403エラーが出てしまう原因と対処法【WordPress】

403エラーが出てしまう原因と対処法【WordPress】
ある日、自分のブログにアクセスしようとしたら、こんな表示がされていた。
403 Error
現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。

 

今日は、そんな方のために、403エラーの原因と解決方法をお伝えしていきます。

ブログに限らず、WordPressでサイト運営している方なら、どれかの方法で解決することができるはずです。

 

【403エラーとは】メッセージの意味を知ろう

【403エラーとは】メッセージの意味を知ろう

そもそも、403エラーとはなんなのでしょうか。

まずはそこから解説していきましょう。

403エラーとは簡単にいうと、『ページを見る権限がない時のエラー表示』です。

つまりは、『あなたがお探しのページはネット上に存在してるけど、アクセスが禁じられているから表示できませんでしたよ』ということ。

アクセスにIP制限をかけることで、特定の個人から、スマートフォン、特定のWi-fiから接続出来ないように設定することもできるので、
セキュリティ強化のために、実施しているサイトもあります。(機密事項取扱サイトなど)

 

でも、普通にブログやサイト運営している場合であれば、まずIP制限などをかけることはないので、何かしら他の原因があるはずです。

「そもそも、そんな設定した覚えないし…」

そんな人が、ほとんどでしょう。

 

ということで、ここからが403エラーの原因と対処方法の解説になります。

 

403エラーのよくある原因

403エラーのよくある原因

403エラーの主な原因をまとめます。

・DNS(ネームサーバー)設定が不適切
・.htaccess設定が不適切
・WAF設定が不適切
・パーミッション(権限・属性)設定が不適切
・なんらかの理由によりサーバー側で制限をかけている
・サーバー障害やメンテナンス

 

403エラーの解決方法

403エラーの解決方法

パーミッション(権限・属性)設定が不適切だった場合の対処法

実際に僕も一度403エラーが表示されたことがありまして、原因を調べたところ

・パーミッション(権限・属性)設定が不適切

が元で引き起こされていることがわかりました。

 

通常、独自ドメインを取得すると、その所有者確認のため、購入から約2ヶ月以内に権限設定をしなければなりません。

だいたいの場合は、ドメイン購入時に登録したメールアドレスに確認用のメールが届くので、
そのURLをクリックするだけという簡単なフローなのですが、僕はこの登録メールアドレスをタイプミスしてしまっていたという、
非常に情けない理由で、確認メールが届かず、見落としてしまっていました。

 

『昨日まで普通にサイトを運営できていたのに、日付が変わったら403エラーが出た』
『パーミッション確認をした覚えがない』
『パーミッション確認用のメールが届いていない』
『そういえば、ドメイン取得からちょうど2ヶ月くらいだ』

 

そんな方は、僕と同じ原因で403エラーが引き起こされている可能性もあるので一度チェックしてみましょう。

 

DNS設定が不適切

僕みたいに登録用メアドを打ち間違えるという初歩的なミス以外で、最も多いのはDNS設定が不適切なケースだと思います。

DNS(ネームサーバー)設定が不適切だった場合、ネットワークエラー表示になることもありますが、その場合も同じ方法で解決することができます。

 

DNS(ネームサーバー)設定は、運用サーバーに合わせて作業する必要がありますので、主なサーバー会社の設定方法をまとめておきたいと思います。

 

【サーバー会社別】DNS(ネームサーバー)設定

XSERVER(エックスサーバー)

≫ XSERVERでDNS設定を行う

 

ロリポップ

≫ ロリポップでDNS設定を行う

 

お名前.com

≫ お名前.comでDNS設定を行う

 

さくらインターネット

≫ さくらインターネットでDNS設定を行う

 

DNS(ネームサーバー)設定を終えたら

各サーバー会社の方法に合わせて、DNS設定を終えたら、反映されるまでしばらく待ちましょう。

サーバー会社の注意書きには、「最大72時間かかります」という表記が多いですが、実際のところ数時間で反映されることが多いと思います。

ご飯食べたり、映画見たり、ゲームしたり。

好きなことしながら、気長に待ちましょう。

 

また、実際に反映されているのに、ブラウザキャッシュのためエラー表示が消えないというケースもあるので、
適宜ブラウザキャッシュはクリアするといいと思います。

 

【初心者向け】ドメイン・サーバーは同じ会社がオススメ

まとめ

ここまで書きましたが、よくわからないという方には、新規ドメイン取得とホスティング契約を一つの会社にまとめることをオススメします。

簡単なのは、

ムームードメイン × ロリポップ

の組み合わせだと思います。

 

ムームードメインは、独自ドメイン取得と同時にDNS(ネームサーバー)設定ができるので、変更待ちの時間もありませんし、
ロリポップでホスティングすれば、ワンクリックで設定も可能です。

ブログ開設時であれば、コンテンツ量もそれほど多くないはずなので、格安サーバーで有名なロリポップでも十分な速度で運営できると思いますよ。

 

ムームードメインとロリポップの詳細はコチラからご確認いただけます。

≫ WordPressを使うならロリポップ!簡単インストール完備で楽々スタート!
≫ 年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

 

ということで、今日は403エラーが表示される原因と解決方法をご紹介しました。

403エラーが出ても、設定を見直すことで、自分で解決できるケースがほとんどです。

あせらず見直してみましょう。

 

それでは。

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top