ブログをリニューアル予定。過去記事は削除するかもです。

XMLサイトマップとは【作り方と送信方法を初心者向けに解説】

XMLサイトマップとは【作り方と送信方法を初心者向けに解説】

XMLサイトマップって何ですか?

SEOに関係ありますか?

どうやって作れば良いですか?

 

こんな疑問を解決する記事です。

XMLサイトマップとは、検索エンジン向けにサイト内にあるページをリストアップして伝えるためのファイルでして、Googleのクローラーを呼び込むためにも定期的に送信しておく必要があるファイルになります。

これだけだとよくわからないと思うので、本記事で具体的に解説します。

 

本記事を読むとわかること

  • XMLサイトマップとは何か?
  • XMLサイトマップがSEOに重要な理由
  • XMLサイトマップファイルの作り方
  • XMLサイトマップの送信方法

 

スポンサードサーチ

XMLサイトマップとは【基礎とSEOに重要な理由を解説】

XMLサイトマップとは【基礎とSEOに重要な理由を解説】

まずはXMLサイトマップとは何かを少しだけ解説します。

 

XMLサイトマップとは【基本情報】

XMLサイトマップとは
XMLサイトマップとは、ウェブサイトないのページ情報(URL、公開日、更新日、更新頻度)などが記載されたファイルのこと。

sitemap.xmlという名前のファイルをサイトのトップディレクトリに置いて管理します。

 

URLや公開日などの情報が記載されているので、Googleのクローラーに巡回してもらうために重要な役割を担っています。

 

なぜ、Googleのクローラーに巡回してもらうことが重要なの?

 

その答えは、“クローラーに巡回してもらえないと、書いた記事がいつまでも検索結果に表示されないから”です。

検索エンジンは、①クローリング、②インデックス、③ランキングという順番で世界中のサイトをウェブに掲載し順位付けして表示しています。

XMLサイトマップがないとクローリングができないので、SEOで検索順位を上げるとか、コンテンツを充実させるとか以前の話になってしまいます。

 

検索エンジンがサイトを掲載する仕組み

  1. クローリング:検索エンジンが、あなたのサイトを発見する
  2. インデックス:検索エンジンが、あなたのサイトを登録する
  3. ランキング:検索エンジンが、あなたのサイトの順位を決定する

> 参考記事:検索エンジンの仕組みを知ってサイトを最適化しよう【SEOの基礎知識】

 

クローリングについて詳しく教えて【深堀り解説】

クローリングについて、もう少しだけ詳しく知っておきましょう。

上記の通り、クローリングとは検索エンジンのクローラーが世界中のウェブサイトを発見するための手順です。
※クローラーとはネット上を巡回し、ウェブサイトを見つけるために動き回るロボットのこと

 

クローリングには以下の3つの方法があります。

 

  1. 外部のページからリンクを巡ってくる
  2. 検索エンジンに巡回をリクエストする
  3. XMLサイトマップが登録されたサイトをめぐる

 

外部リンクを巡る方法は、他の人のブログなどで自分のページが紹介されリンクを貼られたときに発生するクローリング手段です。

まとめサイトなどで自分の記事が紹介されると、クローラーはそこから巡回していきます。

ただし、この方法ではまず第一に自分のサイトを紹介してもらわなければならず、それ自体が大きな壁になります。

> 参考記事:【SEO効果あり?】被リンクでアクセスアップ【nofollow / dofollowとは】

 

検索エンジンに巡回をリクエストすることもできますが、リクエストしたからといってすぐに巡回してもらえるわけではなく、こちらも時間がかかります。

あと、この方法はウェブに詳しくないと少し難しかもです。

 

いっぽう、XMLサイトマップを登録しておく方法なら、一度登録してしまえばあとはクローラーが定期的に巡回してくれるので楽チンですし、他の2つの方法よりも巡回をコントロールしやすくなるので、クローラーにとっても巡回が効率的になるというメリットがあります。

 

XMLサイトマップによるSEO効果はあるの?

結論から言って、XMLサイトマップ自体にSEO効果はありません。

ただし、XMLサイトマップを作ることでクローラーを呼び込むことができるので、インデックスが早くなり、その結果ランキングも早くなることは証明されているので、世界的に有名なウェブマーケティング会社Mozが検証しているデータを載せておきます。

 

The experiment was to see if submitting a Sitemap to Google and Yahoo would decrease the time it took Google to crawl and index the page.  The results for this blog were amazing!  When a Sitemap was submitted the average time it took for the bot to visit the new post was 14 minutes for Google and 245 minutes for Yahoo.   When no Sitemap was submitted and the bot had to crawl to the post, it took 1375 minutes for Google and 1773 for Yahoo.   The averages were calculated on 12 different posts, 6 with Sitemaps being submitted, and 6 with the Sitemaps not being submitted.

参照:Do Sitemaps Affect Crawlers?

 

日本語訳は下記です。

 

サイトマップをGoogleとYahooに送信することで、Googleがページをクロールしてインデックスに登録するのにかかる時間が短縮されるかどうかを確認する実験をしました。
結果は素晴らしかったです!
サイトマップが送信された場合では、クローラーが新しい投稿にアクセスするのにかかった平均時間は、Googleで14分、Yahooで245分でした。
サイトマップが送信されなかった場合では、Googleでは1375分、Yahooでは1773分かかりました。
12の異なる投稿(6つはサイトマップ送信・6つはサイトマップ送信なし)で試した結果です。

 

GoogleもXMLサイトマップの設置を推奨している

また、Googleもいくつかの条件のもと、XMLサイトマップを作ることを推奨しています。

詳細は「サイトマップについて」にてどうぞ。

 

スポンサードサーチ

XMLサイトマップの作り方【WordPressならプラグイン】

XMLサイトマップの作り方【WordPressならプラグイン】

XMLサイトマップを作る場合、WordPressなら「Google XML Sitemap」というプラグインで対応できます。

 

Google XML Sitemapの使い方

まずGoogle XML Sitemapをインストールして有効化しましょう。

 

Google XML Sitemaps

 

インストールしたら、管理画面メニューの[設定]から[XML-Sitemap]を選択します。

 

Google XML Sitemapの使い方

 

Google XML Sitemapの設定箇所

Google XML Sitemapで設定可能な項目は下記の通りです。

 

  • 基本的な設定
  • Additional Pages
  • 投稿の優先順位
  • Sitemapコンテンツ
  • Excluded Items
  • Change Frequencies
  • 優先順位の設定(Priority)

 

このブログで使用している設定を紹介するので参考にどうぞ。

画像を見ながら同じ設定をすればちょうどいい感じになるはずです。

 

基本的な設定

Google XML Sitemapの設定箇所-基本的な設定

「通知を更新」の3つ全てにチェックを入れます。

「高度な設定」は、“Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.”にチェックを入れます。

 

Additional Pages

Google XML Sitemapの設定箇所-Additional Pages

ここは何もしなくてOKです。

 

投稿の優先順位

Google XML Sitemapの設定箇所-投稿の優先順位

“優先順位を自動的に計算しない”を選択します。

 

Sitemapコンテンツ

Google XML Sitemapの設定箇所-Sitemapコンテンツ

ここは好みですが、僕は上記の通りに設定しています。

普通のブログを運営するなら、この通りでOKかと。

 

Excluded Items

Google XML Sitemapの設定箇所-Excluded Items

XMLサイトマップを送信したくないカテゴリーがあればチェックをしておきましょう。

僕は全てXMLサイトマップ送信したいので、どこにもチェックを入れていません。

 

Change Frequencies

Google XML Sitemapの設定箇所-Change Frequencies

こちらは、上図を参考にどうぞ。

 

優先順位の設定(Priority)

Google XML Sitemapの設定箇所-優先順位の設定(Priority)

こちらも上図の通り。

 

スポンサードサーチ

まとめ:XMLサイトマップ設定はSEOの基本

まとめ

本記事は以上です。

先述の通り、XMLサイトマップを送信すれば、単純にSEO評価が上がるわけではないし、逆に送信していないだけでSEO評価が下がることもありません。

とはいえ、XMLサイトマップを定期的に送信していれば、Googleのクローラー巡回頻度を上げることができ、最終的にSEO評価につながりやすくなります。

SEO対策の基本になる準備だと思って、今すぐ設定しておきましょう。

おわり。