2020年8月のブログ収益が過去最高(6桁)を記録しました。ありがとうございます。

【Googleサーチコンソールの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

【Googleサーチコンソールの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

Googleサーチコンソールって何?アナリティクスとの違いは?サーチコンソールで何ができるの?どう始めたらいいんだろう?

本記事では、Googleサーチコンソールの基本情報から導入手順、基本的な使い方を解説。

Googleアナリティクスと混同されがちなサーチコンソールですが役割は大きく異っていまして、アナリティクスと一緒に使うことでキーワード分析からサイト解析までを一貫して管理できるので、SEO対策にも大きく役立ちます。

本記事では初心者の方向けサーチコンソール概要と登録方法から、サイト改善・SEO対策に活かせるサーチコンソールの機能と使い方を徹底解説します。

記事内の手順に沿っていけば、サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携も簡単に完了できるようになっているので、SEO対策を万全にするためにぜひ設定してみてください。

サーチコンソールをマスターすれば読者が求めている情報を分析できるようになるので、この機会にしっかりマスターして万全のSEO対策ライフを目指しましょう。

 

【そもそものハナシ】Googleサーチコンソールとは

サーチコンソールはアナリティクス同様、無料ながら十分な分析機能を備えたSEO対策の必須ツールです。世間の興味や検索キーワードを知うえでマストのツールなので、アナリティクスと一緒に使いこなせるようにしておくことでサイトの可能性を最大限引き出すことができます。

 

この記事を読むとわかること

1. 【基本情報】Googleサーチコンソールで出来ること
2. 【とても簡単】サーチコンソール導入から基本設定まで
3. 【便利機能満載】サーチコンソールの基本的な使い方
4. 【もっと便利】サーチコンソールとアナリティクスの連携方法

スポンサードサーチ

【基本情報】Googleサーチコンソールで出来ること

【基本情報】Googleサーチコンソールで出来ること

グーグルサーチコンソール(Google Search Console / 旧名:ウェブマスターツール)は、Google検索結果でのサイトパフォーマンスを分析・管理などができる無料ツールでして、検索結果に表示された自分のページがどれくらいクリックされているかやクリック率、掲載順位などを確認できます。

 

Googleアナリティクスで分析できること

・ページのクリック数
・クリックされた割合(クリック率)
・ページ検索結果の掲載順位
・検索クエリ(ユーザーが検索しているキーワード)

このようなデータを分析可能です。アナリティクスはサイト内部の分析に特化しているのに対し、サーチコンソールはページ外部の分析ができる点が大きな違いとなります。

 

サーチコンソールで得たデータの活用法

サーチコンソールを使うことで、外部、つまりユーザーの動向、興味、反応などを監視することができるので、サイト内で使用するキーワードの見直しや記事のリライトに活かすことができます。

どんなにいいページを作っても、前提としてサイトのキーワード対策をしていないと読者は増えないので、世の中に自分のページの存在を知ってもらうためにもしっかり活用したいツールと言えます。

 

クエリ(検索キーワード)を分析する〜記事をリライトする

例えば、スーツケースのブランドを作ったばかりとして、Google検索順位を上げたいと考えていた場合、ユーザーがどんなクエリでグーグル検索しているのかを正確に捉える必要があります。

サムソナイト(samsonite)やノーティカ(NAUTICA)など、スーツケース有名ブランドであれば、そのブランド名を検索するユーザーは多いはずですが、立ち上げたばかりの無名ブランド名では、そのブランド名で検索されることはほぼありません。

そんな時にサーチコンソールを活用しつつ、クエリを確認し、掲載順位が上がりそうなページからユーザーが使っているキーワードを利用してリライトしていくことで、ページの内容や記事をユーザーの行動(グーグル検索)に寄せていき、クリックさせやすくさせることができます。

 

【とても簡単】サーチコンソールの導入方法〜基本設定

【サイト管理を便利に】サーチコンソール&アナリティクス連携

このようにSEOキーワード対策やユーザーの興味動向分析に役立つサチコの導入と基本設定は意外と簡単なので、下記の手順で行えば問題なくインストールできます。

なお、サーチコンソールの利用にはGoogleアカウントがマストなので、Googleアカウントを持っていない方はまずはアカウント作成から始めてください。

 

1. サーチコンソールに登録する

Google サーチコンソールのサインインページにアクセスし、下記の手順に沿って進めます。

 

a. 「URLプレフィックス」を選択、URLを入力して「続行」する

a. 「URLプレフィックス」を選択、URLを入力して「続行」する

サーチコンソールへの登録方法は2つありまして、どちらの方法でも構わないのですが、URLプレフィックスから登録した方が簡単です。

上記の図の通り、画面右側の「URLプレフィックス」を選択し、サチコ設定を行うURLを入力しましょう。このとき、wwwをつけるかつけないかで別のサイトと認識されてしまうので注意です。

 

b. 「HTMLタグ」による確認が手っ取り早い

b. 「HTMLタグ」による確認が手っ取り早い 1

「その他の確認方法」セクションの一番上にある「HTMLタグ」をクリックすると、赤枠で囲まれた箇所に確認用のタグコードが表示されます。

このHTMLタグをコピーしたら、いったんWordPress管理画面を開き、テーマの編集からheader.phpファイル内の</head>直前に貼り付けます。貼り付け場所はアナリティクスと同じなので、詳しい設置場所解説が必要でしたら 【Googleアナリティクスの使い方】導入から基本的な使い方まで解説 の記事をご覧ください。

コードを貼り付けたらサチコ登録画面に戻り、「確認」ボタンをクリックして完了。

コードが正しく設置されていればサイトの所有権が認証され、すぐにサーチコンソールを使えるようになります。

 

【SEOキーワード対策】サーチコンソール基本的な使い方

【SEOキーワード対策】サーチコンソール基本的な使い方

サーチコンソールと使えるようになったら、まずは下記5つのデータの見方と意味を覚えておくと手っ取り早くSEOのキーポイントを理解しやすくなります。

 

押さえておきたいデータの見方5つ

1. 検索パフォーマンス
2. カバレッジ & URL検査
3. サイトマップ
4. リンク
5. モバイルユーザビリティ

 

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスではユーザーが検索しているキーワードを分析できます。検索クエリに対する掲載順位や表示回数、クリック率がわかるので、サイト外部のユーザー動向を分析するのに効果的。

検索されているキーワードを知ることで、どんなキーワードをページに盛り込めばいいかを知ることができます。

 

カバレッジ & URL検査

カバレッジではクローラーが取得できなかったページを見ることができます。

クローラーとはウェブ上の情報を集めるプログラムでして、これに情報を取得してもらえないとそのページは永久に検索結果に上がってくることはありません。そのため、カバレッジエラーを見つけた場合は、早めに対処する必要があります。

URL検査ツールと使うとクローラーの呼び込みができるので、記事公開後はインデックス登録をリクエストすることをおすすめします。

「クローラー?インデックスとはなんぞや?」という方にはこちらの記事で詳しく解説しています。

>【SEO中級編】4つのスキルを深堀りしよう【内部対策】

 

サイトマップ

サイトマップとはサイト構造をマップ化したもので、Googleはこのサイトマップをもとにページの存在を認識します。URL検査ツールと合わせて覚えておくとSEO対策にも使えるので、検索エンジンに自分のサイトの存在を知らせるためにもサイトマップ送信は定期的に行いましょう。

 

リンク

リンクでは、外部リンク、内部リンクそれぞれの数を確認することが可能でして、リンク元のサイトも見ることができます。

外部リンクが多いページは読者獲得にもつなげやすく、SEO効果も高いページと言えるので、記事を書く際の判断材料にしたり、ページ設計をするときの重要な指標になります。

 

モバイルユーザービリティ

ページ読者のモバイルデバイス利用率が高いのサイトであれば、モバイルファーストのデザインにすべき。そんなとき、モバイルデバイスでしっかり読みやすいページになっているかは、モバイルユーザビリティで確認することができます。

ここでエラーが表示されているようなら、ユーザービリテイィを下げSEO的にもマイナスになってしまっているそのページを改善していきましょう。

読者のモバイル利用率はアナリティクスで確認できますよ。下記の記事でその使い方をご覧ください。

>【Googleアナリティクスの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

 

【サイト管理を便利に】サーチコンソール&アナリティクス連携

【サイト管理を便利に】サーチコンソール&アナリティクス連携

サーチコンソールとGoogleアナリティクスは連携すると、1つのレポートで両方の指標を見ることができるようにるので、サイト外とサイト内の分析がしやすくなります。

たとえば、Googleアナリティクスのセッションや直帰率と、サーチコンソールのクリック率、平均掲載順位などを同時に見ることで、よりコンバージョンにつながりやすいページの特定とキーワードを見つけやすくなったり、読者のニーズに合わせてより効率的に記事をリライトできるようになります。

サーチコンソールは単体だと100%の効果を発揮しづらく、アナリティクスと同時に見ることで最大限のSEO対策を引き出せるようになるので連携も早いうちに済ませておいた方が吉です。

 

サーチコンソールとアナリティクスを連携する方法

サチコとアナリティクスの連携方法はとても簡単でして、下記手順で5分もあれば完了します。

 

【簡単すぎる】サチコとアナリティクス連携手順

1. アナリティクス管理画面 > [集客] > [Search Console] > [検索クエリ] 2. [Search Consoleを調整]をクリック
3. 「Search Consoleのサイト」から関連づけたいドメインを選択し[保存]をクリック

 

たったこれだけなので、今すぐ連携しておくのがいいですね。

スポンサードサーチ

 

【まとめ】サチコ×アナリティクスでサイト分析精度を高めよう

まとめ

本記事は以上となります。サーチコンソールの登録から基本的な使い方、アナリティクスとの連携も手順を追っていけば誰でも簡単にできるはずです。

サーチコンソールはサイト分析に欠かせないツールなので、ぜひ有効に活用し、SEO対策に役立ててください。それと同時に、アナリティクスの使い方も覚えておくとさらに便利ですので、こちらの記事をぜひご参照いただければ幸いです。

> 【Googleアナリティクスの使い方】導入から基本的な使い方まで解説

おわり。