ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

XMLサイトマップを作るメリット【SEO効果や設置する理由にも言及】

XMLサイトマップを作るメリット【SEO効果や設置する理由にも言及】

XMLサイトマップって何ですか?

SEOに関係ありますか?

 

こんな疑問に答えます。

結論から言えば、XMLサイトマップにはメリットがあります。しかし、直接的なSEO効果はありません。

それでも、絶対に設置したほうがいいです。本記事で深掘り解説するので参考にどうぞ。

 

本記事を読むとわかること

  • XMLサイトマップとは何か?
  • XMLサイトマップがSEOに重要な理由
  • XMLサイトマップファイルの作り方
  • XMLサイトマップの送信方法

 

なお、本記事ではXMLサイトマップの作り方は解説しません。XMLサイトマップの作り方やサーチコンソールに設定する方法は下記の記事をどうぞ。

» XMLサイトマップとサーチコンソールの設定方法【WordPress】

 

スポンサードサーチ

XMLサイトマップとは【SEO効果は無いようで有る】

XMLサイトマップとは【SEO効果は無いようで有る】

そもそも、XMLサイトマップとはどういった目的で設置するものなのか、なぜSEO効果が無いようであるのか、その辺りについて解説していきます。

 

XMLサイトマップとは【何のためのファイルか】

XMLサイトマップとは、WEBサイト内にあるそれぞれのページ情報がまとめられたファイルのこと。

URL、公開日、更新日、更新頻度などが、Googleのクローラー向けに記載されています。

クローラーが読み取るためのファイルなので、サイトを訪れた読者の目に触れることはありません。

 

XMLサイトマップが必要なサイト

XMLサイトマップを設置したほうが良いサイトとして、Googleは下記のように述べています。

 

  • サイトのサイズが非常に大きい。その場合、新しいページや更新されたばかりのページの一部が Google のウェブクローラによるクロール対象から漏れることがあります。
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。サイトのページがうまく相互に参照されていない場合でも、サイトマップに含めることで Google がページの一部を見落とさないようにできます。
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。
  • サイトに動画や画像などのリッチメディア コンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている。サイトマップがあれば、状況に応じて Google 検索でサイトマップからの追加情報が考慮されます。

引用元:サイトマップについて

 

とはいえ、これに当てはまっていないサイトであっても、XMLサイトマップは作ったほうが良いです。

XMLサイトマップに関して、より深く掘っていきたいと思うので、引き続き下記をどうぞ。

 

XMLサイトマップの保管場所・ファイル名

XMLサイトマップを格納する場所は、常にトップディレクトリです。

そして、XMLサイトマップのファイル名には、特に指定はありません。拡張子が .xml であれば何でもOKです。

よくあるのが、sitemap.xml という名前ですね。わかりやすいので、基本はこれで問題なしです。

 

まぁ、このあたりはゴリゴリにサイトを作る人以外、あまり必要のない情報なので、「ふーん。そうなんだ。」くらいの温度感で知ってもらえれば大丈夫です。

 

XMLサイトマップとクローラーの関係性

検索エンジンの仕組みを知ってサイトを最適化しよう【SEOの基礎知識】で解説している通り、Googleは、①クローリング、②インデックス、③ランキングという3つの手順を踏んでいます。

そのとき、クローラーが目印にしつつ情報を持ち帰るためのヒントになるのが、XMLサイトマップになります。

クローラーが一度サイトを訪れると、内部リンクを巡りつつ全体を巡回していくのですが、ここで内部リンクが貼られていない記事があると孤立してしまい、ページの存在をクローラーに気づいてもらえません。

しかし、XMLサイトマップがあれば、そういった孤立ページもしっかりと巡回してもらえるようになります。

 

XMLサイトマップはSEOに効果があるのか

本記事の冒頭にも述べた通り、XMLサイトマップを設置したからといって、直接的にSEO効果があるとは言えません。

しかし、クローラーの呼び込みを早め、サイト内隅々まで巡回してもらえるという意味では、間接的にSEO効果が期待できます。

ページを検索上位に表示させたいなら、まずはGoogleにその存在を知ってもらわないといけませんからね。

 

XMLサイトマップはランキングに効果あり【証明済み】

ちなみに、XMLサイトマップを設置することで、インデックス、ランキングが早まるのは証明されています。

 

The experiment was to see if submitting a Sitemap to Google and Yahoo would decrease the time it took Google to crawl and index the page.  The results for this blog were amazing!  When a Sitemap was submitted the average time it took for the bot to visit the new post was 14 minutes for Google and 245 minutes for Yahoo.   When no Sitemap was submitted and the bot had to crawl to the post, it took 1375 minutes for Google and 1773 for Yahoo.   The averages were calculated on 12 different posts, 6 with Sitemaps being submitted, and 6 with the Sitemaps not being submitted.

引用元:Do Sitemaps Affect Crawlers?

 

上記は、世界最大級のウェブマーケティング会社Mozが発表しているXMLサイトマップの効果です。

こちらを日本語訳しました。下記をご参照あれ。

 

サイトマップをGoogleとYahooに送信することで、Googleがページをクロールしてインデックスに登録するのにかかる時間が短縮されるかどうかを確認する実験をしました。結果は素晴らしかったです!サイトマップが送信された場合では、クローラーが新しい投稿にアクセスするのにかかった平均時間は、Googleで14分、Yahooで245分でした。サイトマップが送信されなかった場合では、Googleでは1375分、Yahooでは1773分かかりました。12の異なる投稿(6つはサイトマップ送信・6つはサイトマップ送信なし)で試した結果です。

 

GoogleもXMLサイトマップ送信を推奨している

ちなみに、GoogleもXMLサイトマップの送信を推奨しています。

 

サイトマップを送信することは、サイトを最適化する上で重要な要素の一つです。サイトマップを送信することで、あるサイトに存在するすべての URL を検索エンジンが発見できるようになり、ページの内容が変更された時に素早くダウンロードすることが可能になります。

引用元:XML サイトマップと RSS/Atom フィードのベストプラクティス

 

スポンサードサーチ

まとめ:XMLサイトマップはメリットしかない

まとめ

本記事は以上です。

結論、XMLサイトマップにはメリットしかありません。

作らないといけないわけでもないし、直接的なSEO効果があるわけでもありません。

しかし、XMLサイトマップによって、クローラーにサイトの情報を正しく伝え、インデックスを早めることができます。

それはつまり、間接的なSEO効果が期待できるということなので、まだ設置していない人は、XMLサイトマップとサーチコンソールの設定方法【WordPress】を参考にしつつ、今すぐ対応をどうぞ。

おわり。