで、「301リダイレクト」による統一が可能になります。

なんでも良いので、テキストエディタを使って下記コード記述し、サーバーにアップするだけです。

 

注)ksonoda.comの部分は、ご自身のサイトURLに書き換えてください。

 

.htaccessファイルに記述した設定をどこまで反映させるのかは、.htaccessファイルをアップロードした場所によって調整することができます。

サイト全体に反映させたいときは、最上位ディレクトリ内に設置してください。

 

.htaccessに関する情報はこちらをどうぞ。

≫ 【.htaccessとは】作成方法と隠しファイルの開き方まで解説

 

まとめ

まとめ

今日は以上となります。

wwwはあり・なしどちらでも良いですが、どちらかに統一するという所には注意してください。

では。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top