【超ブログ初心者向け】最初の10記事を書くコツと心構え

【超ブログ初心者向け】最初の10記事を書くコツと心構え copy

ブログを立ち上げたから、これから記事を書いていこう!

超初心者だし、まずは最初の10記事で気をつけるべきポイントを知りたい。

少しでも早く成果に繋げたいから、ブログ初心者が最速で成長できるコツを教えてほしい。

 

こんな疑問を解決する記事です。

本記事では、ブログを始めたばかりの超初心者向けに、最初の10記事を書くコツと心構えを解説します。

まだ記事を書き始めていない人、少し書いたけど思ったように手が進まない人は参考にしてもらえれば幸いです。

 

本記事の内容

  • 今すぐ記事を書く準備(テーマ選びとASP登録)
  • 記事を書くことに集中(SEOもデザインもあと回し)
  • データの分析など不要(とにかく記事を書く)
  • 最低限のSEO対策のみ(キーワードだけ)

 

この辺りについて、ブログ歴3年、300記事以上を書いてきた僕が、実体験を元に深掘りします。

 

スポンサードサーチ

【超ブログ初心者】最初の10記事を書くコツ(4つ)

【超ブログ初心者】最初の10記事を書くコツ(4つ)

では、さっそく本題です。

冒頭にも書きましたが、ブログを立ち上げたばかりの超初心者が、最初の10記事を書くまでに押さえておきたいポイントは下記の通り。

 

  • 今すぐ記事を書く準備(テーマ選びとASP登録)
  • 記事を書くことに集中(SEOもデザインもあと回し)
  • データの分析など不要(とにかく記事を書く)
  • 最低限のSEO対策のみ(キーワードだけ)

 

ブログでは、記事を書く以外にもやることはたくさんあるので、あれもこれもと色々やってみたくなると思います。アクセス解析、デザイン、SNSで集客など、、、。

しかし、はっきり言って、それらはブログ初心者には不要なので、まずは記事を書くことだけに集中しましょう。

ひとつずつ深掘りするので下記をどうぞ。

 

今すぐ記事を書く準備を整える

まずは、何よりも最初に記事を書き始める前の準備を整えましょう。

今すぐ記事を書き始めるために、下記の2つは早めに準備しておくべきです。

 

  • 有料テーマを購入
  • ASPに登録

 

ひとつずつ解説します。

 

【有料テーマを購入】テーマは絶対買うべき

読まれているブログ、稼いでいるブログの99%は有料テーマを使っています。

本気でブログに取り組みたいなら、テーマは絶対に購入しましょう。

ちなみに、すでに10記事書いてしまっている人でも今ならまだ間に合いますよ。記事数が増えれば増えるだけテーマの変更は面倒くさくなるので早めの対応が吉です。

 

ブログにおすすめのテーマ

 

無料で始められるのに、なんでわざわざテーマを買うの?お金かかるじゃん。

 

最初はこう考えるかもしれません、、、(僕もそうだった)。

しかし、無料テーマでブログを続けるには、プログラミングやSEOの深い知識が必要になります。自分でカスタマイズしたり、SEOに必要な設定をしたりと、かなり骨の折れる作業だと思います。

いっぽう、有料テーマには、ブログに必要な設定、SEO対策、拡張機能、収益化機能などが予め搭載されており、わからないことは開発元に質問できたりもするので、初心者こそ有料テーマを購入すべきですよ。

当然、僕も有料テーマ「SANGO」を使っておりまして、このあたりの詳しい解説は、ブログ向けWordPressテーマ【絶対に後悔しないテーマを5つ紹介します】でしているので、参考にしつつ有料テーマ購入を検討してみてください。

テーマの購入費くらいなら、すぐに取り返せる裏ワザもあります。(後述)

 

【ASPに登録】無料なので今すぐすべき

ASPへの登録も早いうちに済ませましょう。無料です。

ASPとはブロガーとアフィリエイト広告主をつなぐ仲介会社のことでして、ASPなしでブログ収益化は不可能なので、将来収益化を考えているなら今のうちから登録すべき。

 

おすすめASP(誰でも、無料で、今すぐ登録可能)

 

上記5つのASPは、無料で、今すぐ始められるので、今すぐ登録しましょう

 

有料テーマの費用を取り返す裏ワザ

ASPに登録すると、セルフバック(自己アフィ)という裏ワザを使って、今すぐ5万円稼ぐことができます。

これで、有料テーマの費用もすぐに取り返せるので、気になる人は【セルフバックとは】アフィリエイトで今すぐ5万円稼ぐ方法をどうぞ。

 

記事を書くことに集中(SEOとかは後回し)

テーマを決めて、ASPに登録したら、とにかく記事を書くことに集中です。

もともと文章を書いていた人なら話は別ですが、ほとんどの人は、そもそも文章を書くということ自体に慣れていません。

そんな状態で、“SEOを意識”とか、“読者のニーズを満たして”とか、無理ゲー過ぎるので、まずは記事に集中し、文章を書くことに慣れましょう。

 

SEOも、デザインも、全部あと回し

  • アイキャッチ画像を作り込みたい
  • 記事の中にグラフを入れてわかりやすくしたい
  • 吹き出しを作って会話風のブログを書きたい
  • ブログ全体のデザインをきれいにしたい
  • SEO対策してアクセスを増やしたい

 

ブログを長く続けていく上で、上記を押さえるのはとても大事です。

しかし、今はまだその段階ではありません。

 

初心者が無理してもどうせ失敗する(体験談)

逆に、初心者のうちに無理して頑張りすぎても、カスタマイズコードはぐちゃぐちゃだし、SEO対策も間違ってるし、画像も最適化されてないし、、、など、どうせ後で修正する羽目になります。

僕も見た目から入るミーハータイプだったので、何度も失敗し、その度に時間を無駄にしました、、、。

 

ぶっちゃけ、初心者のうちは“記事を書く”“文章に慣れる”ことだけを考えつつ、それ以外のことは、30記事書いてからとかでも遅くありません。

さらに言うと、SEO対策やブログに適したデザインは、有料テーマを使えば自分で行う必要がないほど充実しているので、本腰を入れる必要すらなしです。

 

10記事書くまでは、とにかく書くことに集中がベストです。

 

データ分析など不要(とにかく記事を書く)

立ち上げたばかりのブログにデータ分析は不要です。

アクセス数を分析して、読者の行動を追って、コンバージョンを上げて、、、とかやりたくなりがちですが、そもそも10記事を書いたくらいではデータを集めることは不可能。

むしろ、10記事にも満たないブログのアナリティクス画面を開いても、アクセスはゼロです。心をへし折られるだけなので、逆に見ないほうがいいと思いますよ。

 

将来のためにアクセス解析ツール導入はアリ

とはいえ、ブログを続けていれば、アクセス解析が必要なタイミングは必ず訪れます。そのときに備えて、今のうちからツールを導入しておくのは有りです。

Googleアナリティクスとサーチコンソールだけあれば、一通りのアクセス解析は可能なので、導入する余裕がある人は下記の記事をどうぞ。

» グーグルアナリティクスの使い方を初心者向けに解説
» サーチコンソールの使い方を初心者向けに解説

 

最低限のSEO対策のみ(キーワードだけ)

ブログ10記事を書く間にも意識しておいたほうが良いSEOがあります。答えは、キーワード

さきほど、SEOはあと回しと書いたので、ここだけは少し矛盾して申し訳ないです、、、。

 

キーワードが大切な理由

  • ブログの検索順位が上がりやすくなる
  • 内容を絞れるので、記事を書きやすい
  • 読者にクリックされやすくなる

 

キーワードを意識すると、ブログの検索順位が上がりやすくなったり、記事の内容を絞りやすくなったりします。

また、読者に記事の内容を伝えやすくなるので、クリックされやすくなり、結果的にアクセスアップも期待できます。

 

具体的なキーワード対策

  • タイトルに3つ入れる
  • 大見出しに2つ入れる
  • 本文のキーワードは統一する

 

具体的なキーワード対策は上記の通り。

「英会話教室をおすすめする記事」を書くつもりで、例を挙げて解説します。

 

タイトルに3つ入れる

タイトルにはキーワードを3つ入れましょう。

 

  • おすすめの英会話教室
  • 会社員におすすめの英会話教室ビジネス英語が学べる】

 

上記の2つがあった場合、①誰に向けた記事か②どんな内容か、が明確なのはどちらでしょう?

圧倒的に「会社員におすすめの英会話教室【ビジネス英語が学べる】」ですよね。

キーワードを3つにすることで、①誰に向けた記事か、②どんな内容か、を明確にすることができるので、内容を絞って書きやすくなるし、読者にも内容が伝わりやすくなります

 

大見出しに2つ入れる

大見出し(h2)には、キーワードを2つ入れます。

ネタバレになるのですが、本記事で狙っているキーワードは [ブログ初心者 最初の10記事 コツ] の3つです。

ここから先は、目次を見てみてください、、、。答えが載っています、、、笑。

 

本文のキーワードを統一

本文中では、キーワードに類似する単語はなるべく控えて、キーワードを統一しましょう。

[英会話教室 会社員 ビジネス英語] を狙うのであれば、[英語スクール] ではなく [英会話教室]で統一するイメージですね。

ただし、本文中でキーワードを繰り返し過ぎて文章のリズムが悪くなるなら、無理やり統一する必要は無しです。

 

スポンサードサーチ

【超ブログ初心者】最初の10記事を書く心構え(4つ)

【超ブログ初心者】最初の10記事を書く心構え(4つ)

ブログ初心者が最初の10記事を書くときの心構えも解説しておきます。下記の通り。

 

  • ブログで記事を書くことに慣れる
  • 目標は作らない
  • 完璧な記事は要らない
  • 記事公開後にちゃんと読み返す

 

ブログで記事を書くことに慣れる

何度も繰り返してスミマセン、、、。

しかし、とても大切なことなので改めて言います。初心者のうちは、記事を書くことに慣れることから始めましょう。

最初は1,000文字書くのもしんどいと思いますが、こればかりは慣れです。

「これから長いブロガー生活を続けていくんだ」と心に決めつつ、孤独な記事作成に慣れましょう。

 

目標は作らない

ブログ初心者のうちから、過度な目標を立てるのはNGです。絶対に失敗します。

僕も「毎日100PV集めるぞ!!」と意気込んであれこれやりましたが不可能でした。

アクセス数や広告収益などの数字は、続けていくうちに後からついてくるので、最初の10記事を書くときに目標は入りません。あえていうなら、10記事書くこと自体が目標です。

 

どうしても目標を立てたい人は

目標を立てないとやり気が出ない、最初から自分にストイックにブログに取り組みたい、という人は、自分でコントロールできる内容にしておくといいかもです。

 

自分でコントロールできる目標とは
  • WordPressの管理画面を毎日開く
  • ASPで毎日商材をチェックする
  • 競合ブログ、目標にしているブログを毎日10記事読む
  • キーワードを毎日エクセルにまとめる
  • ブログを一段落ずつ毎日書く

 

こんな感じの目標なら、自分の頑張りだけで達成できるのでおすすめです。

逆に、アクセス数や収益額は自分ではコントロールできない要素なので、目標にしないほうが良いと思います。

頑張りや努力で評価できる目標を立てましょう。

 

完璧な記事は要らない

こちらも繰り返しですが、ブログ初心者が最初の10記事で完璧なコンテンツを作るのは不可能です。

というか、ブログ歴3年の僕ですら、一度書いた記事を後で読み返し、何度もリライトを繰り返しているので、そもそも完璧な記事を書くのは無理ゲーなのかもしれません。

しかし、ブログとはそういうもの。

一度書いて終わりではなく、後で読み返し、足りない情報を捕捉したり、内容過多の部分を切り分けたり、内部リンクを設置したり、、、。

記事公開後のリライトまでが一連セットなので、いきなり完璧な記事を目指すのは無意味です。

「後で読み返して、書き直せばいいや」くらいで臨むと、肩の荷が降りて気持ちも楽になるので気楽にいきましょう。

 

記事公開後にちゃんと読み返す

上記の通り、ブログは一度書いて終わりではありません。

記事を公開したら、一晩寝かせて自分で読み返しましょう。

書いているときには気付かなかった小さなミスや、もっと良い表現など、一度頭をリセットするとより良いアイデアが浮かんでくる場合があるので見直しは重要です。

 

スポンサードサーチ

まとめ:初心者は「最初の10記事を書く」ことが大事

まとめ

本記事は以上です。

結論、ブログ初心者は“最初の10記事を書き終える”それ自体がとても大切です。

ブロガーライフは長いです。最初の10記事で一喜一憂できるものではないので、まずは記事を書くことに慣れつつ、ブログと長期的に付き合っていけるよう、自分なりの関係を築くつもりで向き合うのが良いですね。

 

10記事書き終えたらすること

ブログを10記事書き終えたら、ブログについて学ぶことをおすすめします。

10記事書く前に学んでもいいですが、実際に自分で10記事書いた後のほうが、学びの吸収スピードも速いと思うので。

 

 

上記は、ブログ初心者にぜひ読んでもらいたい2冊となっています。

ブログとは、ブログで稼ぐとは、ブログを続ける意味とは、といった根本的なブログ理論がわかりやすくまとめられているので、SEOテクニックよりも先に、まずはこの概念を知るところから始めるのが良いと思います。

 

ブログライフは長いです。

最初の10記事は、これから始まる長い旅路の一歩に過ぎないので、気楽に構えつつ、ブログとの付き合い方に慣れるつもりでゆったり進んでいきましょう。

おわり。