3つのアフィリエイト種類・特徴を知る【あなたはどれに向いている?】

3つのアフィリエイト種類・特徴を知る【あなたはどれに向いている?】
男性イラスト
アフィリエイトにはどんな種類があるんだろう?
できることなら、自分に向いてる方法で始めたいな。
色々比較しながら勉強できないかな?

 

こんな疑問をお持ちのアフィリエイト初心者向けの記事です。

この記事ではアフィリエイトの種類を3つに分け、それぞれの手法で収益を上げるための手法の比較向き不向きについて言及。

あなたはどのタイプに向いているか、どの種類のアフィリエイトを選べば収益につながりやすくなるのかをわかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

【アフィリエイトの種類と特徴】3パターンで解説

【アフィリエイトの種類と特徴】3パターンで解説

アフィリエイトの種類は大きく分けて下記の3つ。

・SEOアフィリエイト
・PPCアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト

順を追って解説します。

 

SEOアフィリエイト

SEOアフィリエイト

SEOとは検索エンジン(Google)であなたのページを上位に表示させるためのテクニックで、SEOアフィリエイトとはSEOの技術を使いながらサイトを多くの人にみてもらうことを目的とした手法です。

この手法で収益を上げるための考え方は次の通り。

狙ったターゲットに対して興味を引きそうな記事を書く = 広告クリックの確率を上げる

理論としてはわかりやすいと思います。

脱毛サロンを探している人に向けて記事を書きつつ、おすすめ脱毛サロンを紹介するようなイメージです。

 

SEOアフィリエイトの特徴

SEOアフィリエイトの特徴は次の通り。

成果が出るまでの時間 長い
収益の安定性 安定

 

SEOアフィリエイトに向いている人

SEOアフィリエイトはこんな人に向いています。

小さな積み上げ作業をコツコツ継続できる人

 

SEOアフィリエイトでは、キーワードの選び方や想定読者(ターゲット)の設定、そこに向けた記事の書き方などのスキルを身につけつつ、どの記事が、いつ、誰に読まれたのかなどを分析しながら、記事の改善を繰り返していく必要があります。

そのため、一度記事を書いたら終わりではなく、データを見ながら毎日継続して改善作業をしていく根気が求められます。

 

SEOはアフィリエイト以外にも活かせる

余談ですが、SEOの知識を身につけるとマーケティングノウハウに活かすことが可能です。市場を分析しルールに則って適切な対策をしていくことがSEOの基本なので、ウェブ以外の場面でも活用することができます。

SEOについてはこの記事で詳しく解説しています。

 

PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトとは、PPC広告を使ってアクセスを集め、広告投資額以上を稼ぐアフィリエイト手法のこと。

PPC広告とは、Yahooプロモーション広告やGoogle広告(旧 Googleアドワーズ)などのウェブ広告を指し、「Pay Per Click」の略です。あなたが出航した広告がクリックされた回数により課金されるシステム。

この手法で収益を上げるための考え方は次の通り。

多くの人の目に留まる = 広告をクリックしてもらう読者の母数を増やす

数打ちゃ当たる的な要素が強く、2018年頃から少しずつ効果が薄れてきたと言われる手法ですが、それでも広告の力はいまだ健在。Google広告などは常に検索上位に表示されるので、あなたのサイトへの訪問数もちゃんと増えます。

 

PPCアフィリエイトの特徴

PPCアフィリエイトの特徴は次の通り。

成果が出るまでの時間 爆速
収益の安定性 不安定

 

PPCアフィリエイトに向いている人

PPCアフィリエイトはこんな人に向いています。

初期投資を惜しまない人。投資家タイプ。

 

PPCアフィリエイトの魅力はなんと言ってもその即効性。ですが、広告出稿をやめると同時に効果が薄れることは覚悟しなければなりません。

資金力があって投資のノウハウがある人にはこの手法が向いていると言えます。

 

PPCにはウェブ知識よりも資産運用能力

PPCアフィリエイトでは、記事作成にかける労力を必要としません。それよりも、広告にいくら投資して、リターンはいくらになったかを計算する資産運用能力が必要とされます。

ブログを書いて育てるというよりは、ブログを収益獲得ツールとして回していくイメージに近いかもしれません。

 

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、世間の話題にいち早く反応し記事を書く手法のこと。芸能ゴシップや世界情勢などその時最もホットな話題を記事ネタにして稼ぐ手法です。

この手法で収益を上げるための考え方は次の通り。

話題性のあるニュースは多くの人が検索する = ライバルよりも情報に先乗りしてアクセスを集める

2019年の話題でいうと、吉本興業の闇営業や近年過去最悪と言われる日韓関係などを記事にします。もっとミーハーなところでいくと、「昨日の王様のブランチで紹介されたタピオカミルクティーのお店」みたいな超トレンドを記事化してもOKです。

正直ぼくはあまりオススメしませんが、とにかくバズらせたモン勝ち的な要素が大きい手法です。

 

トレンドアフィリエイトの特徴

トレンドアフィリエイトの特徴は次の通り。

成果が出るまでの時間 どちらかというと早い
収益の安定性 やや不安定

 

トレンドアフィリエイトに向いている人

トレンドアフィリエイトはこんな人に向いています。

流行に敏感。トレンドに乗るのが好きな人。

 

トレンドアフィリエイトで最も重要なのは、世の中の流行をキャッチする力。ぼくはもともと(というか現在も)電通や博報堂などで知られる広告業界に身を置いていた(る)ので「バズを起こすこと」のパワーは十分理解しています。

ですが、バスや流行は自分たちで起こしたり、作り上げるものであって、誰かが起こしたバズに便乗するのはあまり気持ちが乗りません。

悪く聞こえるかもしれませんが、とにかく新しい物好きなミーハーな人は、このトレンドアフィリエイトが向いていると思います。

 

トレンドアフィリエイトは情報鮮度が命

トレンドアフィリエイトでは、何よりも情報鮮度が命になります。新聞社のような感覚で、世の中で起こったことをいち早く記事化する必要があるので、常にアンテナを張り巡らせておく必要があります。鮮度が落ちてしまった記事を育てる必要はないので、長期的視点よりも今この瞬間に注力することが大切です。

スポンサードサーチ

【まとめ】3つのアフィリエイト共通意識とは

まとめ

「SEO」「PPC」「トレンド」と3種類のアフィリエイトを紹介しましたが、共通して持っておくべき意識があります。それは、

「不透明な未来を進んでいく断固たる決意」

 

アフィリエイトは作業をしたからといって成果が確約されているわけではありません。

SEOアフィリエイトでどんなにキーワードと想定読者を分析しながら記事リライトを繰り返しても成果は上がらないかもしれないし、PPC広告で100万円の出稿費をつぎ込んでもリターンは5万円かもしれません。

だからといって、最初からやってみなければわからないので、そんな未来が不透明な状況であっても行動できる覚悟と決意が必要です。

雇われライターを除けば、記事を書くこと自体で報酬がもらえるわけではないので、そんな状況でも時間という資産をアフィリエイトに投資し続けられる努力の継続はマストになります。

いきなり100をこなそうとすると早々に挫折するので、まずはできるところから初めていくことをおすすめします。

なんとなくモチベーション維持に役立ちそうな記事もまとめておくので、ちょっとでも前向きになった方は目を通していただければ幸いです。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」著者:R.キヨサキ氏もチャレンジの重要性を語っています

 

ブログだって最初からWordPressで始める必要はありません
無料ブログからスタートするのもアリです

 

常に変化する時代の中で、未来の安定なんて誰にもわからない

 

知識を完璧にするよりも動きながらスキルアップすればOKです

シェアしてくれると嬉しい

Scroll to top